2011年11月21日

Alam Jiwa (バリ島)秘密にしたいUBUDのHOTEL

1120-0AlamJiwa


バリ島も、いよいよUBUD編のはじまりです。

ここ数年 バリ島と言えばUBUD状態になって
いるのため、この町に来るとやけに落ち着きます。
それと引き換えに新鮮さは失われてしまったけど、
「帰ってきた」的な場所が、日本の外にできたことが
無条件に嬉しい。
1120-1AlamJiwa





そんなUBUDで、今回 最初の宿に
選んだのがコチラ、「Alam Jiwa」。
バリらしさを味わえるライスフィールドに
囲まれた小規模で温かみのあるホテル。
1120-2AlamJiwa





あの超人気老舗レストラン「カフェ・ワヤン」が同系列。
「ラカレケ」も関係が深いらしいということで、食事に
関しても安定感の高さが伺えるかと。
1120-9AlamJiwa





場所は、モンキーフォレストの裏あたり。
普段なら、中心部にもサッと出れるエリア。
ボクらのSTAY中は、モンキーフォレストを
抜ける道がたまたま工事中で、かーなり
迂回しなきゃいけないのがツラかった 泣


でも、そんなマイナス要因なんて、全く気にならないくらいの
満足度が得られるのが「Alam Jiwa」の凄いとこ。
1120-10AlamJiwa




当家では、”また絶対泊まりたい!”ということで、
次 UBUDに行く時には、ここの空き状況に
合わせてスケジュールを組もうと思ってるくらい。
1120-5AlamJiwa




リーズナブルでいいホテルってのは、
競争がグローバルでございまして、
ほんと予約が取りにくいんです!!





そうそう、言ってなかったけど、ココ めっちゃ安いです。
USドルで値付けされてるので、円高ドル安の昨今だと、
笑えるくらいに。確か、税・サ込で1泊だとUS$120くらい
だった気がする。つまりそれって2人で9000円ちょいってコトなんすよ。
1120-7AlamJiwa




部屋は広くて清潔、センスもいい。それでいて、
かなり気持ちいいライスフィールドView。
しかも女子にもオッサンにも嬉しいViewバス!!
昼はビールを飲みながら、夜は月明かりで
入るお風呂ってのが、もう最高。
1120-3AlamJiwa



1120-4AlamJiwa



1120-13AlamJiwa




これまでも、リーズナブルで、町の中心に近い
カキアンバンガローTegalSariに泊まってきました。
これらも、相当いいホテルで、めっちゃ人気が高いです。




でも、正直「Alam Jiwa」泊まっちゃったら、上のHOTELは
控えに回りますね。唯一、ネックなのは徒歩圏内にレストランが
少ないことくらい。なので、移動手段バイクでOKってヒトなら、
確実に「Alam Jiwa」をお勧めします。



今回ボクラは、予約がいっぱいだったんで
1泊しか泊まれなかったんです。でも、部屋に
入った瞬間、その日やろうと思ってた予定は、
全てキャンセルすることにしました。UBUDの
初日だったにも関わらず。

だって、部屋でダラダラ ビール呑む以上に
贅沢な時間の使い方が思い浮かばなかったんです。
1120-27AlamJiwa







敷地内は、いかにもBALI島って感じで、
散歩してるだけでアガります。
1120-6AlamJiwa




プールはこじんまりしてますが、
このくらいの規模のホテルなら充分かな。
1120-11AlamJiwa





アフタヌーンティは、部屋だけじゃなく、
ここでいただくことも出来ちゃいます。
1120-12AlamJiwa








明け方の雰囲気もいいんだよね。
1120-14AlamJiwa





寝てるのが勿体なかったなぁ。
自然体の楽園が、ここにはありました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







*******************


こちらがレセプション、ユルいでしょw
日本の本も結構あったような。
1120-20AlamJiwa





Welcomeドリンクは、独特の味。
初めての感覚だったなぁ。
アレ、なんだったんだろう。
1120-21AlamJiwa








部屋は2F。3方向に窓があり、
風も抜けるし明るくて気持ちいい
1120-23AlamJiwa





ライスフィールドに面してるバルコニー。
ここで、ビンタンビール飲みながら読書して、そのまま
ウツラウツラするのってのが、最高の時間の使い方。
1120-22AlamJiwa





フルーツも、ちゃんと食べ方習ってみた。
常温でも美味しいんだね。
1120-8AlamJiwa






豪華さはなくても、清潔感とバリらしさ、
さりげないセンスを感じます。
1120-24AlamJiwa






陽射しがイテぇ――(゚∀゚)――!!
1120-25AlamJiwa



アフタヌーンティのキャロットのケーキ、
野暮ったさが全然無い。やるね。
1120-26AlamJiwa





夜のホテル、部屋までのアプローチ
1120-28AlamJiwa





食事に出て部屋に戻ってきたら、すっかり夜仕様に。
1120-29AlamJiwa





バルコニーの夜は涼しい、日本の夏と違って
乾季の夜は、長袖が必要なくらい涼しい。
特にバイクに乗ったりすると寒いくらい。
1120-30AlamJiwa





バルコニーからの景色、肉眼では真っ暗だけど
シャッタースピード3秒くらい開けて撮ったら、
こんな感じでした。
1120-31AlamJiwa





お風呂からは、クッキリ満月が。
カメラだとボヤ〜ってなってるけど、実際は理想的なフルムーン。
何が力をくれそう…そんな神秘的なことも、すんなり受け入れられる。
1120-32AlamJiwa







寝ぼけながらの朝焼け
1120-33AlamJiwa





カメラで写ってる以上に、独特の空気感。
1120-34AlamJiwa






朝は、指定した時間にご飯をもってきてもらえます。
1120-35AlamJiwa






定番の南国フルーツ
1120-36AlamJiwa




まりえは、オムレツを選んだようで。
1120-37AlamJiwa





今回の旅では、他のホテルでも
クレープばっかり食べてましたね、朝ごはん。
1120-38AlamJiwa




パンも結構垢抜けてたような。
1120-39AlamJiwa





塩コショウの入れ物もカワイイ
1120-40AlamJiwa





朝の陽射しも、容赦無いね。
1120-41AlamJiwa





ヴィラに遊びに来た友人の分まで、
アドリブで朝ごはんを出してくれる。
いいね、そーいうユルい感じ。
1120-42AlamJiwa





食後は、敷地内を少し散歩して、
チェックアウトまでダラダラと。
1120-43AlamJiwa




1120-44AlamJiwa


1120-45AlamJiwa





来年も、BALI行きのタイミングが
見えてきたゾ(*゚∀゚)っ

待ってろよ、BALI
待ってろよ、UBUD!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)BALI島 2011 | HOTEL

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Akemi   2015年04月17日 03:00
初めまして!漢さんのブログ時々見せて頂いてます、アラムジワ私も4か月前に2泊しましたので懐かしかったです (^ー^)

それにしても写真の撮り方、特に角度が上手ですね!良いカメラお持ちなのか腕が良いのか?感心しました

私は奥左手のブルーのデイベッドの部屋に1泊、奥右手のブランコのあるヴィラに1泊しました、天気が良くなくてアグン山は最後まで顔を見せてくれませんでした

泊まって思ったのはあそこではヴィラライフを楽しむ積もりで行かないと勿体無いって事

閑散期に行くと予約取り易いですよ!私はだめ元で当日の午前に下見に行ったらあっさり宿泊出来ました♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔