2009年12月31日

LIVE2009

1231-1SALSA-SWINGOZA-

2009年も今日で終わり。

今年も一年、駄文かつ長文の拙ブログに
お付き合いいただき、ありがとうございました。

メンドーだなとか思うこともあるけど、それでも
やっぱ続けちゃうのは、読んでいただいている
皆さんが居るというのが一番大きく、また、たまに
「読んでますよ」と、声をかけていただく方々がいる
おかげなんです。

「えー、こんなスゲーヒトも読んでたんだ!?」って
こともあって、嬉しいやらプレッシャーやら感じることも
ありますが、ボクはボク以上のことを、ここに書くことは
できないので、これまで通り等身大の自分が感じたことを
マイペースに記していきたいと思っています。




歳を重ねるにつれ、時間の飛び去っていく
スピードがあがっていくけど、今年は夏から先が
オフもオンも異常に速かった。




12月の頭に、
SALSA SWINGOZA のLIVEを観に行って、
アツく盛り上がったステージが終わった時に、今年が
もうすぐ終わることを実感した。

どんなに必死に生きていても、どんだけ後ろを向いて
生きていようと、誰にも平等に時間は過ぎていく。

どんな風に生きるか選ぶのは、自分だ。
言い訳しても、誰も聞いちゃい無い。
1231-2汗








「SWINGOZA」とは、「リズムがSWINGする」の英語「SWING」と、
(スペイン語で「楽しむenjoy)」 の「GOZAR」との造語。
1231-3アーティスト






どこにも穴の無いバンドによるパワフルな演奏が続く。
ステージ上のオヤジ達は輝いていて、幅広い客層の
ゲストたちも、各自思い思いのノリ方で音と空間を
楽しんでいる。
1231-4ボーカル









バンドマスターの大儀見さんは、ニューヨークで'93〜'96年までの3年間、
サルサ界の大御所ボーカ リスト、ティト・ニエベスのバンドでコンガを叩いて
いたそうで、、ニューヨークに根付いている'60〜'70年代の強烈なサルサ
創成期のエネルギーを体現すべく、日本に帰国後サルサ・スインゴサを立ち上げた。
抜群に年齢不詳で、エネルギーが体からほとばしっている。
1231-5バンドマスター







現在メンバーは大儀見元さん(vo,conga)をはじめ、Manny Mendez(vo)、
岩村健ニ郎さん(vo,perc)、Juan Carlos Lopez(timbales)、Coco Escalante(bongo)、中島徹さん(pf)、澤田浩史さん(b)、中路英明さん(trb)、 宮内岳太郎さん(trb)、
小坂武巳さん(trb)、堂本雅樹さん(b.trb)の計11人。
1231-6裏側









ライブ会場のステージ脇に陣取りながら、
ステージとホールの両方からパワーを貰った。

ボクも、このブログを通じ少しでもいいので何かパワーに
なるものを届けられればいいと思っているし、そして
皆さんからも確実にパワーを頂いている。

本当に、どうもありがとう。
1231-7裏側






全くもって当家ごとなことなんですが、
大晦日はまりえのB.Dなんです。
とうとう三十路に突入しましたw

無事に新しい歳と新しい10年を
迎えることができ、一緒に笑って
いられることは、なんでもないけど
スゲー幸せなことなんだなって思います。

皆さんの次の一年が、いい一年であることを。 → 人気ブログランキングへ


***************



とりあえず、LIVEの写真を。
後で、またコメントは書くかも。

新年に向けて、先に買い物行ってきます!

1231-10サルサ








今年は、MJが亡くなったのが当家には大きなインパクト。
変な話、彼の死がキッカケになって家の中で音楽に触れる
機会が増えた。こういったLIVEに行く機会も増えたし。
1231-11ステージ







大儀見さんのMCいいなぁ..
イカツイ見た目や妥協しない音との
ギャップがホッとする。
1231-12MC








20代前半までは、R&B、HipHop以外の音は聞かない
くらいの偏食でしたが、30代入ってからクラシックとか
サルサとか好きな曲も広がってきた。生で聞いて鳥肌立つのは
クラシックが多いかな。音の迫力、深さが細胞にシミるし。
1231-13ライブ







ちないに、オレ楽器って何も扱えません。
吹くヤツは特に憧れ。
1231-14メンバー








息遣いが聞こえる距離のステージ脇で音に触れていると、
バンドの空気にもシンクロしていきやすい。だんだんと
SWINGOZAっぽい絵に近づいている気がする。
1231-15ステージ








1231-16KB






1231-17弦楽器







1231-18パワー






いつのまにか、箱はこんなに人で詰まってたんですね。
1231-19会場







打楽器の名前は忘れたけど、シャーマン系のヤツ。
これが入った曲とか良かったなぁ...安定を捨てて
人生を駆け出しはじめた、奏者の生き様もまぶしい。
1231-20スピリチュアル








曲の途中でシャーマン降臨。
1231-21シャーマン







ベテランのおじさま達とのコラボも超カッケーし
1231-22KBゲスト






1231-23ゲスト







いよいよ、ライブも終盤
1231-24クライマックス







バンドメンバー達の、こういう瞬間を
垣間見れるのもいいですよね。
1231-25終演







水をかぶったワケじゃなく、すべてオリジナルw
1231-26終演







宴の後って好きです。やればやっただけの達成感得られるし。
ボクみたいな凡人は、期待した結果がいつも必ずついてくる
わけではないけど、ヤっただけの何かは自分の中に蓄積されてると思うし。
1231-27終演






ま、精一杯生きるつもりではあるんですが、
リキんでいてもしゃーないんで、シガー燻らせ
ながら、抜くとこ抜いてやってきます。
1231-28シガー



それでは、来年もよろしく! → 人気ブログランキングへ



kyah2004 at 11:52│Comments(2)TrackBack(0)MUSIC. | LifeStyle

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たむらん   2010年01月01日 15:28
あけましておめでとうございます!

2009年もとても楽しませていただきました。
KyahさんのBlogは、文も写真も
自分がそこにいるような気持ちにさせてもらえて、
日々の慌しさや、ささくれだった気持ちを
笑顔に変えてくれる力がありますよ!

大儀見元さんは、最近、ドリカムのツアーに欠かせない一人となっています。
ドリカムしか知らない(であろう)若い女の子達のド肝を抜いてます(笑)

2010年も、ますますのご活躍をお祈りしています。
良い年にしていきましょう!

2. Posted by kyah2004   2010年01月12日 21:35
たむらんさん、今年もよろしくお願いします。

それにしても、大儀見さんご存知とは!!

今年も何かHappyなものをお伝えしていければと
思っていますので、時々遊びにきてやってくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔