2009年11月07日

ティルタエンプル寺院とキンタマーニ高原(BALI)

1107-1寺湧き水
バリの3日目は、車をチャーターしての島内ドライブ。
なにげにキンタマーニ高原って行ったことなかったんで、
「そっち方面に寄りつつ、バリらしい場所を案内してくれ」と
バリ旅.com」のガイド イニョマンさんにリクエスト。


そんなリクエストに応えて、彼が連れてきてくれたのが
こちら「Pura Tirta Empul(ティルタエンプル寺院)」



故スカルノ大統領のバブリーな別荘がドカーンと横にそびえてますが、
その真横にバリ島の伝統が詰まったつつましい寺院が、時間が止まった
ように存在している。信仰の厚いバリの人々が集まって神に祈る姿は
なんというか、無条件にこちらも心を裸にさせられる。
1107-2聖水






世界でも珍しく、信仰が無いことの方がデフォルト日本。
欧米でキリスト教が生活に根付いている絵は、映画や海外ドラマで
見慣れてるから今更驚きは感じないけど、改めてバリでこういう姿を
目の当たりにすると、神様って身近にいるんだなって自然に思うことが出来る。
1107-3祈り中







ちょうどお祭りの日だったらしく、あの活気が良かったなぁ...
にしても、ほんとお祭りの多い島だこと。
1107-4出口









寺院の後に、寄ったのはオーガニックコーヒーが飲める農園
バリ島にはめずらしく無料で試飲が出来て、お土産品で回収
するというビジネスモデル。ジャコウネコもいるので、
コピ・ルアックも売っている。さすがに試飲は無料じゃないけど、
たいした金額では無い。ただ、どうしてもバリ島だと「ホンモノか?」
と疑ってしまう癖がついているので、この時は手を出しませんでした。
今考えると、とりあえず試すくらいしとけば...と思うんですが、
旅に出ると、エラい太っ腹になる時と、エラくケチになる両面が
でちゃうんでw。 にしても、ゆっくりコーヒーをいただくにはいい環境です。
1107-5コーヒー農園









コーヒー農園を後にしたら、いよいよキンタマーニ高原へ。
ぼったくりレストランで、クソまずい飯を食べるはめに
なったんだが、この景色は確かに気持ちいい。ビールもウマい。
1107-6キンタマーニ







対象物があんまないので、遠近感がちょっと狂う。
美しい場所ではあったが、こういうボッタクリマインドで
溢れた場所は2度と来たく無い。次回は、ただただライステラスが
広がるジャティルウィで、のんびり時間を過ごしたい。
1107-7湖





今日のSALEでは、イイもん買えました(・∀・)つ→  人気ブログランキングへ



**********



こちらは、「Pura Tirta Empul(ティルタエンプル寺院)」のお供え場。
お祈りの仕方も、やはり決まりがあるんですね。人々が祈る姿というのは
万国共通で心が落ち着く。祈りの時間はこうも穏やかなのに、一方で
宗教戦争になると、どうにもヒドい泥沼化する...難しい問題ですね。
1107-10祈り場








ガイドのイニョマンさんも、仕事でなければお祈りをしたくて
仕方ないということでした。そういうナマな話が聞けるのも楽しい。
1107-11供え物







このお寺は、凄まじく澄んだ湧き水が出るので、
多分、その水なんでしょうね。冷たそう〜、
見ているだけで、身が清められる。
1107-12ナチュラル







お祈りゾーンに入るには、正装が必要なんですよね。
巻物を巻いてもらうと、ワクワク感が高まるね。
1107-13正装中








遠くから、人々の祈りのシーンを見せてもらう。
普段はやんちゃそうなゴツい兄貴も、真摯な
姿でお祈りしています。
1107-14祈り中





1107-15祈り中2







こちらが、その湧き水の出ている場所ね。
1107-16清水








結構な量の水が湧き出ているのが見えます。
1107-17清水寄








ちらほら太陽が顔を出すと、暴力的な陽射しが肌を焼きます。
日陰に入るとスゴく涼しいんだけど。
1107-18門








ずっと、前からこういう時間が続いているんでしょうね。
あまりに近代化された東京、勿論大好きな場所ですが
どんな勢いで変わってきたんだろう? こういう
スローな時間って、きっとあったと思うんですが。
1107-19出口












先ほど、紹介したコーヒー農園。
人がコーヒー豆に火入れしてます。
1107-20豆煎り






これは、チョコレートドリンクだったかな。
何種類か自由に試飲出来るんですよね。
1107-21コーヒーとか







紙タバコも置いてあるので、ちょっと
吸いたかったオレには嬉しいサービス。
1107-22紙タバコ









これが、生涯最後であろう
見納めとなったキンタマーニ高原の景色。
1107-23キンタマーニ高原







まー、爽快な気分になれるんですが・・・
1107-24山






結構ローテーション早い場所ですが、読書しながら
のんびりテラス席を占有してました。
1107-25バトゥール湖







この飯のマズさと、料金のバランスはあり得ないくらいヒドい。
しかも、後で気づいたらビールとか料金2重で取られてたし。
金額の問題じゃなく、そういうスタンスが大嫌い。
1107-26飯




最初のお寺は素晴らしかったんだけどな... →  人気ブログランキングへ



kyah2004 at 22:52│Comments(2)TrackBack(0)バリ島 2009 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ベルアン   2010年07月16日 11:23
5 kyah朕 様
初めまして、おじゃまします!
ティルタエンプルとキンタマーニ高原に引き寄せられてきました
寺院観光って建造物に対して「きれい!」や「神秘的!」という声が多いですが、kyah朕さんの記事を見て、やっぱり一番の魅力はその現地の人の信仰心の美しさだと感じました。ティルタエンプルの、とってもいいお写真ですね!
キンタマーニ高原ではもう絶景だけを楽しむ!って感じなんですね。。。kyah朕さんのリアルな声が貴重です!

次回バリ島旅行を計画される際は
「バリ島e旅.com」という現地スタッフ厳選のツアーがもりだくさんオプショナルツアー予約サイトがおすすめです!
【バリ島e旅.com】http://www.balitou-etabi.com/
2. Posted by kyah   2010年07月22日 00:33
ベルアンさん、こんばんは

ティルタエンプル良かったです!
今回行ったジャティルイも、半端無かったです。

嗚呼、帰ってきたばかりなのにまた行きたい。
空中から、ライステラスの写真撮りたいなぁ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔