2010年05月25日

対州 (札幌)日曜の夜に

0524-1鮨


札幌に数多くある鮨屋ですが、市場が休みの
日曜は、当然人気店もお休みになる。


それでも、鮨を何貫かつまんで帰りたいなぁという
帰京目前のボクらの行動力というのは尋常じゃなく、
各自が一斉にPCやiPhoneを立ち上げて、それなりに
美味しそうで、日曜もやってて、リーズナブルなところを
ITスキル全開にして探し始める。


色々、弊害もあるネット社会だけど、膨大な情報の
中から、自分のニーズにあってる風のお店を探せる
というメリットというのは、やはり素晴らしい。


行動開始から、約10分後。
すすきので、「対州 別館」という店を見つけて、
即予約を入れることに。
0524-2鮨




ここ対州は、自身のお店で生簀を
持っているので、日曜でも営業が可能らしい。
喫煙席のカウンターに多少難はあるものの
鮨に対する評判は悪くなく、軽く数貫つまみたい
という、〆の気分にぴったりっぽかった。



最終日の帰京直前の胃の状態と言うのは、
飲み続けてきた泡(ビール、シャンパーニュ)を
完全にカラダが拒否するくらい悲惨でw、
ボクは「とりあえずビール」とか、そんな台詞は
出てきませんね。最初からJAPAN(日本酒)。




鮨は、あまかせが4000円以下と、かなり
リーズナブルだったのに、数貫つまむ
だけだからと、お好みで頼み始める。
つまみが、かなり充実してるうえに
ネタは、さすがは札幌というレベルで、
結局次々にオーダーを重ねることに
なっちまいました。

ま、嬉しい誤算のうちですけどね。
そうそう来れる札幌では無いので、
美味しく食べられるものなら、キャパ
ある限り攻め続けたいです。
0524-3鮨






この鮨屋の満足度を、ズズーンと
押し上げたのは赤貝。赤貝の
解体シーンは始めてみたけど、
思った以上にグロいっすね、ヤツは。
身はもちろん、肝やヒモが抜群に
美味しかった。この鮨屋の印象が
まるっと”赤貝”になっちゃうくらい、
ボクには衝撃。
0524-4鮨






いつも行ってる鮨Aの大将の兄弟弟子みたいな
つながりも発見し、日曜夜の定番になりそーっすね。
0524-5鮨




すし処 対州 別館
011-531-8023
北海道札幌市中央区南五条西2 TONFU0502ビル 1F
18:00〜翌3:00
月休
http://taishu-b.shu-co.jp/index.html



そろそろ札幌が呼んでる気がする → 人気ブログランキングへ



****************


最初から、JAPANに溺れるの図。
周りの酒飲み達と一緒のペースで過ごしちゃうと
ただでさえ、酒の弱いオレはメタメタっすよ、ホント。
0524-11鮨






ホタルイカがやさしい。
0524-12鮨







このときは、まだ数貫つまんで、ゆっくり飲みながら
飛行機の時間を待つ予定だったんですけどね。
0524-13鮨






「もう無理...」って思っていても、美味しいものは
なんだかんだ胃にスペースが作られます。それが、
日本の料理、特に鮨なら尚更。
0524-14鮨







あ、鮨も期待以上にうめーじゃん、と。
0524-15鮨










期待値が、回転寿司 +α程度だったので、
余計に喜びの連続。さすが、鮨好きRのセレクトだ。
0524-16鮨






なんか、止まらなくなってるオレたち。
1人早い便の友人を見送った後も、
淡々とJAPANの一合瓶が運ばれてくる。
「どこまで、呑むねん、おまんら 笑」
0524-17鮨






なんだか忘れたけど、コレうまかったよなー。
ヤローどもが、口をそろえて「おぉ..と」
0524-18鮨








うには、北海道に来て、はっきりと“ミョウバンの味”を覚えました。
東京のうに−北海道で食べるうに≒ミョウバン的な数式で。
0524-19鮨







そろそろ、トドメの赤貝です。
このときには、「いい被写体だ」くらいの
カメヲタ魂が勝っていました。
0524-20鮨







ムムム....これは...「酒クレ! 酒!!」
0524-21鮨







この2ショットは、美味いです。
本日のハイライト。
0524-22鮨







後は〆に向かってソフトランディング。
0524-23鮨








全体を通して、北海道を満喫できた流れでした。
今度は、素直におまかせ握ってもらおうかな。
0524-24鮨










ふぅ...ごちそうさまでした
0524-25鮨





良く憶えてないけど、かなり日本酒も飲みまくったんで
7000円くらいだったっけ? 忘れちった。
1万円は切ってたと思う。 → 人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔