2010年04月22日

利苑 (シンガポール)ハズさない選択肢

0420-1利苑

香港発の広東料理レストラン「利苑(Lei Garden)」。
シンガポールは、オーチャードとシティホールの
チャイムス(Chijmes)内に2店舗展開している。

いつもは、チャイムスの方に行ってたんだけど、
この日はチャイムス店がリニューアル工事中だったので、
初のオーチャード店へ。


バリのご飯は、独特なタッチだし、
カフェレベルもそれなりだけど、
1週間居るとちと飽きるので、帰りにシンガポールか香港あたりで
口直しってのは、当家でほぼお約束になってます。




香港ほどまでとは言いにくいけど、中華料理のレベルが高く、
値段も香港と同レベルかなぁ....少なくとも日本よりは
格段に安いので、寄らなきゃ勿体無い病にかかってます。
0420-4利苑




香港店では、ミシュラン一つ星を獲得していて、
その店舗は、かなりスタイリッシュらしいんだけど、
シンガポール店は、どちらもカジュアル。

*チャイムス店のリニューアル後は未訪ですが


ランチタイムは飲茶が中心ですが、頼めば
北京ダックだって出てくるし、なによりこの日は
スペシャルメニュー内にブッダスープ(*)が!
0420-2利苑

(*)佛跳牆(フォーティャオチァン)
「坊さんも塀を飛び越えて食べに来る」という意味




以前、ヨンキーで食べたときは、ボクらのテーブルのために
つくられたものだったんで、奥行きの深い香りと共に、澄んだ
透明感も感じたんですが、さすがにシェアメニューなので、
奥行きは健在だったものの、香りの透明感は若干弱かった気がする。

こーいう強いインパクトを残す料理ってのは、たいがい最初の
インパクトがデカ過ぎるので、もしかしたらボクだけの印象
かもしれないんだけどね。それでもあの美味しさ、香りの
艶っぽさは凄まじい。タイプは違うけど白トリュフ並の衝撃を
脳に刻み付けてくれますんで。


ブッダスープ飲んで、北京ダックも食べて、1人6000円(SD90)程度。
こりゃ、なかなか日本で高級中華に行きづらくなるわけですよ。
0420-3利苑




利苑酒家/Orchard Lei Garden
#03-00 Orchard Shopping Centre
321 Orchard Road
6734-3988






ちょっと寒すぎでしょ、今日。
こりゃ、カラダにダメージ蓄積されますわ → 人気ブログランキングへ



**************



となりのオサンが、次々に高級食材運ばせて
ちょっと口付けたら下げさせたりしてたんだけど、
いったいナニモノだったんだろ....
食べたヤツは、持って帰るのかな??

そんな凄い光景がカジュアルな店内では
淡々と同時進行していきます。
0420-10利苑






のっけから出てきたブッダスープ。
そうそう、この香りですよ。滋味深い
味わいももちろん素晴らしいですが、
テーブルを支配するこの香りが桃源郷へと誘う。
0420-11利苑







スープと北京ダック以外は点心を。
地味に見えるんですが、食感といい
味付けといい、猛烈にうまひ...です。
0420-12利苑







この白いのは、イメージしていたものと全然別モノだったんですが
そーいうのは点心で良くあること。予想以上にイケてたし、こういう
サプライズに出逢うことも、旅の面白さの醍醐味ですから。
0420-13利苑








まー、このあたりは、どうやったって
本場の名店でハズすことはありませんね。
0420-14利苑










中のスープは案外ぬるめなので食べやすい。
やけど注意!!みたいなハプニングは無かったです。
0420-15利苑









ビールのアテに。思った以上に山盛り。
バリで抑圧された欲望が開放されて
いるので、多少の食べ過ぎなど気にしません。
0420-16利苑










0420-17利苑










北京ダック半羽です。2人ならこれくらいで丁度いい。
まりえは、「もっと食べれる」と主張してますが、
他のメニューもしっかり食べたいので必死でセーブ。
0420-18利苑







あんだけデカイバディから、たった8枚しか取れないんですよね...
なんて贅沢な。中には、少し多めに肉が削ぎ落とされてるのもあるで、
手にしたものによって微妙に異なる味わいを楽しめる。そのアナログさも好き。
0420-19利苑







なにげに、人生で一番北京ダック食ってるのがこの店かも。
梨苑がデフォルトってのも、コゾーにしては贅沢だな、オイ!! ('A`)
0420-20利苑










これは、タイミング的にも味的にもミスったね。
もそもそ感が重すぎて、後半には耐えられない。
イメージは、もっと軽めのヤツでした。
0420-21利苑







北京ダックの残った肉は、炒飯か麺を選べます。
たいてい食べきれないので、持ち帰ります。
0420-22利苑







そんな満腹K点越えでも、デザートはさぼりません。
中華デザートの中で一番愛してる「楊枝甘露」。
「楊枝甘露」のベストは、香港の「満福楼」だね。
0420-23利苑






どーにも、亀ゼリーは苦手のまま。
なんか墨汁食べてるみたいでね...
コラーゲンの塊みたいなので
女子勢からは支持率高し。
0420-24利苑






香港師匠らは、G.Wに香港討ち入り。
嗚呼、オレも行きたかった...
お金もやっぱ、人生には大事なんだよね。 → 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔