2011年06月26日

カフェ ドゥ モロッコ (軽井沢)香辛料のMagic

0626-1CDM

軽井沢の中心部からはだいぶ離れた
林の中にひっそりと佇むモロッコ料理店、
『カフェ ドゥ モロッコ 』


今回の軽井沢旅行のハイライトだったといっても
自分的には過言じゃありません。中心部から
離れているというのは、決して大げさじゃなく
信濃追分の更に先なので、軽井沢と小諸の
中間と言ったほうが正しいかもしれない。
0626-6CDM





細い道をクネクネ登った林の中というロケーションなので、
カーナビ頼りじゃ辿りつけないらしく、お店には「迷いました...」
コールがよくかかってくるとのこと。ボクラは、タクシーで向かったので、
「もう一回行け」と言われても、自力じゃ辿りつけない自信満々ですw


そんな自然のど真ん中のレストランなので、テラス席の開放感は
かなり魅力。外の席は、ざっくり15席くらいかな...もちろん窓は
閉まるので、寒い中凍えながらご飯を食べるなんてことはありません。
0626-2CDM





一方、モロッコなアイテムに囲まれた雰囲気ある室内は10席。
小物を販売されているコーナーが併設されているので、
ついつい手にとって、お土産にしちゃいます。でも、ここのは
ホント可愛いので、酔に任せて買っちゃっても後悔なし。
0626-5CDM





さて、料理の方はというと、”パンチ力あるエスニックです”って
リキ入ってる感じじゃなく、日常的に食べられるような優しい
アプローチ。香辛料による味の奥行きが深く余韻が無い。
本場モロッコに行ったこともないオレがいうのもなんですが、
現地でも、こういう味の方が支持されているんじゃないのかな?
0626-3CDM




香辛料使いといえば、オスマン帝国。トルコが本場中の本場ですが、
日本のイメージだと、なんか香辛料使い過ぎで、やけに味が濃い
イメージないですか?

でも、実際にトルコ行くと、決して香辛料でベタベタって感じじゃなく、
むしろファーストアタックは抑えめにして、後からジワーっと体に
広がっていくという料理のほうが多かったんですよね。正直、
トルコ行くまで、そこまで香辛料のこと愛情注いでなかったんだけど、
今ではリスペクトしてますね、そんくらい深い体験でした、オレにとって。


で、こちらのアプローチも後者。素材の特長を香辛料が
うまく引き出したり隠したりしながら、独特のバランスを
とっているんですよね。その感覚が繊細なので、たとえば
ソースひとつとっても、やけにヨーグルトが立ってたりとか、
ハリッサ・ソース(サラサみたいなヤツ)が強過ぎたりとか
そういう違和感が無いんですよ。


タジンの肉も癒しの味わいでヤバかった。フォークだけで
ほぐれる羊を、これまた優しい野菜がバランスとってくるんですゎ。
0626-4CDM





インテリアも細部まで目が届いていて、オーナーの
世界観が店を出るまで崩されることはない。
モロッコがホント大好きなんだな…というのが、
自然と伝わってくる。押し付けじゃなくね。
0626-7CDM



カフェ・ドゥ・モロッコ
0267-32-2327
長野県北佐久郡御代田町塩野3247-13



次回はランチで訪れたい。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ







*******************



こちらが、お店の外観。
周りにゃなんもありません。
別荘地の脇道をクネクネ入ってきたら
着いたけど、いったいココどこ?
iPhoneの地図立ち上げたけど、あやしげ。
0626-10CDM





窓が付いてる方のテラス席。ボクラが
訪れた時も、こちらに3,4組のお客さんが。
0626-11CDM





人数が多めのボクラは、店内のこのコーナー席へ。
0626-12CDM





カトラリーやナプキンなど、いちいちカワイイ。
0626-13CDM






メニューは、こんな感じ。
0626-14CDM





テーブルから、厨房側に視線を移してみるとこんな感じ。
小物がワンサカ置いてあって、ディスプレイなのかと
思ったら、モノによっては販売しているらしい。
0626-15CDM






テーブルの様子、いい感じでしょw
0626-16CDM







もちろん、ビアで乾杯。
0626-17CDM





外がまだ明るいうちから、はじめるリゾート地のディナー。
こーいうのって、いいですよね〜
0626-18CDM






モロッコのスープ、これそのままだと
柔らかな甘さが魅力何だけど、添えてある
レモンを少し絞ることで、エスニックな
魅力に華が開きます。
0626-19CDM





モロッコパンも美味しい。
0626-20CDM





モロッコ風のペーストを7種類ほど。
ひよこまめ、アボカド、パプリカ、なすび、
きゅうりとミントのヨーグルト
0626-21CDM






えびの天ぷら
0626-22CDM







パンも大好きだけど、こーいう生地って
大好きなんで、メチャあがりますね
0626-23CDM






ラムのメシュウィ(丸焼き)、
絵的に固そうに見えるでしょ?

でも、むしろ真逆なんですよ。フォークで
ほぐれるくらい柔らかくて、肉の臭みはなく
それでいて羊の魅力を残してくれている。
0626-24CDM






ラムに合わせるのは野菜とクスクス、
これが底が見えないくらい優しい味なんですよ。
テーブル一同、一斉に溜息を漏らす。
0626-25CDM






地味に見えると思うけど、この瞬間に一番帰りたい。
0626-26CDM





モロッコ風クリームブリュレ
卵の強さが立ってるね。
0626-27CDM





食後はミントティーで
0626-28CDM





軽井沢のG.Wの夜は、酔いが瞬時に醒めるほど
空気が冷たい。人工の光が見えない空間では、
月が驚くほどに明るいんですよね。
0626-29CDM







酔いに任せて、まりえのスリッパ(正しい名称は違うけど)を
お土産にすることに決定。なんかナウシカっぽい。
0626-30CDM






トイレまで含めて、イチイチかわゆすヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
0626-31CDM






天井のシャンデリアも美しいね。
0626-32CDM





本当に素晴らしい時間でした。
オフシーズンは、結構閉めてる
らしいので、行く際にはお電話を。
0626-33CDM




今年は避暑に軽井沢通いたい〜
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ







カフェ・ドゥ・モロッコ アフリカ料理 / 御代田駅信濃追分駅
夜総合点★★★★ 4.5




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔