2009年10月31日

Fomura1 (シンガポール)iPhoneで撮ってみたヤツ

1101-1F1

最近、やっとmacのiMovieの使い方がわかったので、
iPhoneで撮ったF1シンガポールグランプリのビデオを
アップしてみた。

少しは音の迫力が伝わるかな。
実際は、この距離だと耳栓無かったら
鼓膜が痺れて、鼻血が吹き出そうです。

音がうるさいので、リンクを押す時は気をつけて。


Fomura1 Singapore Grand Prix
QUALIFYING
の模様です【MIVIE】 



先日、書いたエントリーは、こちらなんですが、
たいていの写真は、映像の前半戦で写っている
コーナーの立ち上がりで押さえてます。
2秒間くらいの勝負で、10枚に1枚成功すれば良し。
1005-20レース





今年のチャンピオンのバトン、GQのカバーを
ジェシカと飾ってましたが、なんつーかホント
イケメンですなぁ...同じ生物とは思えないくらい
カッケーんで、もはや笑うしか無いっすねw → 人気ブログランキングへ



**********


前に、Twitterかなんかで、こちらのブログのことが
紹介されていて、なるほどねーと思ったのがコレ。

「Web上の文章は官僚の作文に近い」 by 養老孟司


ネットは反論を予測しながら書きがちになるので、
官僚っぽい、つまんなくてうるさい文章になりがち
とのこと。


まー、確かに勘違いとかメンドクセーと思って、
必要以上に丁寧に書くことってあるなーとw

ちょいと反省してみました。




実際、ブログ書きはじめた当初からズーッと、
リアルの友人向けの日報的な感覚で書いてるから、
大雑把に書いてても伝わるっしょ的なマインドが
ベースです。


「わかんなかったり、興味あったら直接聞いてくれ。」
そういう考えで書いてるので、長い文章だけど、
一応エッセンスだけを書いてるつもり。


ただ、有り難いことに、今では多くの知らない方も
読んでいただけるようになったので、アウンの呼吸的な
ものだけでは、そもそも意味が伝わんねーだろって
とこは、意識して加筆するようにしています。



でも、それはあくまで表現のレベルの話であって、
中身については別に売りもんでもないし、100人中80人に
理解してもらおうなんて夢にも思っちゃいないです。
5人くらいに、何かが伝われば充分だって思ってます。


既にこのツールとつきあい はじめて10年以上経ちますが、
Webは、あくまでリアルな生活を便利にするためのツール。
色々便利さは増したと思うけど、それ以上のナニモノでも
ありません。


オレはやっぱリアルのコミュニケーションが
なによりも好きっすね。大事な仲間も勿論大事だし、
新しい刺激をくれる偶然の出逢いも同じく大事です。 → 人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔