2011年02月15日

山本彩香 (沖縄)時間を越える琉球料理

0216-1YA




おそらく、東京で最も有名であろう
那覇の琉球料理店「山本彩香」





那覇の中心部からは少し離れていて、観光客には少々アクセス
悪いエリア(国際通りからタクで5分くらい)。しかも路地裏にひっそりと
佇んでいるときてるので初訪の方は迷子に気をつけて。
食いしん坊的には、そういったハードルが、”よーし、来たぜ!!”って
気分を盛上げてくれるので、むしろ萌える材料でもあるんだけど。
0216-6YA






数年ぶりに訪問したんだけど、変わってないね、料理。
沖縄の伝統をとても大事にされていて、手間暇かかった
優しい料理が続いていきます。今は、ランチのみの営業と
なっていて、おまかせのコースが5000円(忘れたけど、このあたり)。
0216-2YA





以前、夜のコースで出ていたものと、大きく構成は
変わっていない印象。”豆腐よう”や”どぅるわかしい”以外、
具体的な料理のディティールって、あんま覚えて
いなかったんだけど、口にいれた瞬間に、
「あ、コレ前のときも食べたヤツだ、相変わらず
美味しいなァ...」としみじみしてしまうのが凄い。

味の記憶が容易に時空を越えて蘇ってくるんです。

料理のパートナーは、これも変わらず「春雨」。
観光客向けの国際通りでは、なかなかお目に
かかれないだろう絶品の泡盛なんス。
0216-3YA




お店の内装は、少し変わってましたね。確か以前は、
ふすまを開けて出入りするといった艶やかな演出が
あったと思うんですが、今はオープンなフロアになっていて、
以前感じたディープさのようなものは無くなってしまっていた。
(多分、彩香さんのために、バリアフリーにしたんだと思うけど)

これも逆を言えば、はじめての人でもリラックスしやすい空間に
なったということなんで、未訪のヒトにも是非行ってみて欲しいですね。
琉球料理に対する感覚が、またひとつ変わると思うので。
0216-4YA


たまたまかもしれないけど、沖縄という昼間が主役の観光地で
ランチ営業になったせいか、平日はボクら以外のお客さんは
一組だけ。以前は、狙った日に予約するのが困難だったので、
その状況を知ってると、ちとさみしい。


琉球料理乃 山本彩香
098-868-3456
沖縄県那覇市久米1-16-13






ちなみに、前回はまりえと来たんですが、
泡盛で激酔いして、椅子から落ちそうなくらい
スイングな落ち方してたみたいです....
ホント、かたじけない 汗 → 人気ブログランキングへ






****************



ボクが泊まっているホテルは松山だったので、久米までは、
なんとか徒歩圏内。バイクを借りたお店もこのあたりだったので、
迷わずに辿り着けた(iPhoneの仕事が9割以上だけどw)。


旅先では、可能な限り自分の足で歩きながら
町の空気・距離感つかんでいく派なので、
普段の生活の5倍くらい歩きます。
0216-10YA





ちなみに、この日に台湾出張帰りのユッキーと合流。
東京から遠く離れた沖縄の地で、友人とコラボってのは
なかなか愉しい。しかも、最初から一緒に行ったわけでなく、
この日限りのセッションってのが、オトナ遊びっぽくて良くね?



ヤツも何度か「山本彩香」には訪問しているので、話は早い。
昔の感動体験に引き戻されてしまうので、テーブルの上では
過去と現在を行き来する、変なオッサン2人の奇行が繰り広げ
られているんだけど、当人たちは全く気づかない模様w

これが、豆腐よう一口目食べた時から始まっているんです。
0216-11YA





さ、こっから昔の自分の記事パクってきますょ( -д-)ノ

『琉球伝統料理には、何品かの前菜を漆器の盆に盛った東道盆(トゥンダーブン)
というものがある。手前の黒いのがミスダル。豚のロースを蒸したものに、
黒ごまのペーストをたっぷりのせたもの。』あとはゴーヤと田芋で作った甘いヤツ。
ほんとね、田芋って美味しいんスよ。沖縄来たら田芋の料理が目に入ったら
必ずオーダーするくらいボクの中では沖縄代表。
0216-12YA






なにやら椀がやってきましたね…
0216-13YA






お、コレは初めてか!?と思いきや、過去レポ見たら食べてました。
『ゆしどうふの上に、アーサー(海藻ね)と山芋を混ぜたものをのせて、
更に梅肉をもってアクセントを加えた汁物』....だそうですw
この味のやさしさは、京都の日本料理のような洗練された都会的な
アプローチとは違って、もっと心の奥のほうを弛緩させる類のモノなんすよね。

いやいや、にしても過去に書いたものがこんなに役に立つなんて。
0216-14YA






続いては、山本彩香で最も好きなメニュー。
どうやってレポろうかなと思ったら、前に
書いたのがそのまま使えるなと。

『田芋を茹でてつぶし、タームジ(ずいき:トトロの傘ね)や、豚、
カステラかまぼこ、グリーンピース、しいたけ、キクラゲなどを
ぐわんぐわん混ぜ合わせたもの。かつおだしが全てのベースに
なっていて、これまた実に優しいんだな。
モチモチ感も絶妙に気持ち良く、久しぶりに食べ終わるのが
心の底から嫌になる一皿でした。長編小説を読み終わりそうに
なると、なんか妙に寂しいじゃん、中盤過ぎるとあんな感じ。』

そんな感じw
0216-15YA






そうめんチャンプル。ひと休み的な。
0216-17YA





おっ、来た、白味噌のラフテー。
イルカってさ、全体的に人気だけど、その中でも
白イルカってなんか特別じゃん。あんな感じ。
0216-18YA






お、これは初めてだ!と思ったんですが、
この後、だし汁が出てきて記憶が蘇りました。
ただ、味までは思い出せなかったので、
もう一度最初の出逢いな気持ちから
愉しむことができました。
0216-19YA






『鰹の風味と、軽く振ってあるヒバーチの風味が
ハラっと広がる「トゥンファン」豚やカステラ
かまぼこの具が混ざった炊き込みご飯に、鰹の
だし汁をかけたもの。』しっかし前回グデングデンに
酔ってたらしいオレは、どこでこのメモを取ったのか?
今みたいにiPhoneに向かって喋ればいい世の中じゃなかったし。
0216-20YA






タピオカのデザート、甘さも控えめ。
0216-21YA






最後のお菓子は、お茶とのマリアージュが完璧でした。
0216-22YA






今年も沖縄に行ったら、時間作って必ず寄りたいと思います。
0216-23YA






東京にしょっちゅう来ている山本彩香さんなので、
お店が行く時期に空いてるかどうかが心配w → 人気ブログランキングへ


kyah2004 at 23:52│Comments(1)TrackBack(0)沖縄 2010 | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Aic   2012年09月10日 01:34
2012年8月中旬に山本彩香さんのお店を訪ねました。
本当に美味しかったです。
彩香さんはお店を本当に閉められるとのことでした。
11月から後を継いだ方が琉球料理「琉音」という名前で回転させるとご挨拶に見えました。
9月になってお店の前を通ると、お店は閉まっており既に看板は琉琉球料理 琉音に代わっていました。

彩香さんは新しい事を始めると仰っていました。
もずくを使って癌を防ぐ為のお料理を研究されるとか . . .

老婆心より

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔