2010年03月21日

328 Katong Laksa (シンガポール) ラクサに開眼

0321-1カトンラクサ

シンガポールは、あちこちにフードコートがあるし、
最近では「ドリアン」の愛称で知られるエスプラネードのとこに
有名ホーカーを誘致した“マカンスートラ”とか、観光客には
アクセスよさげで、凄く気になる。




ローカルの屋台村の有名どころといえば、チャイナタウン・コンプレックス・
フード・センター、マクスウェル・フード・センターをはじめ、
アラブ・ストリートのゴールデン・マイル・フード・センターとか、
リトル・インディアのテッカ・マーケット(ズジャオ・センター)あたりが
有名だし、雰囲気もソレっぽい。
シンガポール満喫術より抜粋)





カメヲタや食いしん坊気質のせいもあって、旅に出ると、ワリとローカルゾーンに
足を踏み入れたくなるのが常な当家なんですが、シンガポールだと、カトンは
古くからのショップハウスが並び、しかもイーストコーストロードには、ラクサを
はじめ、ニョニャ料理の名店などもあるので、足を向けないわけにはいかないんです。
0321-4道






昔、このゾーンに行ったときに、あちこちでラクサの店があったのを覚えていたので
現地に行って、散策しながら店を決めようかなーと、そんなノリでタクシーに
のりこみました。


中心部からはそこそこ距離があるので、適当な会話を交わしているうちに、
多分「ラクサ食いたいんだけど」とか言ってたんだろうね。
したら、“ここは、いいぜ!”的なノリで。ある店の前に停められたんです。
それがココ「328 Katong Laksa」。
0321-2外観



旅の縁は大事にする派なので、おすすめにそのままのっかったんですが...
これが大正解。やー、ホント素晴らしくうまいラクサでした。


エビのエキスがたっぷりきいていて、見た目スゲー辛いのかと思ったら
全然そんなことなく、ほぼ屋外の席だけど、軽く汗をかく程度。
またクリーミーさも、これ以上強くなると、イヤな感じになりそうだけど
これまた絶妙な加減でウマイんです。

麺は、日本の感覚で言うとプチプチ切れた短い麺で少し太め。
ラーメンのようにすするというよりは、スープと一緒に食べる感じ。


周りの真似してお茶っ葉みたいのを入れてたんだけど、
結局アレはなんだったんだろう?
0321-3店内



328 Katong Laksa
216 East Coast Rd



こないだのル・カンケは、メインが遥かに
想像を超えてきたし、まっこと愉快な夜じゃった...
3連休は、滑り出しからいい感じ。→ 人気ブログランキングへ



****************



お店は、シンガポールによくあるスタイル。
タイにもバリ島にも香港にも似たような
構えのお店はたくさんあるけど、やはり
シンガポールは抜きん出て清潔感がある。
0321-10ラクサ






これが、ラクサの中身です。
プチプチ切れた麺と、はんぺんみたいのと
魚介っぽいのと、もやしも入っていたような。
0321-11ラクサ中身








直射日光は暴力的すぎるのでムリ。
でも、この暑さが観光客にはたまりません...
0321-12テーブル席







この葉っぱに入ってるのは、ちまきみたいなヤツでした。
0321-13ちまき系









抜群のローカルフードを食べた後は、
甘いものが欲しくなるんです。
近くのカトンモールへ移動。
1Fのテラスカフェでのんびり読書。
0321-14カフェ







南国は、とにかくフルーツドリンクがうまい。
日本のそこらにあるフレッシュジュースバーとは、
濃度とボリュームが桁違い。
0321-15マンゴスムージー







近代的な構えのモールで、スーパーは
かなり高級品があるように見えました。
日本のものも案外多かったし。
0321-16カトンモール





人気のないモールのなかには、子供向けのアトラクションが。
どーっすかね...この著作権フリー具合というか、間の抜けた
ニセモノクン達はw
0321-17著作権フリー






昨日も今日もやけに睡眠も取りまくり...春だから? → 人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔