2010年01月07日

BLUE POINT (BALI) 隔離メシはショートステイ向き

0105-1Bレストラン
ヴィラは広いし、プールからの景色もいいし、
SPAも案外悪くないウルワツのBLUE POINT。

繁華街からも隔離されていて、のんびりするには
最高の環境が整っているんですが、食の選択肢が
HOTELしかないというのは、正直キツイ。



やね、思ったより(失礼!)、HOTELのレストランはちゃんとした雰囲気。
元々、レストランからはじめて、チャペルを加えてWedding仕様にして、
最後にヴィラを作ってHOTELにしていった経緯があるから、それなりに
自負があるんでしょう。


サービスも、バリにしては珍しいくらいフォーマル(っぽい)。
子供(にしか見えない)のスタッフまで、気取った風に
サービスをしてくるのは、可笑しいを越えて、いじらしい。



ただ、味が全体的に濃すぎて、1食ならいいけど、連ちゃんは重い。
ハンバーガーやパスタという逃げ道もあるけど、これも続けて2食は飽きるしな。
0105-2ミーゴレン系




最初から、この環境だったら、「なんとかしなきゃ!」って
ふんばれるんだけど、ウブドで気分によって店を使い分けられて
いたんで、環境適応能力が落ちちゃってたんですよね。
しかも、ウブドのレストラン価格の2倍だしさ。


きっと、周りのブルガリとかアリラとかでは、もっと繊細な味のものを
食べられるんだと思うんで、ウルワツ滞在≒メシ危機を招くものでは
ないと思います。ただ、コストは更に倍以上に跳ね上がると思いますが。



景色もいいし、リラックス度も高めなので、
結構気に入ってるウルワツですが、
メシ縛りで、2泊が限度そうです、ココだと。 → 人気ブログランキングへ




***************



写真で見たら、案外ちゃんとしてるように見えますが、
海風にさらされているせいか、建物の傷みが激しく、
もっと古くからあるホテルだとずっと思ってました。
0105-10レストラン入口







早めのディナータイムは、誰もいなかったけど、
ボクらが帰る頃には、何組か食事に来ていた。
みなさん、どこで夕食を食べてるの??
0105-11店内







バリ島では、意外とスープを出すお店が多い。
これまで気づかなかったけど、逃げ道として
あちこちで使えた。いい発見。
0105-12スープ








窓の外は真っ暗闇だが、波が砕ける音が
地鳴りのようなサラウンドで響いてくる。
引きずり込ませれそうな恐怖感と、
どこか身を委ねたくなるリズムが、
見えない窓の外に視線をひきつける。



さっきのスープと、この海老のソテーで
さっとディナーを済ます。結構悪くないよ。
ただ、味が濃い。昔なら喜んでいたんだが..
0105-13エビじゃが







さすがに、朝ごはんは満席。
これだけの数のゲストがいたんですね。
0105-14朝ごはん






視覚を奪われている方が、音の迫力は増しますね。
大きなスウェルが入ってくるのを見ると、どうしても
目がそっちに反応してしまい、耳の神経はおろそかになる。

美しくデッカイ波がゆったり入ってくる様は、
そりゃかつてのヘッポコサーファーでも、
背筋がゾクっとするくらい気持ちいいです。
0105-15景色




あれに乗れる晩年を、今から目標にするのもカッコいいな。

って、もう絶対そんな真剣にやらねーだろ、オレw → 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔