2010年12月06日

美瑛へ (北海道)音のない湖

1205-1Furano

札幌は、今年3回行ってるくらいのヘビロテ具合だし、
一昨年は、道東を車で回ったりと、北海道への愛情
たっぷりなヲイラなんですが、「北の国から」「風のガーデン」
「優しい時間」など、名ドラマの舞台となった富良野には
足を踏み入れたことがなかったんです。

つか、未だに富良野と美瑛の違いが良くわかって
なかったりしたので、まずはここで軽く勉強してみました。
場所が違うンすねw
1205-2Furano



ただ、この日の目的地は、美瑛といっても
奥の方の「青い池」だったので、観光名所
とばしまくりの強行軍。


ワガママで自由な5人のヤローどもの集団行動なので、
オレだったら朝8:00に出発したかった1DAY TRIPも
札幌を出たのが実際お昼前。まー、そういうオレも
4:00まで呑んでたから、絶対8:00なんて起きれちゃ
いないんだけどさww



ただ、時間が許せば、麓郷行って「石の家」
とか見たかったんだよなァ...
サイト見たら「風のガーデン」も入れるし、
優しい時間の「森の時計」もフツーに営業してるのね。

折角ここまで来てスルーというのは、
観光客的には、猛烈に哀しかった!!!!!!!!!!!





つか、このレポ書いててわかったんだけど、
「風のガーデン」も「森の時計」の富良野プリンスなんじゃん。
決めた。オレ、次回は富良野プリンスに1泊するッ。



と、まぁ、憧れの場所とは縁が無かったドライブだけど、
美瑛への道のりでは、予想もしてなかった絶景に
出逢うことができました。10/末だったけど、山も
色づいてきてたしね。
1205-3Furano



富良野に行く途中、ダムでせき止められた湖の脇に、
車を止めてみたんです。北海道らしくスコーンと抜けた
景色が広がっていて、湖面は比喩じゃなく鏡のよう。

周囲にノイズはなく、たまに聞こえるのは、車の
エンジン音くらいで、遠くの鳥のさえずりが、
耳をすまさなくてもナチュラルに入ってくる。
1205-4Furano



湖に突き出たゾーンに歩いていく友人を
ボケーっと見てたら、なにやら話し声が
向こうの方から聞こえてくるんですよ。

「アレ?」と思って、一緒に居たタカちゃんが
「ちょっと声出して!」と前の2人に確認したら
やっぱりヤツらの声なんです。


(多分)100mくらい離れてるのに、
ちょっと声を張るくらいで会話できるなんて、
ノイズだらけの町で生きているボクらには、
かなり新鮮な体験でした。


日本にも、まだまだ出逢ってない魅力がいっぱい。
海外も行きたいトコたくさんあるけど、国内もまだまだ
掘り起こしたいなぁ...→ 人気ブログランキングへ


***************


札幌から高速でビューンと北上したら、
富良野まで、ローカルの国道で向かいます。
ササッと高速で行けるわけではないのね。
1205-10Furano





途中、タバコ休憩など挟みながら。
クルマから降りると空気のウマさに驚く、
10月下旬なのにもう色づき始めた山の木々。
ここに来る数日前まで沖縄にいたので
環境のギャップが余計に面白さに輪をかけてくる。
1205-11Furano





な...なんなんすかね。個人の方の所有物のようです。
勿論、人それぞれ、どんな夢をみるのも自由です。
1205-12Furano






城の次は、巨大な如来像(ナンて言うの、こーいうの?)。
富良野までの道のりは、自然の景色の中では、めっちゃ
違和感を感じる、目覚ましな仕掛けが仕込まれています。
1205-13Furano






そろそろドライブにも慣れてきた頃、
うとうとしかけたところで、美しい湖を発見。
クルマからは、かなり綺麗に見えたので、
ちょっと停めて!とリクエスト。
1205-14Furano






こんな静かな湖畔で男子会。しかもヒドく濃いキャラ5名。
周りの方々、空気を乱してすいませんでしたw
1205-15Furano





どーっすか、このパノラマ感。
クリックしてデッカク見てね。
1205-17Furano




美しい景色の中、ふてぶてしい歩き方の
オッサン達が景色から浮き出ています。
1205-18Furano





静かな空間で、光だけがキラキラと眩しく
音を放っているように見える。
1205-19Furano





心が洗われた"汚れたオッサン達"
1205-20Furano






富良野でランチを食べてから、更に奥の美瑛へと向かう。
既に陽射しが弱くなってきている気がする...果たして
青い池のフルスペックには逢えるのか??
1205-21Furano






うわ、なんかデカい雪山も近づいてきた。
車窓から手を伸ばして、適当にシャッターを押してみた。
1205-22Furano



次回は「青い池」に行く前に、ランチで寄った
絶品(ただし劇薬)の丼物を紹介させてください。 → 人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:51│Comments(1)TrackBack(0)札幌2010 秋 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くま   2010年12月08日 00:08
5 「おかえりなさい」と心待ちにしてます
富良野プリンスの森の中にあるbarにも是非とも

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔