2010年08月18日

利苑酒家 (シンガポール) 飲茶と北京ダック

0816-1利苑

シンガポールの有名な中華料理店のひとつ
利苑酒家(Lei Garden)」。カジュアルな
雰囲気の割に、料理の高いクオリティが、
日本人には行きやすく人気ですよね。

ボクも、シンガポールに寄ったら、多分
毎回来ている気がします。


今は、フォーシーズンズの「Jiang-Nan Chun」が
気になっているんで、次はココが最優先だけど。
0816-2利苑




ご存知の通り、香港ではミシュランの一つ星を
獲得した利苑酒家のシンガポール進出店。
オーチャード通りとチャイムスに2店舗を
構えており、チャイムス店は最近リニューアル
をしている(正直、殆ど変わった気がしないけどw)。



夜は、ナイトサファリに行こうと思っており、
早い時間に軽めの食事しか出来ないため、
今回のシンガポール1日ステイでは、
ここが一番のメインとなっている。


かといって、さっきまでホーカーで
朝ごはんをしっかり食べていたので、

飲茶をベースに、北京ダックをみんなで
つまむのが精一杯。
0816-4利苑






利苑酒家は、香港と時差無い味で
本場指数高いけど、そういう中華料理を
あまり食べたこと無い両親は、飲茶の
クオリティはもちろん、スープの美味しさに
感激したようでした。



北京ダックの残りの部分は、炒飯に
してもらったけど、これは久々に
食べても感動できる美味しさだね。
0816-3利苑







Chijmes Lei Garden Restaurant
Address:    #01-24 Chijmes, 30 Victoria Street, Singapore
Tel:    (65) 6339 3822
Opening Hours:
Lunch : 11.30am to 3pm
Dinner : 6pm to 11 pm
0816-5利苑




飲茶&北京ダックのこのコラボ、
ワリと気に入ってます。→ 人気ブログランキングへ



*************


飲茶は、こういった表にチェック入れて
数字を書き込んでいけばOK。
0816-10利苑







漢字から想像出来るメニューもあれば、料理が
運ばれてきて「あれ、こんなん頼んだっけ?」てな
ケースもありうる。それも含めて楽しい飲茶。
0816-11利苑







レバーっぽい多少臭みのある肉を、独特のカラっとした
衣で包み、粘度の高いタレで絡めた料理。これは、
どーにも癖になります。古老肉好きには刺さりますね。
0816-12利苑







スープは、スタッフのお姉さんが土鍋からキチッと
取り分けてくれます。白い陶器のポットより断然
こっちの方が色っぽくて好き。
0816-13利苑






軽いアーモンド風味を感じる優しく奥行きのあるスープ。
スープ自体は具を入れないけど、壺の中にはたっぷりと
スープのもとになった肉や野菜、海鮮が入っている。
スープをよそった時に、スタッフがこの具をひとつの
皿の上に盛ってくれるんだけど、おいしいとこが
出尽くした風の絵なので、あまり積極的に箸を伸ばすことはない。
0816-14利苑






飲茶は3人での訪問がベスト。
4人での訪問なので、誰か食べられないヒトが
出てきてしまう。友人や兄弟だと争いのネタにも
なるか還暦を過ぎた両親と、小食の妻では
そんなバトルは無縁。ボクだけが、ひたるら
全種類制覇を狙ってガッツキ続けています(ノ`Д´)ノ
0816-16利苑







半透明の皮っていうのもシズってくれちゃいますね。
0816-17利苑






白くてチュルンとしたあの飲茶です、
スンゲー好きなタイプじゃないけど、
コレ食べると本場に来なって実感が沸く。
0816-18利苑







スタッフのお姉さんが、出来上がった北京ダックの
プレゼンテーションにやってきました。さて、いよいよ
お待ちかねのダックちゃんの登場です。
0816-15利苑






母親は鶏が苦手で、特に皮がダメだってことは
すっかり忘れてました。オヤジもまりえも、
ほどほどの量を食べるだけなので、半分以上
オレが食ってましたね。いや、贅沢なランチ
0816-19利苑






「北京ダック 食べ飽きました」って言ってみたかった〜w
0816-20利苑







タレを塗って、葱を挟んで、まずは歯で食感を楽しみましょう。
パリパリした感覚を味わった後には、ダックちゃんの脂が
口の中にジワーっと広がっていきます。絶対に忘れない
味のひとつですね。葱が鼻を抜けるとこまで、しっかり
最初から再現できます。
0816-21利苑







北京ダックのチャーハンが、デカイ皿に盛られてきます。
結構お腹いっぱいなので、みんな茶碗一杯だけたべて
あとは容器に入れて持ち帰ります。翌朝のごはんですね。
0816-22利苑







どんだけ苦しくったって、デザートは別腹ですから。
0816-23利苑






マンゴープリン、上品な盛り付けですね。
でも実際ボリュームは半端ないです。
日本のアベレージの優に2倍くらいありますよ。
0816-24利苑







亀の甲羅ゼリーは、相変わらず墨汁を
食べてる気分になるので苦手。
0816-25利苑







楊枝甘露、中華のデザートの中で一番好きなのがコレ。
マンゴーのソースの中に、柑橘系の果肉がたっぷりと
入っていて、スッキリとするんですよね。定番中の定番。
0816-26利苑







フロアの様子も紹介しておきましょう。
変わった形のソファー席とが入ったんですね。
窓際のテーブル席とか増えた気もするし、
グループごとのプライバシー度が少しだけ
高まった気がする。
0816-27利苑




ホーカー → 本格中華の流れに
両親も大喜び。まずはいい出だしです♪ → 人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔