2011年05月06日

鮨の魚政 (札幌)朝の定番

0505-1UOMASA



先日、4月の札幌食べ歩きダイジェストでも書きましたが、
札幌入りしてまず行きたくなるのがコチラ『鮨の魚政』。

観光客向けの、なんとか市場とやらでも●●丼みたいのは
食べられますが、ローカルの食いしん坊や食のプロからは
極めて評判が悪く、あそこ行ったとかポロっと言ったら
軽くディスられちゃいますw

一方、逆に株をあげられるのがコチラ『魚政』。
回転寿司クラスの価格帯でありながら、大将の
仕事がじっくり愉しめるお鮨屋さんです。

同じ、丸果ビルに入っている鮨屋とは、
ブッチャケ段違いのクオリティなんで、
なんとか営業時間に滑り込めるよう
エアーの予約時には注意を払ってます。


前回訪問時は、大将が足を怪我しててCLOSEだったので
久しぶりの入店。北海道らしい握りからはじめちゃいます。
0505-2UOMASA





ボタンエビとか、朝から頬ばっちゃうのってシ・ア・ワ・セ
0505-3UOMASA





あわびも300円くらいだったと思われ。
0505-4UOMASA



鮨の魚政
011-644-9914
北海道札幌市中央区北十二条西20丁目1-20 丸果ビル


築地の場内以上のクオリティを
行列なしで楽しめます!
札幌おそるべし→人気ブログランキングへ




**********************


この海藻の味噌汁が、朝から高まりっぱなしだった
テンションを、静かに解きほぐしてくれるんです。
だいたい前のめりになってるんで、ワンテンポ
遅らせるようなパスが効果的。
0505-5UOMASA





ヒカリモノを挟みつつ…
0505-6UOMASA





サーモンは炙りで。
この香ばしさ、歯ごたえ、タマリマセン。
0505-7UOMASA




赤貝もあったので、そろそろ締に向かいましょうか。
0505-8UOMASA





「おすすめ、なんかありませんか?」と
観光客モード全開で聞いてみる。したら
鯨のベーコンどうだい、と。正直、隣の
ひ●り寿司では、イマイチな感じだったので
一瞬躊躇したんですが、ランチは蕎麦だって
ことを思い出し、チャレンジしてみることに。

ところが、これが大正解。歯ごたえもやわらかく
胡椒のアクセントが見事にキマる。魚というか
肉を食べてるような錯覚におちいる。決して
キワものって感じじゃなく、ストレートにうまい。
0505-9UOMASA




最後は、ソイだっけな?
札幌来ると、ワリと良く出てくる魚。
東京であまり聞かないのは、流通量が
少ないからか、鮮度のキープが難しいからか?
0505-10UOMASA





散々食べて3000円以下。この満足感は半端ナシ。
0505-11UOMASA



さて、今度は誰か朝起こして付き合わせようかなw
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








kyah2004 at 20:56│Comments(0)TrackBack(0)札幌 201104 | 和食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔