2009年10月03日

Fomura1 (シンガポール)空気を裂く18,000rpm

1005-1F1マクラーレン

明日は、3年ぶりのF1鈴鹿グランプリ。
予選はクラッシュ連発で「な、何があったの」って
感じの鈴鹿ですが、本戦は天気も良さげで楽しみ。






こやつは、このあいだのシンガポールグランプリの様子。
バリ島の帰りに寄ったシンガポールで2泊したのは、コレを観るため。
フライトの時間的に、本戦は観戦できなかったんだけど予選でも充分面白かった。

というか、F1唯一の市街地ナイトレース。
生活圏との距離が近過ぎて、なんか不思議な感覚。
1005-3市街地レース






本戦2日前のフリー走行がやってるタイミングで、
シティホールへチケット取りに行ったんですが、
フツーに買い物客が集まるショッピングセンターの外に一歩出たら、
ジェット機かよ的なエンジン音が、街の空気を切り裂いているんです。


ビルの狭間に反響するエキゾーストノート。F1のエンジン音を
生で聞いたのは初めてなんですが、ありゃ、尋常じゃなくヤバいです。
自然にカラダがアツくなりましたね。久々に音で興奮しちった
1005-2F1









予選は、22:00スタートなんですが、会場内には15:00から入れます。
F1のレース前にも、アストンマーティン アジアカップとかポルシェ・カレラカップとか
フォーミュラBMWカップとか、いくつかレースがやっているので、そういったレースを
観ながらF1に向けて撮影ポイントを探しまくりました。クッソ暑い炎天下の中。
1005-4コーナー前








まず、直線のコース脇じゃ、早過ぎて素人にはまともな絵が撮れません。
F1じゃなくたって厳しいワケなんで、自然とコーナー近辺で
ポジション取りを考えるわけです。

コーナー手前の減速ポイントが一番撮りやすいと思ったんですが、
折角はじめて観るF1なんで、立ち上がりの加速して行くとこが
押さえたいなと最終的には考えが落ち着き、試し撮りを繰り返して
ベストポジションを探しました。
1005-9アレンジ4








もともと、まりえの影響でF1が好きになったくらいなんで、
激暑い天候下のオレのヲタプレイにも文句無く付き合って
もらえましたが、フツーのF1興味ないコだったら絶対無理っすね。
汗と砂埃でぐっちゃぐちゃになりながら、レースを待つのって、
想像以上に過酷です。しかもカーレースなんて撮り慣れてないから
初めのうちなんて金網しか写ってないわ、画面のはしっこに
フロントノーズがちょっと写り込んでるだけだったりとか...

よく数時間で、なんとかソレっぽい写真を撮れるように
なったなと、執念の大事さってのを改めて感じましたねw
1005-6フェラーリF1






夜になって絵的には涼しそうですが、シンガポールをなめちゃ
いけません。バリの爽やかな夜とは比較にならない熱帯都市
独特の空気が街を覆っています。さすがに、デジイチ率が
猛烈に高かったですね。オレもバズーカーレンズが欲しく
なりました、ホント。
1005-5サーキット内







ここは、橋の上のストレートなんですが、イヤイヤ観る分にはいいけど
写真は全くもって撮れませんでした。早過ぎてついていけん( -д-)ノ

前にも書いたけど、耳栓外して耐えられるのは、2台通過が限度かな。
あまりの轟音で、鼓膜がしびれてかき回されるように痛い。
でも、あの音をまた聞きたくなるんだよなぁ...鈴鹿行ってみたいっす。
1005-6サーキットストレート





マジで来年も来ちゃおうかな、シンガポールGP。
メシもうまいし、女の子は来るたびに垢抜けていくし。 → 人気ブログランキングへ




***************


会場内には、祭りです。

バーガースタンドやビールスタンド、
ホーカーまであって、イヤでも気分が
盛り上がってきます。
1005-11ショップ






市街地レースだけあって、街はすぐそこ。
シンガポールの近代的なオフィスビル群が、
F1サーキットを見下ろしています。
1005-12昼コース







ちなみに、夜はこんな感じです。ぅーん、どうせなら
日本もお台場でやってくれればいいのに。東京オリンピックが
来ない以上、これくらいの祭りはいいんじゃないっすか
1005-13夜コース






バブルがはじけたとは言え、日本以上の活気を感じます。
マリーナベイの向こうに立つ3本の高層ビルの上は、
空中庭園で接続されるらしいです。発想が超バブってね
1005-14建設中






おやおや、フェラーリの旗掲げたクルーザーって
いったいナニものなんでしょうか? オレの人生には
一向にこんなシーンがやってくる気配がありません。
もっと何かを引き寄せねばw
1005-15クルーザ







ポルシェ・カレラカップの頃から、なんとなくレース写真の
コツみたいなものがつかめてきました。しっかし、自分の
カメラの機能って、ほんとわかってないね、オレ。
写真は10枚失敗していいんで、1枚いい絵が撮れたら
成功ってくらいのノリです。
1005-16練習中






予選開始に向けて、着々と人々も集まってきました。
1005-17サーキット







あのオレンジのVカットを、まりえが買ってました。
果たして、次はいつ着る機会があるんでしょうかw
1005-18ショップ







これは、セッション3 直前の様子。BALIで見たかった
紫の夕暮れに、こんなところで出逢うことができた。
南国特有の密度の濃い夕焼けは、生きるパワーみたいのを
オレに与えてくれる。そう、なんか生命力感じるんです。
1005-10夕陽







さて、いよいよFOMURA 1の登場です。これまでの
レースマシーンとは、音の迫力がケタ違いだし、
スピードも全然違う(・∀・)

TVでは、たいした音に聞こえないけど、コーナー前の
“ブォン ヴォン ブォォォーーン”っていうブレーキ音だって、
内蔵が揺れるくらいの衝撃です。
1005-19コーナー






ドライバーまではわかりませんが、絶好調のBRAWN GP

何度もTVでF1観てるけど、ここまでスゲーとは想像力が
及ばなかったなぁ、正直。狭いコースをもんのすげー
ハンドリングさばきで駆け抜けていくフォーミュラマシーン。
あーいうスピードが生活の中に無いので、観ていて現実感が
無いっていうか、車が走っているのを観るのとは違う感覚に落ち入る。
1005-20レース







なにげに、炎天下で相当立ってたから、後半戦は足がフラフラ。
ビールを注入してなんとか、地面にふんばっているオレ。
1005-21移動中






上の写真 左側に見えるFULLERTON HOTELから
観戦されているVIPの方々。コーナーから立ち上がっていく
モンスターマシーンを、高いところから眺められるんすね...
うー、10分でいいから、そこに行って絵を撮らせて欲しいw
1005-22VIP





どっちかわからないけどTOYOTAのマシーン。
ティモ グロックは、シンガポールGP決勝で2位に入賞。
1005-24F1トヨタ






来期からフェラーリ行きのアロンソが3位入賞でした。
シューマッハとの世代交代を演じたアロンソが、ルノーから
フェラーリに行くってなんか感慨深いものがありますよね...
1005-24F1ルノー






ウィエリアムズ 中島一貴は、9位。
明日の鈴鹿では、なんとか上位入賞して欲しいッス。
1005-25F1






しかし、今日の予選はレッドフラッグ2回で、
予選結果観れずに番組が終了しちまったよ...
決勝はそこまで荒れないように → 人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2009年10月05日 08:26
一番下の写真のウィリアムズはニコ・ロズベルグですよ。(もう一枚のウィリアムズも)
ちなみに、写真のトヨタはグロック、ブラウンはバトンです。
ドライバーの頭の上の部分の色で、どちらのドライバーか見分けるんですよ。
2. Posted by kyah   2009年10月25日 02:56

ヘルメットのデザインで判別する方法は、現地でも
妻からレクチャー受けていたんですが、結局どっちが
どっちなにか、判別出来るほどスキルをあげられませんでしたw

的確なコメント、感謝です!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔