2011年01月12日

Beach Rock Village (沖縄)ワンパクに生きよう

0102-1BRV

今帰仁の丘の上、原生林の中に突如あらわれる「Beach Rock Village


元は、”自由人 高橋歩”さんの立ち上げたネイチャービレッジで、
ゲストは、大自然の中で宿泊はもちろん、様々なアクティビティに
参加できるし、ボクらみたいにカフェ利用だって、勿論可能だ。
0102-2BRV





とにかく、このロケーションの凄さと、独特の世界観に
最初は圧倒されるので、カフェのメニューとかあんまし
頭に入ってこないんだけどw、これがね 意外にヤるんです。
0102-4BRV


『自家栽培の野菜や果物を中心に、地元の新鮮な素材をふんだんに
使ったカフェ&バーもビレッジの自慢のひとつです。 ビレッジ内には、
ツリーハウスカフェ、テントバー、オープンテラス、ソファーラウンジなど、
いろいろなタイプの空間がありますので、お好きな場所でお楽しみください』


サイトにも ↑ こーやって記載されてる通り、素材にこだわったメニューで、
パッションフルーツと地元の牛乳使ったドリンク(確かそんな感じ)を
飲んだんだけど、コレが抜群に旨かったんだよね。沖縄の海カフェは、
わりと有名だけど、山カフェも違った趣で刺さります。


特にトムソーヤ気分のツリーテラスカフェ(TOPの写真)なんて、
ガキの頃に近くの林に”秘密基地”を作った経験があるメンズには、
垂涎のステージだよ。しかも、ここだと遠くに海も見れるしね。
0102-3BRV



行くまでのアプローチとか、かんなりディープでオモロいし、
今帰仁方面行ったら、「美ら海水族館」だけじゃなくて、
ちょっと足を伸ばすことをおすすめしますよ、心から。
0102-5BRV




今まで、直帰してた自分を反省しましたw


Beach Rock Village[ビーチロックビレッジ]
 0980-56-1126
沖縄県国頭郡今帰仁村謝名1331
Cafe time 12:00〜18:00
http://www.shimapro.com/cafe/index.html




賛否両論のイカロですが、ボクはアリだと思います。
昔のフェア・ドマを彷彿させる感じ。 → 人気ブログランキングへ



**************


HP見てても迷うよ、ココ。
iPhoneに任せてみたらどんでも
ないとこ指してるしさ。ある意味、
こっからサバイバル。
0102-10BRV





「来たいヤツだけ来ればいいさ」的な
一種独特の世界観を醸しだしているけど、
“空気を読んでばかりの時代”これくらいの
エッジが無いとオモロくないっすw
0102-11BRV





いったい、どこにカフェがあるのかな??と思ったら、
下の方にそれらしき空間を発見。
0102-12BRV





テントタイプのBARが台風でぶっ飛んだばかりという
ことでしたが、それでも敷地内には、色んなタイプの
カフェゾーンが点在しています。
(真ん中の丸いとこが元々テントのあった場所)
0102-14BRV





ここはソファータイプのシートもある
いかにも森カフェ的な場所です。
靴を抜いてリラッくま
0102-13BRV





ソファーゾーンの屋根にも登れるんです。
そっからの景色がコレ。
写真右下のトムソーヤゾーンに
うずうずしてきました。
0102-15BRV






料理やドリンクは、この滑車を使ってあげるんですね。
うは、超萌えるんスけど、この演出。
0102-16BRV





人間は、もちろんテメーの足を使って登ります。
0102-17BRV





上からの景色は、さっきのソファーゾーンとは
ことなり、マウントカフェの本領を発揮。
0102-18BRV






海が見えるって、どうしてこんなにも気持ちがいいんでしょうか。
0102-19BRV





海の視界の端には、この“危険ッス”な秘密基地が
入ってきてまたワクワク。東京とは違ったアプローチで
五感を刺激するワンダーランド。お子さんのいる家も
是非行ってみてください!こういう教育って大事だと思うんで。
0102-20BRV






子供もいないくせに、推察ぶっちゃってスミマセン(;´Д`)→ 人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔