2011年10月25日

宮城峡 ニッカ ウィスキー蒸留所 (宮城)

1021-1Sakunami

宮城県は、仙台から電車で30分くらいの、
作並にある「ニッカ 宮城峡ウィスキー蒸留所」。

泊まってた岩松旅館とは、駅を挟んで逆サイド。
駅からの交通手段は、タクシーも無くて徒歩。
バスもあることにはあるけど、数時間に一本とか
そういうレベル。

旅館から駅まで送迎があるので、そのついでに
お願いすることも出来るんだけど、この日は
山寺に行ったあとなので、自力で。
1021-2Sakunami





前に、軽井沢でメルシャンのウィスキー蒸留所に
寄ったときにハマってね。今回も、ココは絶対
外したくなかったんです。ワイナリーめぐりも
楽しいですけど、蒸留所の独特の香りもいい。
1021-3Sakunami




軽くビールの酔いを残しながら、ここまで
3kmほど歩いて来ました。オレだけかと
思いきや、他にも徒歩チームが2組みほど。
入口を見ると自然とアガります。
1021-7Sakunami





門に入ってからも、しばらく歩きます。
車だったらスグなんだけどね。

でも その分、本丸が見えてきた時の
高揚感は半端無いっすよ。
1021-4Sakunami




こちらはウィスキーに欠かせないピート、
思わずクンクンしましたが、火を入れない限りは
殆ど無臭に近いただの塊だそうで。
1021-5Sakunami





蒸留所を見学した後に、3,4種類のウィスキーが
試飲できるんですよ。面白いもの見せてもらって、
その上産直のウィスキーが飲めるなんて、詐欺みたいな
話ですよねw ま、確かに何か買わずに帰れない気分に
なりますけどね。
1021-6Sakunami



今、ここ 宮城峡で買った
シングルカスク飲みながら書いてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*******************


iPhoneのMapがあるから、
初めての土地でも安心して
手ぶらでやって来れる。

電池の残量は20%、
ほっ…なんとかもった。
1021-10Sakunami




蒸留所の周りの河は、さすがの透明度。
1021-11Sakunami






重たそうな雲の中の蒸留所。なんとなく、
こういう天候のほうが雰囲気あるぞ。
白州の工場は晴れてて欲しいけど、
ココは雲が秘境感を増しててイイ感じ。
1021-12Sakunami





あの扉の中にあるのが、前の方で
写真をアップしたピートね。
赤レンガの建物が風情あるなぁ…
1021-13Sakunami





同じニッカでも、違うタイプの
モルトを作るために、余市と宮城峡では、
ポットスチルの形状が異なります。

1021-14Sakunami

『宮城峡蒸溜所のポットスチルは、胴体部分に
 膨らみを持つ「バルジ型(ボール型)」。
 そして上部のラインアームは上向きになっています。
 この胴体とラインアームの形状からは、一般的に軽やかで
 スムースなモルトが生まれるとされています。

 宮城峡蒸溜所では、華やかな香りのモルトを
 生み出すための工夫をウイスキーづくりの
 あらゆる段階で行っています。そのひとつが
 スチームを使った「蒸気間接 蒸溜」。

 ポットスチルの底と釜の内部にめぐらせた
 パイプにスチームを通し、「石炭直火蒸溜」より
 低温の約130℃でじっくりと蒸溜します。』


1021-15Sakunami






こちらは、実際に樽で熟成を行なっている倉庫。
製造プロセスを見るのもオモロイですが、やはり
製品に近い形のものが、周りに積まれてると思うと
自然に笑みがこぼれてします。酒弱いんだけどねw
1021-16Sakunami





樽の中で、熟成していく様子を視覚的に確認できる。
こういうの面白い! オトナの社会科見学。
1021-17Sakunami






ストレート、ロック、水割り、色んな飲み方で
どういうスタイルが、このウィスキーに合うか
試してみる。試飲したのは竹鶴と宮城峡。
1021-19Sakunami






意外に、ソーダ割りで美味しかったのが、
アップルのブランデーだったっけな。
写真を撮り忘れたのでうろ覚えだけど。
1021-20Sakunami




あー、また行きたいなぁ…
1021-18Sakunami



自分用と、友人の誕生日のプレゼント用に
10年熟成のシングルカスク買ってかえりました。
酔っ払ってたから、帰り道が長かった〜・゚・(ノД`;)・゚・
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 素敵発見☆  [ Happy came aa ]   2011年11月01日 12:41
漢(オトコ)の粋:宮城峡 ニッカ ウィスキー蒸留所 (宮城) - livedoor Blog(ブログ) こんな場所があったとは・・・・・行ってみたいぃ〜

この記事へのコメント

1. Posted by マル   2011年10月26日 10:33
かなり久しぶりにコメントさせていただきます、数年ぶりですかね・・・。
以前は東京だったのですが、転勤で数年前より大阪にいます。

実は私の仙台が実家でして、今回一連の旅行記大変楽しく読ませていただいていると共に、
宮城の人間として感謝しております。

ニッカの蒸留所いいですよね!
今の住まいから近いということもあり、山崎も何回か行きましたが、ニッカの方が自然に満ち溢れてて好きです。森の奥の蒸留所って感じですよね。
ここらへん、冬は結構雪が積もるのですが、その頃の蒸留所もいいだろうなぁと思っています。
思いつつも未だその季節にはいけてないのですが。

仙台には他にも四季を通して美味いものもありますし、いいバー(個人的にはこっちがオススメかも)もあります。
是非またお越しください。
2. Posted by 仙台っ子   2011年10月26日 11:27
岩松旅館ですよね?!
3. Posted by aa   2011年11月01日 12:36
5 こんなに素敵な場所があったとは・・・・・☆!
ビックリです☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔