2010年11月07日

ル バエレンタル (札幌) 北海道最高峰フレンチのサプライズ

1105-0バエレンタル


円山という札幌きってのハイクラスな住宅エリアに位置する
ひらまつグループのグランドメゾン「ル・バエレンタル(LE BAERENTHAL)」

フランス北部のリゾートにある邸宅をイメージしたという
一軒家の外観は、東京から来た観光客にもピッタリと馴染むね。
突き放した感じの都会っぽいCOOLな高級さではなく、
木やヒトのぬくもりを感じるあたたかな気品で満ちている。
1105-2バエレンタル



そんなグランドメゾンのひと時を思い出すたびに、浮かんでくるのが
「CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU」のサビのメロディ。


どんなロマンス溢れる時間だったのかって?



なんせ、これまでの人生で感じたことの無い、
ドキドキ感をくれたからね。札幌ナメちゃ
いけませんぜ。
1105-1バエレンタル






店内は、ゆったりしたスペースで、中庭が見えるようになっている。
外観のメルヘンぽさと異なり、内装は木のぬくもりを感じながらも
凛とした気品に満ちている。
1105-3バエレンタル





ランチのコースは平日限定のコースとして、メインが
肉か魚を選べる3000円くらいのコースが用意されている。
休日になると、メインに魚・肉の両方がつく5000円くらいの
コースからになるが、ディナー並(同じ?)の内容の
10,000円のコースが新たに加わってくる。


メニューを開けたときには、バエレンタルなのに3000円!!という
コースにビックリしたけど、滅多に無い訪問なので肉と魚は両方
味わっておこうと5000円のコースでオーダー。
1105-5バエレンタル






グランドメゾンらしく、やったらとアミューズも出てくる。
特に印象に残ったのが、とうもろこしを使ったマシュマロみたいな
食感の一皿。凝縮された北の甘味が舌の上で躍動する。
1105-4バエレンタル





メインの真鱈のポトフ仕立ても、火入れ、食感、味付けの
バランスがメッチャタイプでしたね、今日イチ。

デセールのモンブランも安定感抜群だし、サービスの
クオリティも素晴らし過ぎ。ホールの人数は過不足無く
細部にまでキッチリ目が行き届いていて無駄が無い。
1105-6バエレンタル





料理、サービス、ハコ 3拍子揃った北海道を
代表するグランドメゾン。高い評価がつくのは、
当然の結果ですね。さすが”ひらまつ”グループ。
1105-7バエレンタル





ル・バエレンタル(LE BAERENTHAL)
011-632-7811
北海道札幌市中央区南1条西28丁目3-1
http://www.hiramatsu.jp/baerenthal/





あ、ドキドキ体験は続きの方にw → 人気ブログランキングへ



***************


今回は、初日のランチでひらまつが誇る北のフレンチの
最高峰「バエレンタル」を予約してたんです。
1105-10バエレンタル






これまでの経験上、睡眠不足や呑みすぎで、2日目以降は
胃が一気にヘタるんス...w なので、こういうクライマックスは
初日に仕込むのが懸命ってことで。


東京組の友人達とはスケジュールが合わず、札幌の友人も忙しい
ヤツらなんで、「平日のランチだからムリして付き合わなくていいよ」と
言っておいたんです。でも「グランメゾンにkyahさんひとりで行かせる
ワケには行きませんから」とのJの言葉で、前日に人数変更かけたんすよね。

なんとやさしい 涙
1105-11バエレンタル




そして、いよいろ札幌上陸。朝 空港についてJに連絡したけどレス無し。
「まだ寝てンナ」とタカをくくっていたんだけど、さすがにホテルについて
待ち合わせの時間になっても連絡取れないとアセってきます。
お店にも、来るか来ないかハッキリしないと対応についてお願いしにくいし...

友人らも連絡とろうとしてくれたんだけど、お店まで電話を続けても
全くJの反応が無いので、結局人生初のドタキャン系グランドメゾン
体験してきました。


最初から1人予約だったら、全然問題なかったんだけど、
当日お店に行って「すいません、1人キャンセルで。
あ、でも、料理は食べますよ!」ってヤル気満々な姿も、
お店から見たら女子にフラれた男がムリしてるっぽくて
相当カッコ悪かっただろうなァ。相手がヤローだなんて
ことは、オレしか知らないワケだしね。


まー、でもバタバタしたのはテーブルにつくまでで、
そっから先は「バエレンタル」の完璧なサービスに
のっかってたので、愉しいランチを堪能してました。



アペリティフに、グラスでシャンパーニュを貰おうと
したら、直送の面白いリキュールがあるとのこと。
「これをシャンパーニュで割ってみませんか?」と。

確か、北海道産のフルーツをフランスでリキュール
にしたものとか言ってたような...メロンで割って
いただきました。
1105-12バエレンタル






一口飲んでみると、いつものすましたシャンパーニュとは
違った遊び心ある表情が見えて、スッとレストランの空気に
馴染むことができたんです。

グランドメゾンでの最初の一杯と同じくらい、
最初の会話ってほんと大事ね。
1105-13バエレンタル





アミューズブッシュも次から次へ。

まずは一口サイズのサーモンのスプーン、
ジュレと合わせることで軽い食後感を演出
1105-14バエレンタル




セップのエキスをストローでいただく。
エルブジっぽいスタイル。
1105-15バエレンタル





これ、なんだかわかります?
ピスタチオをカラメリゼしたもの
なんですけど、絶妙な甘さと香ばしさ。
これはアペリティフに合います!!
1105-16バエレンタル






こちらはカクテルの「パナシェ」を料理として表現したもの。
シャーベット状の、ちょい柑橘系。セップやサーモンを一旦リセット
1105-17バエレンタル







まだアミューズは続いています。
手前が赤ピーマンのムース、奥にボヤケて見えないけど
かんぱちとキューイと粒マスタードを合わせたもの。
(上の方にクッキリ見えるヤツあります)
1105-18バエレンタル






上の皿の一番奥が、とうもろこしを使ったアミューズ。
外が少し固めてあって、中がトロンとしたギモーブのような食感。
この食感で濃厚なとうもろこしって....表現できない美味しさです。
1105-19バエレンタル







ホントは、窓際を用意してもらっていたんですが、
突然一人になってしまったために、入口あたりの
目立たないポジションに席を作ってもらいました。
うん、ここなら一人でも落ち着きます。横の椅子が
空いてるから、荷物もカメラも置けるし安心。
1105-20バエレンタル






海の幸のサラダ仕立て オレンジの香りと共に

クレソンっぽい葉の中に、海の幸が詰まった前菜。
このサラダは、たくさんの穴が開いた中敷の上に
のっているんだけど、その下にはドライアイスが
仕込んであるんです。テーブルにお皿が出された後に
オレンジのエッセンスの入った液体を流し込みます。
そーすると、柔らかい煙が出てきて料理全体を
ほんのり香りづけされるんすよ。
1105-21バエレンタル






魚介の生臭さがより抑えられて、より洗練された
印象になる。帆立、エビ、サーモンなど北海の幸が
贅沢に散りばめられた絵は、東京組にはたまりません。
アボカドとトマトもおおアクセント。
1105-22バエレンタル







パンも間違いなく美味しい。ホールのサービスの動きが実にキレイ。
札幌フレンチ、いや北海道フレンチの頂点のプライドか。
1105-23バエレンタル







パンプキンのスープ、嗚呼...しみじみ美味しい。
うっすら見える緑の部分はバジルで、食感を
楽しむために、ロースとしたアーモンドの
スライスが散らされている。スープ上部の
ムース状のものは、オリーブオイルらしい。
そう聞くとバラバラっぽい味のイメージを
持つかもしれないけど、実際に口に入れると
メッチャ一体化していて、高い完成度。
それぞれの素材が見事に活かされている。

コレ、見た目の印象と違って、お皿が深いんですよ。
そのせいか、時間がたってもなかなか冷めないんです。
味だけでなく、そういった気遣いもさすがです。
1105-24バエレンタル

富良野でクラったヒドいとうもろこしのスープとはワケが違う。
あんな風に素材を殺しまくる店には二度と行きたくない。






魚料理は、今日イチのヒット。
真鱈のポトフ仕立て キノコのムースリーヌ
アネットの香り
1105-25バエレンタル




セップのソースはとても贅沢な気持ちにさせてくれるし、
ガルニの野菜がどれもこれも完璧なキュイソン。とにかく
完成度の高い一皿でした...全く一人なことを忘れてたw
1105-26バエレンタル









若鶏腿肉のコンフィ ネズの実風味のベアルネーズソース

皮の歯ごたえ、味の強さが印象的な一皿。
皮はオーブンで別焼きしているとか。
お皿のはじに添えられた、イチジクの
コンフィチュールが、絶妙なバランス感。
1105-27バエレンタル






口直しの巨峰のコンポート、中から程良い
甘さと渋みのジュレがしみでてきます...
お、ナチュラルにリセットされました。
1105-28バエレンタル





デセールは、こちら。
モンブラン "ル・バエレンタル"スタイル
さすが店名が冠についてるだけあって、
有無を言わさぬ美味しさですね。


えーっと...「おかわり!!」
1105-29バエレンタル





プティフールも容赦ありません。
ひとり分でこの迫力。
1105-30バエレンタル







デート、もしくは会食だったりすると3時間はかかる
内容ですが、単独飛行だと2時間切ってきますね。
料理を食べ終わって一息ついたところで、見事に
完成された料理が出てくる。
1105-31バエレンタル







暇つぶし対策で持ってきた本を読むまもなく、
あっという間のランチタイム。行くまでは
一人グランドメゾンってあり得ないと思ってたけど、
人生経験のひとつとしては、アリかも。
いつもとは違った角度から、グランドメゾンの
魅力を味わえますよ。
1105-32バエレンタル








食後はレストラン裏の円山公園を軽く散歩。
この1週間後に初雪が降ったそうです。
1105-33バエレンタル





日本シリーズ エラいアツく盛り上がってましたね
ロッテ優勝おめでとう( ´∀`)つ → 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔