2010年12月13日

クシバルビーチ (沖縄) 阿嘉島の果て

1213-1Beach


阿嘉島の集落から、ひたすら坂を登り、さらにそこから、
ひたすら坂をくだってやっと辿り着くことが出来る
「後原(クシバル)ビーチ」。

鬱蒼とした原生林の中を抜けていくルートは、
車でも結構時間がかかるので、歩いていくのは
現実的じゃないし、チャリでは半分がひたすら
登りなので、想像するだけで滅入ってしまう。


クシバルビーチは、惚れこんだ阿嘉島にあって、
最も美景ビーチってこともあり、ボクの人生でも
TOP3に入るくらい好み。
1213-0Beach






1kmくらいはありそうな白浜のビーチは、他の観光客が
誰もおらず、ボクらだけの貸切状態。


ビーチについてすぐに飲んだオリオンビール、この青空の下では
都内のどんな洒落たシチュエーションより美味いんだよね。
1213-2Beach





そして、シュノーケリングを愉しんだ後に、砂浜に
座り込んで、グイっと飲んだ島酒。もともと泡盛は
好きではあるんだけど、これほどまでに完璧な
シンクロはなかったね。
1213-3Beach





目の前に広がる絶景の海、突き抜けるような青い空、
太陽の暴力的な陽射し、ゆったりと流れる潮風...
こういったもの全てが泡盛とともに、ボクのカラダに沁み込んでいく。
1213-4Beach





ただ、幸せで涙腺が緩みそうになる。こんな体験
しちまったら、また阿嘉島にやって来ようと思うよね。


昨晩、富里(トゥーラトゥ)の裏のBARに行った後に、
宿に戻って、少し3Fで涼もうと思ったんです。
その時に、ウッドデッキに転がって、言葉を交わした
のが初めての彼ら。


そんな、ささいな関わりだけで、互いを容易に
受け入れるようになる空気が、この島にはあるんです。
1213-13Beach



今度行くときは、小さくてもクーラーBOXとか
持って行きたいな~→ 人気ブログランキングへ



************

こんだけ高い場所まで登り続けるので
チャリじゃ厳しいんですな...

ただ、クシバルビーチまで走った漢(オトコ)が
いるとの伝説も聞いています、ホントか!?
1213-5Beach





ビーチに着いた頃には曇だったんですけどね...
1213-10Beach





必要な荷物はそれぞれが持って行きます。
1213-11Beach





やっぱ「持ってる」んすかね...
ビーチに着いたら晴れてきました。
このナニも足さなくていい美しさ、Priceless
1213-12Beach




来年も行くぞ!! → 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔