2010年08月17日

カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ (金沢) 日本屈指のロケーション

0820-1CBPB

元石川県庁の庁舎をリノベーションした しいのき迎賓館の
メインダイニングとして今年の4月にOPENした、ひらまつ
グループの「ジャルダン・ポール・ボキューズ



こちらのグランドメゾンは、『旧知事室および旧副知事室に造られた
2つのダイニングルーム。大正時代の風情を残しつつ、モダンで洗練された
デザインが施され、金箔や雪吊りなど金沢の伝統文化を感じる素材や
モチーフがアクセントとして、全体にあしらわれています。金沢城公園側は、
全面ガラス張りで、金沢城や井守堀のライトアップを一望することができる』
とサイトにある通り、チラ見した限り相当ヤバそう。
0820-2CBPB








まったくフレンチを食べる予定のなかったボクラは、当然そっちは
予約もしてないし...というか、ほんとは他の店を予約していて、
メシ前に「ボキューズがCAFE&BRASSERIE出してる
らしーじゃん、ちょいと見に行くか!」って感じで、軽くお茶しに
来ただけなんですよね。
0820-3CBPB






ところが、さすが PAUL BOCUSEさん、東京ヘルプ組の
サービスはキレてますねw 目の前に金沢城の石垣に
圧倒されてるボクラをたくみにリードし、「いっそ、ここで
ディナーでよくね?」とテーブルの会話の流れを自然に
変えていきます。
http://www.paulbocuse.jp/cafe-brasserie/


30分前に予約したお店は、定食やっぽいとこだったんだけど、
「ホンッとにスイマセン!!」と電話で即謝罪したらキャンセル
できたので、泡とともに一気にフレンチへモードを切替えます。
0820-19CBPB






料理は、基本的に他のBRASSERIE PAUL BOCUSEと
同じような感じで、素材に北陸アレンジを入れてる感じ。
やはり値段の割に満足度は高いです。


ただ、こちらの凄さは、料理というよりそのロケーション。
威風堂々とそびえたつ加賀百万石の石垣が、目の前で
ライトアップされてる様ってのは、AWAYの民には鳥肌もんすね。
しかも遮断物ないし、店は貸切状態だしと、気持ちいいこと
このうえなし。デザートからは、テーブルを外にチェンジして
もらって、食後酒とシガーやってました。
0820-4CBPB




0820-5CBPB






金沢の子にきいたら、若者がフレンチに行く文化が
定着していないため、先入観でCAFE&BRASSERIの
ディナーも、エラく高いものだと思い込んでるらしく...
「コース2600円で食べられるよ」とか「コーヒー500円だよ」って
他の場所で話したときには、ほんと驚いてましたね。
0820-6CBPB







金沢の方々、使い倒した方がいいと思いますよ。
観光客の方々、金沢は食事も和が中心になると
思うので、いいアクセントになりますよ。

ボキューズの回し者では決して無いですがw、
ココは素直にヤバかったです。
0820-7CBPB



カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ
CAFE&BRASSERIE PAUL BOCUSE
〒920-0962 石川県金沢市広坂2-1-1
しいのき迎賓館1F
Tel. 076-261-1162
http://www.paulbocuse.jp/cafe-brasserie/




いいステージ見つけたら、素直に
バカになって踊るのが楽しい。
ハスに構えてノレなかったら、
つまんないじゃん。それって、
とってもバカらしい。→ 人気ブログランキングへ




*************


しいのき迎賓館の正面からのショット、
さすが歴史ある建築物なので迫力ありますね。
0820-10CBPB








Weddingにも向いてるようで、この階段で
新郎新婦の撮影が行われてました。確かにイイ。
0820-11CBPB






はい、裏側に抜けてきました。
一面のガラスになってるので、
昼間はかなりの解放感。
0820-12CBPB







目の前には、金沢城の石垣が広がっており、
間を遮るような障害物もなければ、車の
通りも見えません(うまいこと高低差があって)。
0820-13CBPB






というわけで、1FのCAFE&BRASSERIEからでも
こんだけ絶景が愉しめます。2Fのグランドメゾンは、
更に気持よさげなViewなんでしょうね。
0820-14CBPB






そういや、ブラッスリーのディナーって、すんごくリーズナブル
だったんですよね。ランチの料亭でしっかり食べていたので、
元々軽くつまむくらいの気分だったんです。
0820-15CBPB







「こんくらいなら いけそーじゃん」と
適当なノリで泡を飲み始める。
0820-16CBPB






フレッシュサーモンのマリネは、石川県らしく
近海で取れたサーモンを使っています。
0820-17CBPB







G.Wはオソロシイくらいヒトが来たっていってましたが、
この日はエアポケットだったみたい。天井から下がる
照明もさりげなくカワイいっすね。
0820-18CBPB






華美さはないですが、清潔で明るい店内は居心地いいよ。
カウンターの「お会計」の看板がデカ過ぎるのがウケるけど。
0820-20CBPB







スープは追加で頼んだっけ? イヤ、コースが
食べられないといってたまりえのオーダーかな。
きっとブイヤベース、ソレ以上でもソレ以下でもないやつ。
0820-21CBPB









鶏もも肉と加賀野菜のフリカッセ。
この辺のアレンジも加賀ならでは。
東京と全く一緒だと、寂しいからね。
0820-22CBPB







デセールは、スタッフのプレゼン聞いて
あれこれ悩みながら決めたと思うけど、
結局一口くらいは貰ってます。
行儀悪いけど、ブラッスリーだし、
ある程度はフリースタイルで。
0820-23CBPB







どれを選んでも間違いはない。そういう安心感が
ボキューズのブランド。この価格帯なんで、決して
過大な期待は持ちません。パフォーマンスが良ければ充分。
0820-24CBPB







東京もブラッスリーのディナーって、
コースこんなに安いんだっけ?
1人飯とか使えそうだけど。
0820-25CBPB







デザートを食べ終わったら、外席にポジションチェンジ。
あのコース料金で、この快楽指数はヤバいっす。
加賀愛しちゃいます、つかこの時点で惚れてました。
0820-26CBPB






2Fのジャルダン・ボキューズの絞った照明がエロいね。
1Fの仲間達のシルエットも、なかなかいい雰囲気かましてます。
こういう舞台装置のうまさは、さすがグループ経営で蓄積された
ノウハウですね。オーナーシェフの店じゃ、規模的にも難しいし、
こういう展開をしてくれる質のいいレストラングループはホント大事。
0820-27CBPB







オープン間もないこともあって、2F含めて
このレストランの記念すべき初シガー入れました。
0820-28CBPB







金沢城の石垣を肴に、ワインとシガーで
加賀の夜を愉しみます。夜の風が気持ちよく
酔ったボクラを運んでくれました。
0820-29CBPB





久保田さん、先崎さん、愉しい時間の演出
本当にありがとうございました。オレらの
とてもいい思い出になりました(・∀・)つ人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:42│Comments(2)TrackBack(0)フレンチ | 金沢 2010

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エルメス   2010年08月18日 01:56
都内にも手頃な価格で美味しいフレンチって有りそうで無い様な気が致します。
価格が高くフレンチって言うとデイリー使いしにくいしたまには良いですけれど
金沢も素敵な所ですね。参考になります色々と
2. Posted by kyah   2011年01月31日 02:30
ココは色んな意味で記憶に残る時間でした。是非、金沢にも!

> 都内にも手頃な価格で美味しいフレンチって有りそうで無い様な気が致します。
> 価格が高くフレンチって言うとデイリー使いしにくいしたまには良いですけれど
> 金沢も素敵な所ですね。参考になります色々と

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔