2010年12月18日

古宇利島でウニを食べよう (沖縄)

1218-1OK

沖縄にある古宇利島って知ってます?

フツー知らないですよね。
沖縄マニアには「今更寝ぼけたこと言ってるんじゃねー!」と
喝を入れられそうですが、2005年に沖縄本島と橋でつながった
ウニで有名な離島です。



美ら海水族館があるあたりの今帰仁村から
目の前に見える島なんだけど、車ではいったん
58号まで戻り奥武島⇒屋我地島⇒古宇利島と
かーーーーなり迂回しないと辿り着けない
観光客泣かせの場所なんです。





ただね、行く価値はあるよ。
先述の通り、北海道のウニとはまた違った
甘さが魅力のシラヒゲウニが食べられるし、
丘の上のカフェは絶景。ドライブという観点でも
古宇里大橋を走り抜ける時の爽快さは、
日本トップクラス。レインボーブリッジとは
真逆の魅力だけど、快感レベルは同じくらい。
1218-4OK



*都内在住者だと「レインボー? たいしたことねーじゃん」って
思う人も多いと思いますが、最初の頃の感動を思い出して!
そこと同レベルっす。



で、何でこんな方まで行くことになったかって言うと、
座間味の自然の酔いが、まだ残ってたボクには、
沖縄本島のメジャーなビーチ(万座とか読谷村とかね)
くらいの美しさでは、全く感じない不感症になっちゃって
たんですよ。

「くぉの、贅沢モノが!!」って感じですがww



それと、この日以外はバイク移動だったので、
ちょっとバイクじゃ面倒だな...って場所まで、
足を伸ばしてみたかったんでね。
とは言っても、美ら海水族館は何度も来ているし、
「オモレー場所なんか無い? 海と山でそれぞれ
ひとつづつ!」と那覇在住の友人に無茶ブリして
みたワケなんです。
1218-8OK




かなりいきあたりばったりだたんだけど、この
ルーズさがうまくあたって、ふくぎ並木が有名な「備瀬
の集落を散策して次に泊まりたい古民家宿を発掘したり、
瀬底島のリゾート開発(開発会社倒産で放置のまま。
別会社が再開)に憤りを感じたり、古宇利島では、
”みょうばんの入ってない”ウニに出逢えたり、
やっけにネイチャーな山カフェでくつろいだり、
世界遺産の今帰仁城跡にも日没前に間に合いました。
1218-2OK



1218-3OK



1218-7OK



1218-9OK






獲れたてのウニが食べられるパーラーとDEEPなネイチャーカフェは
別途詳しく書く予定なので、とりあえず今日のお店紹介は、古宇利島の
丘の上にある絶景レストランを。
1218-5OK


むらの茶屋
0980-56-5773
沖縄県今帰仁村古宇利1087

センスもいいし、小奇麗なレストランです。
ただ、ウニ丼はパンチがいまひとつで
不完全燃焼。ここではビールか
お茶&スイーツのみでいいかと。
絶景カフェだと近くの「Cafe フクルビ」もヨサゲ。
1218-6OK





食事は海沿いにある掘っ立て小屋のような
パーラーを攻めましょう。ここでは、ディープな
食材が安価に食べること出来るんで。 → 人気ブログランキングへ


************


これが瀬底島、パネー綺麗さにテンション アガりまくり。
この辺まで来ると、海も相当ヤバイです。
1218-10OK





さっき書いてた「備瀬」の集落のあたりね。
時間が止まってます、この辺。師走の今、
この時間を思い出すと、ほんと羨ましくなる。
ま、かといって暇過ぎては生きていけないヒトですが。
1218-11OK





次は、ここのランチの予約をとってから訪れようっと。
1218-12OK




このあたりは、海へのアプローチがだいたいこんな感じ。
この木々の向こうに海って絵はヤバ過ぎませんかね?
1218-13OK





ビーチに出ると、目の前にコヤツが現れます。
1218-14OK





本部半島のドライブは、概ねこんな景色。
窓を開けてると、内地とは異なる蝉の合唱に
思わず異国を感じてしまう。
1218-15OK





古宇利島へのアプローチです、サイドの景色も半端ない。
1218-16OK



1218-17OK






ウニ丼を食べた「むらの茶屋」
1218-18OK





こんな感じの定食です、色んな付け合せが
出てきてくれるのは、とてもうれしい。
1218-19OK






茶屋から、下の道に降りていく途中の景色。
これだけでも、相当シビレれます。
1218-20OK





新年まであと2W、本格的にカウントダウン入りましたね→ 人気ブログランキングへ


kyah2004 at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)沖縄 2010 | 和食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔