2011年06月05日

ル ヴァンテール (札幌)北海道のプライド

0603-0LV
札幌自体、ヘビロテなオレですが、その札幌にあっても、
かなりの確立で訪問しているフレンチが「ル ヴァンテール(LE VENTER)」

もっと行ってる気もするけど、今 見つけた過去レポはこちら。
2010年6月  2010年2月  2009年8月  2009年8月  



毎回言ってますが、札幌のフレンチレベルはメチャ高く、
ビストロ、ワインバー、老舗のレストランから、グランドメゾンと
選択肢も幅広く、東京と比べれて恐ろしいほどリーズナブル。
0603-2LV



観光客に人気なのは、東京でも馴染みのある名店。
ひらまつ系のバエレンタルや、コートドールといった
一軒家のグランドメゾンは、多くの観光客が訪れています。
こちらは2店とも札幌中心部から少し離れた円山に位置していて、
札幌にあまり行ったことないヒトなら、食後に円山公園を散策するのとか
メッチャおすすめ。ある意味理想系のデートだよ、教科書に載るレベル。
0603-5LV





でもね、すすきののど真ん中でだって、北海道らしい
抜群のフレンチが愉しめるんすよ。その筆頭がこちら「ル ヴァンテール」。
0603-3LV





食いしん坊の旅行者的には、地方に行ったら、
その地方の色を出来るだけ感じたいじゃないですか。
そういうモードだと、バエレンタルは、ちと洗練され過ぎて
一瞬東京にいるのかと勘違いしちゃいます。なんつーか、
しなやかにリングを舞うカウンターパンチャーみたいな
(窓から見える緑とか演出はならではですけど)。


一方、ヴァンテールは、足は使わずに一気に懐に
潜り込んでくる「幕之内一歩」みたいなスタイル。
ハマるとデンプシーロールが炸裂しちゃうんで、
流れに巻き込まれたら、逃げ道ありません。
フルボッコになって、お店を後にすることになります。
今回が、まさにソレ。今までの中で一番キマったかも。
0603-4LV




人を、フルボッコにしておきながら、涼しげな顔で
フロマージュをすすめてきますw どんなに腹一杯でも
逃げられません、快楽の罠って恐ろしい…
0603-6LV





ル・ヴァンテール(LE VENTER)
札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
011-232-2022
http://www.bistroventer.com/




次回も寄らせていただきます。
季節ごとに表情変わるのも愉しいし、
毎回、お店の細部が進化していくのも
面白い。定点観測しておかないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ









*********************


シャンパーニュは、いつもと同様にルイ・ロデレール。
気品溢れるこの香りは、ハレの舞台にふさわしい。
0603-10LV




オーナーのマサさん、彼のこだわりが端々に
光っていて、ビジネスの領域を超えちまってないか?
と心配になるようなクオリティ。食材しかり、カトラリーしかり。
0603-11LV




まずは、アミューズから。
ホタルイカのマリネ ブロッコリーなどを
あえたチーズ系のソースとともに。
グージェール、右下は子羊のもも肉のマリネ。

どれも抜群に泡に合います。子羊の腿肉をこうして
食べるのは新鮮なんですけど。ホタルイカも仕事が
されたことで、更に違う魅力をみせてくれています。
0603-12LV




続いては白ワイン。
0603-13LV





あ、あのワインはこのために存在したのね…

まだ、アミューズ2皿目なんですが、いきなりクライマックスの
第一波がやってきました。歯舞のズワイガニを使ったタルタルに、
カリフラワーのムースを加え、上には甲殻類のダシたっぷりの
ジュレが…これはさ、もう感想聞きたくないっしょ?
オレ、生きてて良かった、とかマジメに思ったモン(((( ;゚д゚)))
0603-14LV






ハイ、続いてもまたクライマックスがw
どんだけクライマックスシリーズなの??ってくらい
今回のヴァンテールは刺さりまくりました。

来ちゃいましたよ、桜鱒のミルフィーユ仕立て。
中にはサワークリームと山芋が!! そのうえに
キャビアが行列を作っています。手前は春らしく
菜の花のピュレ、その左にはレモンのピュレも。
ガルニがまた洒落ていて、ハッサクと大根という組み合わせ。

桜鱒の脂が痺れまくりってのは、容易に想像が
つくと思いますが、山芋もメッチャいい仕事してんのよ。
ちょっと脂が重く感じたら、菜の花のピュレがしっかり
バランスとってくれます。更に秀逸なのがガルニのハッサク。
見事にリセットかけてくれるんだよね。これが無かったら
途中でちょっと重さが気になるかもなんだけど、おかげで
最後まで息継ぎすることなく走り抜けてしまいました。
0603-15LV





パンも美味。
0603-16LV





当然のクリストフル。
0603-17LV





店内は明るいタッチのモダンなトーンで統一されている。
クラシックなお店にありがちな威圧感は無いので、結構
若い人でも入りやすいと思うよ。
0603-18LV






そうこうしてるうちに、お魚料理がやってきました。
初めて聞きました、鹿児島の「鷹の羽鯛」。
これををグリルしてます、磯の香りが特長的。
0603-19LV





ソースはバルサミコと香草のソースの2種類で。
ガルニは菜の花と紅芯大根。オレ好みの苦味系なアクセント。
0603-20LV





グラニテも、全く手を抜きませんね…
おかげで、意識を飛ばす隙がありません。
(つか、来る前に3時間くらい昼寝してたしw)
0603-21LV







ここでも、またルイ・ロデレールが。
贅沢ぅウウウ('▽'*)ニパッ♪
0603-22LV








さて、最後に向かって赤行きますか。
0603-24LV





こちらは、3歳の牝鹿です。右側がロース、
左側がヒレ肉だそうで。ソースは赤ワインと
黒胡椒のソースポワブラード。スパイシーな
ソースで、肉の魅力が引き立ちます。
スプーンの上には、口直しでハスカップが。
ガルニにはリンゴのソテーのほか、ごぼうと
人参のあいのこみたいなパスニップなるものも。
0603-25LV





これも、相当美味しかったなァ…火入れも抜群。
最近小食なオレは、メインの頃にキャパオーバーに
なりがちなんだけど、この日のポーションは、
ほんとピッタリで、肉を食べ終った瞬間に、
「もう、食えンわ…」と溜息が漏れました。
0603-26LV





フロマージュも、しっかり揃えてます。
わずか30席のレストランで、妥協無く
揃えているのも素敵です。オーナーの
マサさんの美学ですな。
0603-27LV




0603-28LV






お腹に余裕あれば、もうちょい盛りたかった
ところですが、相当ヘロ酔いだし、このくらいで
勘弁してくださいとww
0603-29LV






やー、でもデセールは見事に別腹ですよ、オレは。
苺のシャーベットの上に、サバラン、更に挟みこむように
上にはヨーグルトのシャーベット。こう書くと「ふーん」
って反応が予想されるんだけど、これまで食べたデセール
の中でも、かなり印象に残る逸品だったよ。大好きな
サバランがこんな風に化けるとは…みたいな。
前に食べた蜂蜜のソルベにシャンパーニュを合わせた
アレ
に肉薄するくらいのパンチ力持ってました。
0603-30LV





食後のコーヒーも、ちょっとコレ遊びすぎでしょ…
一脚10万円は軽くオーバーしてきそうな、強者が出てきました。
こういう美しいものを見てると、ほんと幸せになりますね。
最後までワンダーランドな、今宵のヴァンテールでございました。
マサさん、ジローシェフ、サービスの皆さま、本当にありがとうございました。
0603-31LV





ちなみに、これでサービス料ナシですから。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





ル・ヴァンテール フレンチ / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅
夜総合点★★★★★ 5.0
昼総合点★★★★ 4.5





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by むむむっ   2011年06月05日 23:45
以前と比べて写真がノイジーですが、もしかしてカメラ変えました? コンパクト?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔