2011年01月09日

ビストロ ル・シュマン (富良野)相性の問題!?

0108-1BS
札幌から、美瑛の日帰り旅行で、夜に押さえていたのが
ビストロ ル・シュマン (Bistro Le Chemin)
http://www.le-chemin.com/

札幌組からしても、富良野はAWAYの地なので、
あんまし美食情報は調べておらず、殆どアドリブに近い
勘だよりのセレクトでした。

そういった嗅覚はハズすことの少ないR字セレクトの
お店だったし、食べログでチェックしたら、そこそこ
スコアが高かったんで、まぁまぁ期待して向かったんです。


店内はウッディーな内装で、男臭い山小屋というよりは、
ちょっと垢抜けないけど明るめでかわいらしい印象。
テーブル間は広く取ってあり、暖炉兼調理具の
装備が存在感を放っていて、北海道らしさを感じます。
0108-2BS




料理に関しては、(確か)コースとは別オーダーの
キッシュはいい感じだったんすよね。ただ、肝心のコースに関しては、
自分らのリサーチの薄さを棚に上げて言うのは無責任なのですが、
ここに訪問した5人の友人ら満場一致で「素材はいいんだろうけど...」
と俯いてしまう展開に。
0108-3BS



値段が違うので、札幌のバエレンタルやル・ヴァンテールと
比較しちゃいけないのはわかってるけど、にしてもね・゚・(ノД`)
(でもランチの価格帯となら、そんなに変わらないゾーンよ。)


富良野産とうもろこしのスープは、やけに垢抜けない味付け・食感だし、
ローカル豚を使ったというメインのソテーも、火入れがキマってないのか、
肉自体に感動が無いし、ソースも料理とのマリアージュが、かなり
難解なものになってたんス。

ワインのオーダーも、正直会話になってなかったし、
出てきたものは、これまた皆が静まる展開に。
0108-4BS


というわけで、ボクらとはあまり相性が良くない
お店だったので、東京だったら基本スルーなんすけどね。
ただ、東京や札幌のビストロに慣れてる方が、わざわざ
富良野まで行って訪れるとするとボクら同様、過度な期待を
持っちゃうだろうと思うンで、食べログのカウンターとして
参考までに。


ビストロ ル・シュマン (Bistro Le Chemin)
0167-23-2004
北海道富良野市下御料
http://www.le-chemin.com/



a nuのディナーに久々に行ってきたんですが、
凄みありますゎ。こないだのランチもCPで
ビビったけど、夜はそれ以上に高い満足感。 → 人気ブログランキングへ



*************


ディナーは2850円から。ランチの冒険(牛刺し身丼)と
容赦ないスイーツのダメージで、スープとメインでいいなと
この“ビストロ”ってコースを選んだ記憶アリ。
0108-10BS





スープだけだと少しさみしので、前菜を食べていない
ヤロー達で、キッシュを食べてみました。コヤツは中々。
0108-11BS





誰かがオーダーしていた前菜の3種盛り合わせ。
ちょっとだけつまんだんだんですが「・・・・」。

いつもはネガティブなことを絶対言わないタカちゃんも
「前菜でだいたいその店の期待値決まるよね…」と。
一同ただただ静かに顎を引くのみ。
0108-12BS





さっきも書いたんで、あんま言うのはアレですが、
どうやったら、素材の魅力をこんなにも…無念(・ε・)ムー
0108-13BS






メインの豚さんは、北海道(赤井川)産のモノ。

ということらしいんだけど、火入れのせいか、塩加減か
肉だけで食べても特に刺さるものはなく…
でも、ソースが美味しければそっちに乗っかることができるぜ!って
気を取り直すも、少なくともボクラのテーブルで、このマリアージュを
理解できたヤツは皆無。かつ味が濃すぎるから逃げ道ナシと四面楚歌。
0108-14BS




デザートはこんな感じ。
ここまでの展開をくつがえすような
ミラクルは起きませんでしたな‥
0108-15BS



北海道ローカル組は、札幌があれだけレベル高いのに…と
無念そうな様子。「ま、たまたまなんで次回よろしくね」と。

今年は、機会があれば富良野プリンスに泊まりたいと
思ってるので、美味しい富良野情報あったら是非教えてください。
フレンチとかこだわりないので、なんでもOKッス。
0108-16BS



eye-fi買いました。確かに楽だな、コレ。→ 人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by げん   2011年01月14日 21:16
「素材はいいんだろうけど...」僕も全く同じ感想でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔