2010年12月09日

くまげら (富良野) 和牛刺し身丼の威力

1207-1Kumagera

富良野で郷土料理を食べさせてくれるお店「くまげら」。
駅からも徒歩圏内なんですね、郷土料理が食べられる
観光客にはありがたいお店です。


確かにそこらに居たけど、富良野牛っていう和牛が
いるんで、ソヤツらを使った和牛刺身丼が食べられる
っつーんで、タカちゃんに連れて来てもらいました。
1207-2Kumagera


1980円とリーズナブルなんですが、牛刺しが
丼の上に、隙間無く敷き詰められています。
脂が舌の上で溶けるんですが、わさび醤油で
バランス取りながら、お米を巻いていただきます。


最初は、「うまひぃぃイイ!!」と咆えてましたが、
さすがに途中からは単調になってくるし、バター
ライスみたいに感じてきちゃいます。
人間、慣れってコワいっすね。

サイドオーダーで、ギョウジャニンニクとか
食べてアクセントつけながら完食しましたが、
「足りない」と思うくらいが幸せだと思うので、
牛刺身丼は2人でシェアして、他のものを
食べるほうがおすすめです。


くまげら
0167-39-2345
北海道富良野市日の出町3-22
http://www.furano.ne.jp/kumagera/index.html


AirAsia羽田就航いとうれし(*゚∀゚)っ→ 人気ブログランキングへ


*******************



富良野って、北の国からのイメージで
あーいう丘しかない町かと思ってたら、
意外にフツーの町でビックリ。
1207-3Kumagera






駅から300mと至近
1207-10Kumagera








肉を中心としたメニューが並ぶ
1207-11Kumagera






肉だけじゃ飽きるねと、サイドオーダーも
1207-12Kumagera






カスベの煮こごり、東京では食えないっすから
観光客は迷わずにオーダー
1207-13Kumagera






これはクレソンのおひたしかな?
1207-14Kumagera






ギョウジャニンニク、この癖がたまらん
1207-15Kumagera




や、多少飽きがきても牛刺身丼の美味しさは
最後まで楽しめるレベルのものです。
折角富良野に来たなら、食べるべきもの
だとも思います。
1207-16Kumagera





ただ、相当量の脂を取るので、食後は胃が
ドヨーンと重いです。夕方になっても、
夜になっても全く食欲は訪れません(翌日になってもね)。
1207-17Kumagera




しかも野生児のR字にいたっては、この脂にアタっちまったらしく
夕方からだんだん口数が減ってきて、ディナーの時には
スープを飲んだだけで、ギブアップしてやがりました。


一時の享楽に身を委ねることを否定するキャラでは
全く無いのですが、旅行中はやりたいことも結構
多かったりするので、リスクも理解したうえで、
この贅沢な牛刺身丼と対峙されるのがいいかと思います。→ 人気ブログランキングへ


kyah2004 at 23:20│Comments(0)TrackBack(0)札幌2010 秋 | 和食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔