2009年09月10日

ビストロ・ヴァンテール (札幌) ルイロデレール ランチ

 0906-1ヴァンテールクネル
2800円でルイロデレールがついてくるという

札幌初日の夜にこちらへお邪魔した時に、
そんなヤバいランチがあるということは
伺っておりました。


ただ、これまでの経験上、札幌も3日目ともなると
腹のキャパがどの程度か全く想定出来なくなるため、
当日の朝の様子で見極めるというルールが、
自然に定着していたんです。




ホテルをチェックアウトした後、独りで市内を
ブラついていたオレ。最初は、「何も食えねぇ...」と
ヘタレ気味だったんですが、そのうちなんだかいけそうな
予感がしたんで、マサさんに連絡すると「席作れるよ」とのこと。

進路を南3条に切り返しつつ、瀕死のジュンタに
「ランチ、ヴァンテールにしたから」と通達し、
最後の市内散策を楽しんでおりました。




さて、そんな噂のルイ ロデレールランチ。
シャンパーニュの分、ランチの内容が軽く
なったのかと思ったら、全くそんなことには
なってなく、HPを見てみると、
 
前菜 スープ ポアソンorヴィアンド
デセール コーヒー プチフール
 
これで、2800円で収めてくるんですね。
この感覚、ちょっと刺激的。
0906-2サラダ
 


 
シャンパーニュが1100円でグラス売りしてるので、
単純に引き算すると1700円の内容ってことに
なるじゃないですか。それで、このクオリティは
ヤバ過ぎでしょ。
 
 
特にヴァンテール特製のクネルは、
北の幸がたっぷりと詰まった一皿。
魚のうまみと野菜のうまみが、皿の中で
美しき合戦を繰り広げています。
0906-4激ウマクネル

 

 
 
トマトのスープも、疲弊した胃にはバッチリだったし、
前菜もパテのところを、無理言ってサラダに変えて
もらいました。
0906-3ヴァンテールランチ





 
食後にテーブルまで挨拶にいらっしゃったJIROシェフ。
同じビルの飲食店仲間ということで、果実倶楽部の経営者
ジュンタをねぎらっておりました。
0906-8ジローシェフ




 
こちらのJIROシェフは、なにげに出身は横浜ということが
判明し妙に勝手な親近感。フランスで5年くらい修行してから、
札幌に来たそうです。「水と食材の良い北海道は、
フランス料理の料理人にとって、素晴らしいところ」だとか。
0906-6ブリュレ


 
 
ほんと、札幌のフレンチめぐりは楽しいです。
可能なら季節ごとにお邪魔したいですわ、ホント。
0906-5店内

 




ビストロヴァンテール BISTRO VENTER
〒060-0063 札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022
0906-7外観



今週末、香港師匠がコチラに行くみたいです。
うらやましーblogランキング






-------------
 
 本当にルイ・ロデレールが付いてきますw
ま、しかしアレですな。この日は実は月曜日。
週明けのランチからシャンパーニュって、
東京でも、オレ 滅多にやりませんね、贅沢。
0906-10シャンパーニュ






さすがに社長も「オレ、こんなにkyahさんの相手してていいんすかね...」って。
ハイ、もう1日だけ付き合ってくださいな。そんなルイロデレールな時間です。
0906-11ルイロデレール






やー、この優しいトマトの酸味が本当に嬉しかった...
0906-12トマトスープ






通常のメニューでは、前菜が確か「猪のパテ」
とのことだったんですが、容易にそのボリューム感が
想像出来たんで、北海道が盛りだくさんのサラダに
変えていただきました。今の胃の状態なら、何の
ためらいも無くパテ攻めするんですが、やんちゃ続けた
後だったんで...

素材の美味しさはもちろん、オリーブやバジルのソースが
いいアクセントになっていて、あっというまにたいらげ
ちゃいました。いい感じでメインへのブリッジになりましたね。
0906-13ツナサラダ





そして、これが北海道の野菜と魚貝を詰め込んだ
ヴァンテールの特製クネル。どんだけの野菜と、
どんだけの魚を煮込めば、この味に辿り着くんでしょう...
0906-14クネル





ふわふわで濃厚なのは当然なんですが、この甲殻類の立ち方といい
野菜の甘さといい、絶妙なバランスが上品なんですよ。
なのでこの渾身のクネルを前に「いい蝦夷クレルっすね、コレは
コメントしたジュンタには、スタッフから「もう少し洒落た雰囲気があれば...」
とダメ出しがでておりましたw ハハハ(・∀・)
0906-15クネル縦






ひたすら、のんびりさせていただいてます...
0906-16店内






「んーとさ、これからオレ夜まで独りじゃん」
「なんかパノラマが良くて、可能なら緑が周りに
たくさんあって、みたいな山カフェない」と
最後までワガママなリクエストをやめないオレ。

だって、ホラ、北海道のポテンシャルを誤解したまま
帰ったら失礼だと思うんですよ。どこまで、魅力を
引き出せるかが、ある意味ジュンタの貴重な時間を
割いてもらっているオレの責任だと思うんで。
0906-17食事中






デセールは、ディナーの時のシャンパーニュのヤツが
強烈な印象を残しておりましたが、ランチのブリュレや
アイスも素朴に見事に美味しいです。なんども言いますが
これでランチが2800円なんです....
0906-18アイス






あまりに気持ち良くて、上機嫌なワタクシ。
いわゆるBISTROでは無く、ほんと居心地いい
上質なレストランです。
0906-19店前








これでサービス料ゼロって、いったい札幌のフレンチ競争は
どういうレベルになっちゃってるんすかね? 東京から見ると
羨ましい部分がいっぱいです。
0906-20外観



 
 
 
そうそう、ビストロ・ヴァンテールって、以前 
取り上げられてたなーって思い出して、
記事読み直してみました。
んー、さすがっすね。ボクのダラダラしたレポと
違って、端的に本質突かれてますw → blogランキング

 


kyah2004 at 23:49│Comments(2)TrackBack(0)札幌2009 | フレンチ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Ciel   2009年09月11日 12:30
こんにちは

ルイロデレールが飲めて、
これだけのクオリティの料理が食べられて、
2800円だなんて!!

東京にもこんなお店があるといいですよね。

札幌の従姉は、このお店のこと知ってるかしら。

私も札幌に行くことあれば、このお店を
ランチ、ディナーとも利用してみたいです。
2. Posted by kyah   2009年09月13日 21:16
Cielさん、こんばんは

先日も知人や、末弟を送り込んだところ、
札幌ファンになって帰ってきました。

是非一度寄ってみてください。
ボクも東京に欲しいですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔