2011年02月09日

Eye-Fi  ソーシャルメディア時代の必需品

0212-1カード


メシとか旅とか音とか、アナログなものに対する愛情が
めっぽう深いヲイラですが、デジイチ、Mac、PS3、スマホ...
といった先端デジタルツールへの好奇心も人並みに
持ってるヲイラです。


そんなボクが、今 離せなくなっちまったのが「Eye-Fi」。
Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G


これ、カメラのメモリーカードなんですけど、無線LANチップを
搭載しているので、いちいちカードリーダーとかで読み込まなくても、
家に帰ってカメラのスイッチをONにしたら、勝手にパソコンの指定
フォルダにデータを落としてくれるんです(同時にネット上の専用
ストレージにも自動でバックアップ)。


いくつか、このメモリーカードにもグレードがあるんだけど、
最上位モデルは、RAWデータも扱えるし、無線LANが
無い状態でもパソコンとカード間でデータ通信ができる
「アドホックモード」を持っている。この「アドホックモード」
があれば、写真を撮りまくる海外でも、無線LAN環境
なくたってデータをバックアップできるから、メッチャありがたい。




あと、今っぽい使い方でいうと、Eモバみたいな
ポケットwi-fiルーターを持っていれば、外でデジイチ
撮影したものを、その場でネット上にアップ出来ちゃうんス。




今、ボクがiPhoneからTwitterやFACEBOOKに、
綺麗な写真を投稿できるのは、この仕組みを使って
いるからで、ちょい面倒ですが一度このクオリティに
慣れると、後戻りはできないんですよね。

やー、ほんと買って良かった。
今年中に、もっとパワーアップするしね。
iPhone、Androidユーザは必須になるかも。 → 人気ブログランキングへ  










***************



なんで「必須」とまで言うかっていうと、iPhoneやAndroidとの
アドホックモードが、もうそろそろ提供されるみたいなんです。



これは、どーいうことかっていうと、今 さすがに、iPhone持って
ポケットwi-fiルータまで持ってるヒトって極レアじゃないっすか。
でも、デジイチとiPhoneの組合せで持ってるヒトなら、結構
裾野が広がるんじゃないかな。




このスマホとのアドホックモードが出来れば、デジイチで
撮った絵を、そのままiPhoneに保存できるので、そこから
メールを送るもよし、Twitterにアップするもよし、FACEBOOKで
使うもよしってワケなんです。


価格は安いのは、7000円で、高い降るスペックのは1.6万円
これが安いと感じるか、高いと感じるかは、その人の価値観というか、
利用スタイル次第。



ボクは、かなり刺さってマス。 → 人気ブログランキングへ  








kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)デジタル | カメラ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔