2011年06月19日

うしごろ (西麻布)死角なき焼肉店

0619-1UG

西麻布に震災後OPENした焼肉屋 「うしごろ

ココ、かなりキてますね。
勢いの良さを感じます。


肉の質、展開力。サイドメニューのクオリティ。
インテリア(個室も充実)、サービス(ビジュアル、スキル)。
そして、なにより体感より全然高くないのが(・∀・)イイ!!
無茶な攻め方しなければ、キチンと1万円くぐるからね。
0619-3UG




赤坂の「みすじ」に行こうって話になったら、
その前に「うしごろ」電話しそう。
それくらい好きになりましたね、オレは。


焼肉業界のことは、全くわからないんだけど、
それでも感じるマーケティング力の高さ。
まだまだ、勉強中というスタッフの皆さん、
ここがスタート地点だとしたら、これから
どこまでイっちゃうんすかね。
0619-2UG





よろにく」に行ってからというもの、ストーリー性のある
焼肉に目覚め、展開力って大事だなーって、しみじみ
思うようになりました。


逆に言うと、フツーの焼肉屋さんって、たいがい客任せじゃ
ないですか。なンで、スキル無い自分らだけで行くと、
理想の展開が作れず、肩を落として帰ること多いんスよ。
(肉は美味しくても、流れが今イチとか)
0619-4UG




というのも、肉聖と一緒に行けば、どんな焼肉屋でも
その店の楽しみ方を彼らが引き出してくれるんです。
(もちろん一定レベルは超えているトコですが)

でも、哀しいことに、自分ではゲーム展開作れないんで、
そのレベルに達することが出来ないのよね。
なので、信頼できるお店ならコースで
お任せすることが多いです、最近は。
0619-5UG
(シズルなこやつは、ザブトンのすき焼きです)




多分、ビストロやトラットリアも一緒で、
昔、ナニをどう頼んだらいい流れになるか
なんて全然わからなかった頃と、ある程度
リテラシー高まってからだと、全くお店に
対する見方や楽しみ方も変わるじゃない?

「とにかく食い放題」
「メジャーな部位をとりあえず頼んでみる」
「韓国ではさみでカットされた肉を喜ぶ」
    :
    :
「(よくわかんないから)とりあえずコース」 ←イマココ
「その日の気分で流れでアラカルトを」

いつか、一人前の焼肉リテラシーを持って、
的確なタイミングでスープを入れられる
流れを作れるようになりたいです。

その前に、このお店サイドがうまそう...とか、そーいうの
見抜けるようになるのも、大事なスキルのひとつかと。
0619-8UG
(テグタンスープめっちゃ、ウメーし。全然苦手な辛さじゃない)



ついつい、大技のザブトンのすき焼きとかに目がいきますが、
オーソドックスな厚切ハラミも安定感ある美味しさ。
0619-6UG




ホルモンも脇役ではあるものの、単なるエキストラ
という感じではなく、きちんとキャラ立ちしていて、
充分単体で勝負できる。しっかり個性を楽しめるよう
施されている仕事具合がいい感じなんでしょう。
0619-7UG




ビビン麺や自家製冷麺など、飛ばしがちになる〆モノも
ここではスルーしない方がいいですね。シェアでも
いいので、一口は食べてみるべし。次に繋がると思うので。
0619-10UG




こちらは、ダイニングエリアからも覗ける厨房の様子。
洒落た店内とはまた違った、肉に対する信頼度が高まる絵ですね。
0619-9UG





デザートが美味しいのも、西麻布の焼肉店らしい。
濃厚でいて、トロンと滑らかな絶品プリン。
これも、ザブトンのすき焼きと同じ愛知県
三栄鶏卵を使っている。

にしても食べ過ぎた〜w 
0619-45UG


焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/


食後にBAR行きたかったんだけど、お腹が
苦しすぎてリタイアしちゃいました、無念。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








*********************

西麻布の交差点から徒歩一分。
途中、やけに丁寧な焼肉の客引きに
声をかけられたんだけど、なんと
こちらの「うしごろ」スタッフでした。

一方、店内に入るとブラウンとホワイトで
構成された洒落た内装。その一角に
スイーツ番長ワルメンシェフなどの
やけに濃いオーラが漂っています。



明るいブラウンの爽やかなテーブルは、
女子のウケもよさそうですね。なにより
嬉しいのは、いつも置き場所に困る焼き用の
トングが、キチンと鞘に収められていること。
こういう気遣いにマーケティング力の高さが滲んでいます。
0619-11UG




乾杯はシードルのグラスで。最近、シードル大好きなので、
美味しいヤツが焼肉屋で飲めるのは嬉しい。
0619-12UG




ちなみに、スイーツ番長やワルメンさんも
コワモテでエラい酒強そうですが、あんま
飲めないんですよね、そゆとこも親近感。
0619-13UG





キムチの盛合せ、どれも鋭角さを控えたアプローチ。
このあたりのタッチでこれからの期待が高まっていく。
0619-14UG





そうこうしてるうちにレバ刺し登場。
手堅く美味しい。こんなトコで外す店じゃない。
そういうのはキムチの段階で伝わってきてたけど。
0619-15UG





ナムルはグルグルかき混ぜていただきます
0619-16UG





おー、ユッケ
キタ――(゚∀゚)――!!

弾力感たっぷりで濃厚な愛知県
三栄鶏卵が上にのっています。
ダイエット中のオレじゃなかったら、
このまま白米のご飯2杯はいけますね。
0619-17UG





ミーハーですが、焼肉屋の握り大好き
なんですよね。トモサンカクだったっけな?
ワサビ醤油でいただきます。
0619-18UG





生の泡マッコリ、もちろんテーブルで
シェアですが、確実にオレは昇天コースですな。
0619-19UG






キムチも尖ってなくて、深くてタイプ。
0619-21UG






看板メニューのひとつ「極みのタン」
タンの中でも上質な部分を選び(多分、タン元)、
シェフがしっかりとマリネして下味をつけたもの。
0619-22UG





一見、軟弱そうなヤツに見えますが、歯ごたえや
味わいの強さは、第一印象を思いっきりひっくり返す
サプライズの塊ですね。これならワインにも合うな。
0619-23UG






ここいらで、ホルモンが挟まれてきました。
上ミノ、白センマイ、ノドシビレ。
0619-24UG



ノドシビレは、塩バターで仕上げていて
トリュフ塩でいただきます。ある意味白子みたい。
あんま重たくないので、後半戦までダレることなく
戦えます。







フルーツトマトは雪塩で。いい箸休め。
さりげに書いてるけど、メッチャうまいよ。
0619-26UG






牛テールと野菜が満載のテグタンスープ、
辛いのが苦手なオレでも全然すすむ。
というか、辛かったんだっけ??
0619-27UG





コラーゲンたっぷりのコムタンスープ。
いかしてます...味はご自身でお確かめを。
地味な外見に騙されちゃいけません。
0619-28UG





さて、小休止したところで、ヤツがきましたよ。
これまた、こちらのスペシャリテといっていいでしょう。
タイムリーにFBあげてた時も、反応がピカイチだった
ザブトンのすき焼き、いよいよ降臨です。
0619-29UG





卵が、各々に配られると、テーブル上の
緊張感が、程良いレベルにアガり出す。
0619-30UG



このあたりは、焼きがスキル必要なので、
ボクは素直に焼いてもらいます。基本、
自分で焼くよか、信頼できるお店なら
スタッフに任せたいというスタンスだし。

さて、オレのザブトンもピッチに立ちましたよ。
ガンバレ、全力で焼かれてくれ ((o(´∀`)o))ワクワク
0619-33UG






もう好きにして...って瞬間です 
(´Д⊂ モウダメポ 
0619-34UG






うでサンカクかな? このあたりから
酔っ払って、部位が良くわかりませんw
0619-34UG






特選厚切ハラミ、わりと霜入った肉に
挟まれてたんので、いいアクセントだったナ。
0619-35UG




ミスジですね、ここでも米もらってたっけな?
0619-36UG




リブロースいっちゃったんだっけ?
0619-37UG




愛しき焼き姿
0619-38UG





肉は、このあたりで終了(ハライパーイ
0619-39UG





特製うしごろカレー、もちろん
この辺はみんなでシェアしてます。
えーっと、これだけ食べたくなるとき
たまにあるかもしれません。席が
あったら、入れてください m(_ _)m
0619-40UG





冷麺もかなりスッキリ、スープが
リセットかけてくれます。
0619-41UG





プリンと杏仁豆腐。杏仁豆腐はワリと
普通なので、余裕があるならプリンを
セレクトされるのがいいんじゃないかと。
0619-42UG





もしくは、塩アイスじゃないですかね。
つか、焼肉屋まで塩スイーツは進出してるんですね。
0619-44UG






さっぱり甘めに締めたいヒトには、
マンゴーシャーベットという選択肢も。
0619-43UG







やー、ほんと満足でした。
最近は、焼肉屋自分で開拓せずに
ヒトに付いてってバッカリですが、
信頼できる筋からのおすすめは、
ハズしませんね。デート焼肉なら
「うしごろ」か「よろにく」へ。

そのくらいテッパンですよ、ココ!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 23:00│Comments(0) | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔