2010年02月06日

ダイエット食とオーブンミトンの誘惑

0201-11オーブンミトン箱


かつて、-7kgのダイエットをした時は、
ほんーっとギリギリまで食事をカットして、
運動もメッチャやりこんだんで、ガバっと
体重を減らすことができたんですよね。

ただ、その時落とした脂肪も、5年くらいかけて
徐々に徐々に帰ってまいりました。


その5年の間に、“食”への愛情が100倍くらい
膨張しちゃったんで、中々昔と同じように
ダイエットができないんすよね...

Slim up Slimっていうダイエット食を試してみたんですが、
無機質な味でもないし、粘度があるせいか、案外お腹にたまるので、
コリャいいんじゃないと思ったんですが、残念なことに
ココロの満腹感が得られないカラダになっていることに気付きました。
0202−1ダイエットアサヒ


食いしん坊なオレは、いつしか単体メニューが
物足りなくなってて(●●丼、ラーメンのみなど)、
おかずやデザートなど、複数皿構成じゃないと
いまいち食べた感が残らないんですよねw


あんまし、ダイエットフードのこと詳しくないんですが、
何種類か少量づつ食べて、アレコレ食べた感を
錯覚させるタイプって無いのかな?
ま、その分コストに跳ね返るとは思いますが。



夜ご飯は、ほんと楽しみなので、ここを削ることは
できないから、朝ごはんでこういったダイエットフードを
食べて、昼に最低限のカロリー摂取にするのが、
ライフスタイル的には一番あってそうなんだがな。

ダイエット成功の秘訣は、『習慣化』。


しっかし、うまそーなもんが転がっている家で、
誘惑に耐えるって難しいんだよね。

この日の敵は『オーブンミトン』
武将クラスの“もののふ”でっせ → 人気ブログランキングへ



************


ストイックな話はこのくらいにして、
心を開放する方面の話を。

0201-11オーブンミトン







旅は、プランニングから愉しい。

計画立ててるときが一番楽しいなんて、そんな
生粋の妄想主義者じゃないけど、泊まるトコ
ひとつとっても、色々イメージが膨らみ、10%
くらいは、行った気分になれる。
特にリピってる場所だと。




ボクの場合は、旅のプランニング≒イマジネーションであり、
最終的に行き先を決めるにあたっては、
どれだけその行先についてイメージができるか、
更にイメージしたステイスタイルは自分の
求めるものに本当にマッチしてるか、
その検証をネットや本を通じて行なっていく...


もちろん並行して、バジェットも弾いているんだけどね。


行き先を考える段階では、
-何が観たいのか、何を撮りたいのか、何を食べたいのか、
-好奇心を刺激したいのか、自然に癒されたいのか
-現地に混じりたいのか、ホテルで隔離されるのか
などなど、結構自分の中を掘り起こしながら検討をすすめていく。
そのための検証もヲタばりに済ましているので、旅に出て
おもいっきしハズしたというケースは少ない。

ちなみに人生で一番ハズしたのは、『マカオ』



ホテルを選ぶにあたっても基本選び方は同じ。
そのホテルに泊まって過ごす1日なり3日なりをイメージし、
立地やデザイン、ファシリティ、価格があっているかどうかを検証する。
限られたバジェットと時間の中なので、割り切るトコは割り切る。
何を割り切るかは、そもそも旅のコンセプトを考える段階で
優先順位ができてるので、そんなに難しい作業ではない。


国内だと、もうちょいアドリブでいいんだけど、
海外だとヘタすると期日に帰って来れなく
なっちゃうからなぁ...アドリブで旅行が出来た
大学時代、バックパッカーをしなかったこと
だけが、今、心残り。 → 人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ベルーガ   2010年02月07日 17:59
こんにちは♪
マカオ外しちゃいましたか・・・
私は結構好きでした、マカオ。
○○サンチアゴという、ものすごく地味〜な要塞みたいなホテルに何度か滞在しましたが、少なくとも昔は良かったです。不便でしたが、静かでまったりできました。
食べ物もホテルだけでなく近くの海沿いに美味しいサングリアを作って出すお店があったり。
ダイエット、置き換え商品に野菜料理やキノコ類を足します、私。
あとは鍋かな、月並みですね。でもダメ、加齢と共にどんどん代謝が悪くなります。
2. Posted by こんにちは   2010年02月08日 01:23
今年のバリのホテルは、「プリウランダリ」のみですか?
バリのホテルを決める時って、いっぱい迷いますが楽しい時間ですよね。
私はウブドは「アマンダリ」に決めたのですが、ビーチエリアでは「アリラウルワツ」がかなり気になっています。
3. Posted by ゲートシティ住民   2010年02月13日 18:21
英単語でなければ、表現できないことを話すのであれば、英単語をカタカナで書く意味があると思うのですが、kyahさんの場合は何か基準がありますか?

バジェットって日常会話では使う日本人少ないのではないかと思いますが。

実際に英語を話す僕らとしても、企業のマーケティング予算みたいな場合にはbudgetって使いますが、個人の旅行程度だったらmoneyっていうのが普通かと思うのですが。。。

ファシリティ。。ねぇ(笑)

折角中身があることを書いていたとしても、ちょっとしたこういったdeliveryの技術でちょっと「あれ?」って思わせるのは勿体無いと思いましたので、書きました。

基本的にはファンなのでこれからも頑張って下さい。。
4. Posted by kyah   2010年03月28日 21:01
ベルーガさん、こんばんは

マカオ、全体的に期待値高過ぎたんですよ。


> ○○サンチアゴ

結構クラシックなホテルですよね!?
やっぱ、あっちにすれば良かったか。


> 食べ物もホテルだけでなく近くの海沿いに
> 美味しいサングリアを作って出すお店があったり。

伺ってる限り好きそうな雰囲気です。
となると相性なんですかね...そういう場所に
遭遇出来ないのも縁なんでしょうね。

もし行く機会があれば、ホテルのセレクト
だけは間違えないようにします!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔