2011年05月15日

ワルメンシェフのサロンへGO! (表参道)ADONIS TABLE

0516-1WS


最近は、TVなどでも露出されてますよね、“ワルメンシェフ"。
そのネーミングや、ハードなルックスからして、まんまおっかねー
ヒトかと思っていたんですよ、拳杉シェフ。

友人のかつを社長の『ハロコレ』という番組の時に、はじめて
拳杉シェフ本人にお会いしたんですが、これが思いがけず
いいヒトだったんですッ(*゚∀゚)っ


調子に乗ったヲレは、「今度 遊びに行きます!」というセリフを残し
その日は別れたんですが、このセリフ社交辞令用だけじゃないんすヨw 

ヤル気モードのヲイラは、数日後、震災直後にも関わらず、
ひとけの無い骨董通りを、ワルメンシェフのサロンに向かって
歩いておりました。


タテルヨシノで修行されてたシェフの料理は、当然ですが
美味で華やか。調理場との距離が近く、一緒におしゃべり
しながら、時間を過ごしているせいですかね。ほんと、
美味しかったなァ…
0516-2WS






目の前で料理をするシェフ、テーブル席の我々は
シェフを置いて酔っ払ってしまうんで、途中で
チト申し訳なく思うこともあるんですが…
0516-5WS






そんな思いも、目の前で美味しそうに仕上がっていく
料理を見てると、すぐに忘れてハシャイでしまってましたw
0516-4WS





普段、こちらのサロン「ADONIS TABLE」では、
料理教室や、テーブルコーディネイトなどを
行っているみたいですね。Partyも結構やってる
らしいので、興味あるヒトはそのあたりから
入ってみるのがいいかもですね。
0516-3WS





この日のようにプレイベートレストラン使いも
出来るので、知っておくとナニかと使えますよ(。・ω・)ノ゙
0516-6WS


ADONIS TABLE
03-6427-3728
http://adonistable.com/



そろそろビーチでが美味しい
季節がやってきましたね。
今日の夕陽もいい色でした。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







************************

この日はリースリングから。
ミネラル感強めの白が飲みたくて
リクエストしたら、こちらを
セレクトしてもらいました。
0516-7WS




前菜は、まずラングスティーヌから。
マンゴーのソースが見事にマッチング。
歯ごたえ、風味ともに抜群で、満足度高し!
0516-8WS





続いて、アボカドやサーモンのタルタル。
これも色んな味を使っていて、普段家で
作るようなシンプルな味わいではありません。
複雑で奥行きのある味わいは、レストラン
ならではのもの。それをこの自分たちだけの
貸切空間で、リラックスしながら愉しめるのは
思っている以上に贅沢っす。
0516-9WS





プライベートレストランのテーブル席からだと、
こんな目線。シェフと境界がない空間ってのは
中々新鮮でオモシロい。普段の仲間たちとの
フェスタともまた違った、独特の感覚。
0516-10WS




料理の間に、熟成しまくった癖のある
ハモン・セラーノなんかも齧りつつ。
0516-11WS





ワイン担当の由美子さん、後半戦に向けて
新しいワインを抜栓してくれてます。
0516-12WS






パスタは、シンプルなクリームパスタ。
0516-13WS






メインは和牛。素材を見てるだけで
アガってきますよ。
0516-14WS





肉の火入れはホント素晴らしく、しみじみ美味しい。
ガルニの野菜の味わいも、それぞれが見事に素材の
魅力を引き出していて、肉とのバランスが秀逸。
緑のソースはなんだったっけな?ちと苦味が
効いていて、肉の脂を引き締めてくれる。
0516-15WS





食後のデセールまで、バランスが良く
おいしい料理が続く。レストラン以上に
リラックス出来るプライベート空間、
コレって癖になるとヤバいっすねw
0516-16WS




プライベートダイニングって言っても、
とてもアットホームな雰囲気なので、
また15分くらい、ヤッちゃいました('A`)
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔