2010年10月20日

トレッキングのすすめ (Bali)

1016-1トレッキング


両親を連れてトレッキングに行くのに、どこがいいか色々考えたんです。
ライスフィールドが心地よく見渡せるのは最低条件だし、そんな何回も
トレッキング行けるわけじゃないから景色に変化があった方がいいよな。
変化だけじゃなく出来ればサプライズも欲しいし、多分疲れるから途中で
一息つける場所がある方がいいな・・・

そんなこと考えてたら、結局ココが一番だなと。
前回のBali訪問時もトレッキングに出かけた
ジャラン・カジェンの田園地帯





賑やかなバリの集落を歩き、鬱蒼とした森のトンネルを抜けると
気持ちよく広がるライスフィールド。知らなきゃ絶対引き返す
水路脇の探索路や、「ボダッマリア(サリ・オーガニック)」での
ティータイムは、絶対喜ぶに違いない。ってね
1016-3トレッキング






田んぼが広がる原風景って、ある意味親の世代からしたら
”見慣れた景色”なので、そこに椰子が生えてるくらいじゃ
ツマンネーかな...と心配したんだけど、思いのほか愉しんでいたようで。
1016-5トレッキング







ガキの頃は、両親に連れられて、色んなトコ行ったなぁ。
そーいうのは、思春期ってヤツを越えて、自分らで行った
旅の記憶ほど鮮やかではないけれど、そうやって愛されて
育ってきたという経験は、きっと今のボクの中で知らず知らず
大きな糧になっているんだと思う。
1016-4トレッキング






その時の感謝の代わりと言うには、はるかに及ばない
ことだけど、こうして知らない地を、親を連れて歩けることは、
息子として とても嬉しいことだし、自分の経験を両親に
フィードバックできることって、とても幸せなことだと思う。


幸いにして、まりえもうちの両親のことを凄く大事にしてくれてるし、
2週間近く両親と一緒に過ごすことを、心から愉しんでくれていた。
1016-2トレッキング





単なるトレッキングではあるんだけど、そういう数え切れない
幸せが積み重なっての結果であることを、改めて知ることができた。
なにげないことなんだけど、ホントみんなに感謝です。 → 人気ブログランキングへ


***************


ロータスカフェの脇、ジャラン カジェンを北上していくと、
ゲストハウスや土産モノ屋さんが並んでいる細い道が続いている。
足元のコンクリートの石畳には、各国の旅人の名前やメッセージが
刻まれており、ボクも何か残せればなーと思った。でも、これ
どーやってお願いするんだろ?
1016-10トレッキング




しばらく賑やかな道が続いていて、子供がワーワー言いながら
走りまわってたり、オッサンがただただ椅子に座ってたり、
ご婦人方か供え物をもって慌しく動いている姿に出会える。
ウブドの中心部から近い割には、バリの日常生活の様子が
気軽に垣間見れるので、この辺だけ歩くだけでも面白いと思うよ。
1016-11トレッキング






 
この集落を抜けると、とたんに静かになって、緑の濃さが一気に増す。
小川を渡ると急な坂道になっていて、これを登りきればTOPの写真の
ようなライスフィールドが待っている。
ご婦人方の立ち話は、世界共通なんでしょうかw
1016-12トレッキング
 



ここからしばらく、椰子の木の下につくられたデコボコ道を
歩くことになる。そのため日陰になっているし、両脇には
ライスフィールドが広がっているので、風が抜ければ
それなりに涼しい。
前回来た時はピーカンで風も無かったから、
汗を流しつつ歩いてたんだけどね。
1016-13トレッキング




 
しばらくライスフィールドを愉しんだ後は、水路脇の
鬱蒼とした道に入っていく。ガイドBOOKに書いて
なかったら、フツーここで引き返したくなるね。
いかにも熱帯チックな道を進んでいくと、小川に
かかる小さな橋にぶつかる。ここが折り返し地点で、
今度は別のルートを南下することになる。
1016-14トレッキング






 
ここで気をつけるのは、この土の階段を登って
ワルンを抜けて上に出ること。手書きの看板らしき
もので、”ウブドはコッチ”的なアピールはしてるけど
日本の感覚でいると素通りしちゃうかもw
1016-15トレッキング






 
南下ルートは、ライスフィールドの中を歩いていく
感じなので、陽射しが強かったら紫外線の直撃弾
をくらいます。
1016-16トレッキング







ただ、ライスフィールドに近い分、農作業してる
人々を間近で見れたりするので、結構オモロイんじゃないかな。
1016-17トレッキング






1016-18トレッキング




1016-19トレッキング






南下ルートを2/3くらい行ったところかな(体感で)。
「ボダッマリア(サリ・オーガニック)」というカフェが
あるのね。ここは景色も気持ちいいし、ドリンク類も
充実しているので、しっかり歩いた自分へのご褒美に
寄ってみるのがおすすめ。
1016-23トレッキング



 
1年ぶりにいったら、店内が拡張していた。
儲かってんのかな? 気合を入れれば、
ウブドの中心部からココまで なんとか
バイクでも入れるので、景色に魅かれた
ヒトは是非。王宮から歩いても20分くらいかな。
1016-22トレッキング




1016-20トレッキング





バナナアボカドスムージーみたいな、
そんなヤツ飲んでました。うまひ!!
とまぁ、色々雰囲気が変わるので、
トレッキング初心者でも、充分楽しめる
コースです。ウブドも2回目なんてヒトは
そろそろ試してみてはいかが?
1016-21トレッキング



 
詳しく書かれてるから、興味ある人はコチラが便利だよ!→ 人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔