2009年09月18日

香港 2007 総集編

インターコンチ
東京をのぞいて、美味しいものを食べるには
世界一CPの高い都市だと思います、香港。
 
凄まじい格差がありながら、ギスギスした感じがなく
ナチュラルな活力を感じるのは、独特の歴史が
創り上げてきたものなのだろうか。
 
最高級中華とB級家庭料理、
ラグジュアリーブランドと下町の乾物屋が、
凄まじく密集しながら、東京並みの治安を誇る
稀有な都市。
 
 
その魅力を初めて垣間見たのが
この旅でした。
 
 
 
●香港ダイジェスト
 
香港 本格デビューの感動をまとめたレポ。
ボクが香港を好きになった理由が詰まっています。
やっぱ、香港は詳しい人と一緒に行くべき。
カオルーン






 
 





●マカオダイジェスト
 
これまでの旅行でココまでガッカリした場所はありません。
旅行会社やガイドブックの謳い文句“ポルトガル風情が残る・・・・”
に見事に騙されたアホなオレ。
 
20年前の競馬場の雰囲気が好きな人におすすめの「マカオ」。
マンダリンオリエンタルだけが、心の救いでしたw
聖ポール上引







 
 








【香港レポ 詳細編】
 
・文華 (マンダリン オリエンタル):中環
 
香港に着いて、初めて食べたランチ。
ここで、本場中華料理の頂の高さを、
初めてかいま見た気がします。
文崋












































 
 
2年経ってわかるけど、ボクの中華に対するスタンスを
変えてくれたのが、こちらの文華でした。
お札の絵



 
 




 
・ランドマーク ショッピングセンター:中環
 
無機質で近未来的なショッピングセンターというジャンルにおいて、
ボクが知っている中では世界一カッケーと思う。わかりやすく言うと、
ミッドタウンや丸ビルよりもアッパーグレードで洗練された空間。
入ってるブランド、カフェ、レストラン。全てが一流でココまで
やってくれると気持ちいい。
ランドマーク



 






 
・スターフェリー:中環⇒尖沙咀
 
わずか30円で体感できる普段着クルージング。
夜の夜景を楽しむもよし、昼の風を浴びるもよし
スターフェリー
 




 
・ヴィクトリアピーク:香港島
 
世界的に有名な夜景スポット、ビルが下から迫ってくるように
錯覚するこの迫力は、NYの高層ビルの展望デッキと少し似ている。
なんだかんだ美しい。香港に行ったなら絶対押さえるべきポイント
Vピーク
 
 





・華亭飯店 (Shanghai Village Restrant):銅鑼灣
 
今は、移転した華亭飯店の前の場所。ここは2人で行ったときには
欲張りすぎてキャパオーバーに。先日、6人くらいで再訪して
この店の真価を味わうことができました。日本語、英語は通じません。
トロ肉















































 
・香港老上海店:灣仔
 
上海蟹の味噌を使った料理が有名。特に「蟹粉麺」とか
「蟹粉小龍包」が抜群にウマイ。値段もお手頃だし、
雰囲気もファミリーにぴったりなユルさ加減。
ただし、店内はバカ寒かった....
蟹小龍包







 
 
 



































・Pacific Place:アドミラリティ
 
香港の金融の中心、アドミラリティ(金鐘)に位置する
ショッピングセンター。有名ブランドのショップや一流品を
取り揃えたデパート、そしてローカルの若者に人気の
ブティックなどが入っている。

アイランド・シャングリラをはじめとする3つのホテルと
接続していて、シネコン、銀行なども入った巨大複合施設。
中環のランドマークに次いでグレードの高いS.C
アトリウム




 
 



 
・満福楼:ワンチャイ
 
ホテル内なのでそれなりにちゃんとしていて、それでいて
リーズナブルな中華料理。ヨンキー並に使い勝手がよく
満足度も高いレストラン。
焼豚、サックリングピック、土鍋ご飯、楊枝甘露 は鉄板。
楊枝甘露




 
 
 



・グランドハイアットのBAR:ワンチャイ
 
ワリとカジュアルな満福楼の帰りに、気分をアゲたくて寄ったのが
GRAND HYATTのSIGAR BAR。泡とシガーとシャンパーニュ。
手軽にプチバブル気分を味わえるスタイリッシュで正統派のBAR。
GHバー



 
 


 
・上環のホテル:ホテル名は失念
 
ミドルクラスのホテルでも、最上階にフィットネスの設備や
プールがあったりと、なかなか快適な香港のホテル事情。
下町風情がたっぷりで、今思うといいロケーションでした。
香港中級者以上向き
ジム
 










































 
 
・欣圖軒:尖沙咀 インターコンチネンタルホテル
 
世界最高峰の北京ダックが食べられるのがコチラ。
夜であれば世界最高峰の夜景を眺めながら、
世界最高峰の北京ダックを愉しめるという
なんとも贅沢なレストラン。2人で北京ダック
シェアという憧れの蛮行をココで達成。
下見






 
 
 



・インターコンチネンタル ホテルラウンジ:尖沙咀
 
巨大な窓の向こうに広がるのは、
溜息が漏れるくらい美しい香港島の夜景。
外で見るのよりも視界が切り取られている分、
映画のワンシーンをみているような気分になれる。
ボクにとっては、香港一のパワースポット。
セントラル


 
 




・創發潮州飯店:九龍城
 
潮州の家庭料理が食べられるローカル指数メチャ高のレストラン。
香港の日常の中に溶け込むような錯覚が、旅行者としては
なんとも心地いい。結構かわったものも食べられるので
オモシロいが、夫婦で再訪するかっていうと微妙。
誰か詳しい人に付いていくのが安心です。
選ぶ



 
 
 


・發記海鮮酒店:遠く
 
中華といえば海鮮もハズせない。シャコにハタにエビに....
鮮度はもちろん、料理の技術も安定していて、わざわざ
遠出してまで食べに来る価値があるのがコチラ。
ミル貝のガーリック蒸しとハタの蒸しモノは、記憶に
焼きつく美味しさでした。
發記海鮮酒家



 
 
 









































 
・アルマーニBAR:中環
 
ランドマークとつながったビルの中にあるBAR。
まだ、日本にアルマーニBARが出来る前に訪問したんで、
やけに新鮮だったのを覚えています。男と女の欲望が
スタイリッシュに昇華されている、ある意味香港らしい
BARでした。
アルマーニバー
 
 
 



 
・The Captain's Bar :中環 マンダリンオリエンタル
 
マンダリンオリエンタルの1FにあるBAR。
泡とシガーとJAZZがキマるオトナ向けの空間。
アルマーニBARより、もっと遊び慣れたオトナが
似合う場所で、日本には中々ない雰囲気ですね。
香港の締めはコチラで。

緑ジャケおジジ
































































 
 
 
 
 
【マカオ 詳細編】
 
・マンダリンオリエンタル マカオ
 
ポルトガル風情が、ほとんど感じられない猥雑なマカオにおいて、
かすかなポルトガル風情を感じながら、グローバルスタンダードの
ホスピタリティを受けられるマカオのオアシス。
このホテルに限って言えば、マカオの素朴さも好きですね。
マンダリン



 





・Cafe Bela Vista :マンダリンオリエンタル マカオ
 
カジノの町だけに、ダイニングも24時間OPENしてます。
凄まじくウマイものにはあたらなかったけど、それなりに
楽しめるユーティリティの高いダイニング。
24時間カフェ
 
 
 




・マカオの町
 
中華人民共和国の地方都市が好きな人なら、ワリと
相性がいいと思います。ポイントごとに多少ポルトガル
らしさは残っていますが、99%受ける印象は中国です。
香港ともまた違っています。今はカジノもだいぶできましたが、
相変わらずハリボテらしーですね。
マカオの日常


 
 
 
 










































・NAAM:マンダリンオリエンタル マカオ
 
マンダリンオリエンタル ホテルのプール脇にあるタイ料理のレストラン。
町の雰囲気とは完全に隔離されたスタイリッシュな雰囲気。
宿泊客のほかは、確実にマカオの上流層と思われるテニス帰りの
男性とか、マダムの集まりとか、そういう客層で締められている。
NAAMセッティング
 
 
 



・セナド広場(世界遺産)
 
多くの人がこの写真に騙されてマカオに来るんですが....
なんとかボクも写真はごまかしてますが、雰囲気は
川崎競馬場の平日の昼といった感じです。セナド広場は、
田舎の古いショッピングモールの店が入った
ヴィーナスフォートといった感じでしょうか。
セナド教会


 
 











































 
 
・マンダリンオリエンタルの中華レストランとBAR
 
中華はランチの点心だけなので、実力のほどはわかりません。
まー、でも折角香港が近いので、ガチで中華攻めるなら
絶対香港でしょ。BARは、何故かいい感じのR&Bをライブで
やってて、シンガーとメッチャ盛り上がっておりましたw
マンダリンBAR


 
 



間違ったイメージのまま、マカオに行くのだけは
やめた方がいいです。中国の鉄火場が好きな人向け。 → blogランキング


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Haru   2009年09月20日 11:46
kyaさんの香港ネタはホントに参考にさせていただきましたっ。

インターコンチのラウンジの夜景は世界でもトップクラスですよねー。
次回是非北京ダックをTryしたいと思います。

名に食べたかはあまり覚えてませんが、ヨンキー最高っ!!
2. Posted by kyah   2009年10月25日 01:30
Haruさん、こんばんは

香港、年末に仲間達が揃って乗り込むプロジェクトを立てているらしく...
冬の脂がのった北京ダック、猛烈に食べたくて泣きそうですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔