2010年07月21日

UBUDの大好きなHOTELたち (BALI)

0724-1UBUD

今回のヴァケは、末弟のWeddingとともに、
両親をシンガポールからバリ島まで、
引きずり回すという、もうひとつの側面を
持っていたんですw


両親は、初めてのバリ島なので、
色々な魅力を知ってもらおうと、
ホテルも3種類の違う場所を用意。


最初は1万円以下でも充実した
ホテルが味わえるというバリ島の
CPの高さを知ってもらおうと、
併設のカフェも美味しい
カキアンバンガロー」へ。
まずは、ここで3泊してウブドの
空気に馴染んでもらおうことに。
0724-2UBUD

にしても、ここのスイートは、満足度高すぎ。
かなりファンになりました、オレが。





ボクとまりえは、カキアン1泊しただけで、
世界中のトラベラーから人気の「テガル・サリ」に移動。
何ヶ月も前から予約が埋まるという、ライスフィールドの
ど真ん中に立つこじんまりしたホテルは、さすがに
ウブドステイの魅力が詰まってますね。
6000円/泊(一室) 程度でコレは人気出るわけだ。
0724-3UBUD







続いてのステイは、1泊2万円前後のところからセレクト。
前回泊まって、”バリを好きになるにはココが一番!”と
確信した「Waka di Ume」へ2泊。

眺望・サービス・食事・ファシリティ、どれをとっても
センスがよく、ここも各国から旅行者が集まっている。
常に満室のウブドを代表するホテルで、一言でいうと
とにかくセンスが良くオリジナリティに溢れている。

2Fのスイートからは、バスルームからラースフィールドが
眺められるなど、解放的なつくりも魅力。
0724-16UBUD







最後は、末弟がWeddingをあげた「Viceroy Bali 」。
ウブドを代表する5STAR HOTELで、
リストプライスは税サ込で$800〜。
0724-4UBUD



ココについては、忘れないうちに書きたいことが
ヤマほどあるので、詳細のレポは また別途。



それじゃ、それぞれのHOTELの魅力を
もうちょっとだけ紹介させてくださいね。


2人で1万円/泊あれば、ホント満足な
ステイが出来ちゃうウブド。

円高って素敵。→ 人気ブログランキングへ



ウブドって、スペル違ってたけど
写真の方の修正は面倒なのでそのままでお許しをw

×UBDO ⇒ ◎UBUD






*****************

カキアンバンガロー (1泊 約1万円:ルームチャージ)
モンキーフォレストを更に南下したエリア。
ハノマン通り沿いで、サークルKの
目の前くらいという超便利なロケーション。
併設のカキアンCAFEは、パンやケーキが美味しく
早朝から深夜までOPENしているので、食事に
困ることもなく、ダラダラステイ派のニーズにも
充分応えられるスペックをもっている。
0724-10UBUD



特に、敷地の最も奥にある2つのスイート棟は、
プールが目の前にあって、気持ち的には
プール付きヴィラに宿泊しているような感覚。
(実際、あんま他の宿泊客来なかったし)


室内は広くて清潔で、バリ風味を残しつつ
モダンなインテリアでまとめられている。
0724-11UBUD






水周りも素晴らしく清潔で、浴槽からは
裏庭の緑を眺めながら、ゆったりとした
入浴もできる。朝風呂とかエラく気持ち
良かったなぁ。
0724-12UBUD








テガル・サリ(1泊 約6千円:ルームチャージ)
数ヶ月も前から、予約でいっぱいのデガル・サリ
サービス、アクセス、Viewは、ウブドトップクラスで、
インテリアは素朴で清潔。水周りは若干古さが否めず
トイレの芳香剤の香りが強いのが、ちょっと残念。
0724-13UBUD








それでも、部屋の前のテラスのテーブルから
眺められるライスフィールドの景色は抜群で、
素朴なインテリアは、癖が無く好印象。
0724-14UBUD



ボクラは、4ヶ月以上前に予約したにも関わらず
1FのSuper Deluxeしか空きが無く、念願の
2Fからの眺望を味わえなかったのが残念。
0724-15UBUD



メインの入口は、カキアン・バンガローの
ほぼ真向かいくらいの場所なんだけど、
最近 裏道がモンキーフォレスト通りに
つながったため、散歩するにもより便利に
なって、益々死角がなくなってきた。
ここの人気は衰えそうに無いね。
予約はサイトから直で。





Waka di Ume (1泊2万円前後:ルームチャージ)
ホテル関連の賞を多数受賞している
ウブドを代表するリゾート。

伝統的なバリ様式というよりは、もうちょい
ナチュラル感というか、オーガニックっぽさというか、
ちょっと古い言葉だとロハスっぽさをミックスさせた
オリジナル感が なんだか癖になる「Waka di Ume」。
0724-17UBUD





バリの高級ヴィラって、どちらかというとプライバシー
重視のクローズドな感じがウリなんだけど、ここは
逆にオープンで、ゲストも一緒になってリゾートの
空気を創りあげてるような、そうした一体感を
味あわせてくれる。

スタッフとの軽い会話はもちろん、ゲスト同士の
会話も比較的他のリゾートと比べて多いんじゃないかな。
0724-19UBUD






両親が泊まったスイートは、2Fで窓も大きく
部屋も広い。ライスフィールドビューのバスは、
何度も言うけど ほんとヤバい。
0724-18UBUD




ちなみに、ここも予約は早々に埋まってしまう。
両親の分は Agodaで1泊2万円強でスイートが取れたけど、
ボクラの部屋は、色んなサイトで探しても枠が残って無くて
直接HOTELと交渉したら、最後の部屋だってこともあり
ガチな交渉でも2万円くらいしにしか落とせなかった。
(ちなみに 昨年は同クラスの部屋をAgodaで取って約1.5万円)。








Viceroy Bali (1泊$800〜:ルームチャージ)
ウブドの中心部から、車で5分程度。
渓谷沿いの高低差を利用して作られた
至極のリゾート。
0724-20UBUD



メインダイニングのカスケードは、バリ島とは
思えぬクオリティのフレンチが愉しめる。
ランチでも、夜と同様の6皿コースが頼めるので、
絶景のダイニングで、優雅な休日のひと時を。


Twitter「Viceroy_Bali_JP(日本語)」からは、
ウブドの風が伝わってきますよ。バリ島好きには
オススメです!!
0724-21UBUD







来年もBALIに行きそうな勢いw → 人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:44│Comments(2)TrackBack(0)バリ島 2010 | HOTEL

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひろゆ   2010年07月23日 01:09
この写真達を見せられたら、行ってみたくならざるを得ません!
2. Posted by kyah   2010年07月24日 00:17
ひろゆさん、こんばんは

是非行ってみてください、損はないと思います。

というか、今すぐボクが行きたいですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔