2012年01月23日

NAVIGLIOの夜 (MILANO)

0121-1NAVIGRIO

Trattoria del Pescatore でカタラーナを堪能した後、
ミラノの夜の様子が見たいなと、NAVIGLIO(ナヴィリオ)地区へ。

昔は、ミラノも運河の町だったらしーんですが、埋め立てが
すすんで、今ではこのエリアに運河を残すのみ。長らく
下町的な存在だったのが運河沿いに洒落たカフェや
レストランが増えたおかげで、ミラノを代表するスポットに。
セレクトショップの出店もすすんで、お洒落指数も高めとのこと。
0121-2NAVIRIO




件のトラットリアからは、歩いて1kmくらいだったので、
散歩がてら歩いてみようと。23:00前のミラノは
ちょこちょこヒトが歩いてたので、治安的には
大丈夫だろうという判断。郷に入れば郷に従え。
0121-3NAVIRIO





知らない町に行ったときには、時間とのバランスだけど
可能な限り自分の足で歩きたいんです。TAXIだと見逃す
景色やヒトの息遣いが、歩いていると見えてくるので。
0121-4NAVIGRIO




なにげない交差点の石畳とライティングに感動したり、
ポツポツ空いてるお店の客層見れたり、クラブと思しき
場所に並ぶ若者達のファッションチェックできたり...
そーいう町の素顔を覗けることが、ボクにとっては
たまらない旅の醍醐味。
0121-5NAVIRIO






ナヴィリオ地区に着いた頃には、さすがに寒さにヤラれてたのと、
思ったより店が空いてそうになかったので、ゆっくり出来そうな
船上カフェに突入。THE観光客なセレクトですが、前知識が
無かったのと、やけに子供が多くて(イメージしてるような洒落た
ミラネーゼは少なく、垢抜けてない学生らしき人々ばかり)
早々に刺さる店探しは諦めちゃいました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*******************


いちいちディスプレイもカワイイね。
0121-10NAVIRIO





ミラノにも、ミッキーさん いらっはるンですね
0121-11NAVIRIO





スーツケースの暗証番号を忘れて防寒対策が
イマイチな男も、「寒くねーぜ」風の体で
ミラノの風を切ってます。
0121-13NAVIRIO





あっしもDUCATIと一緒に。
0121-12NAVIRIO





お、日本食レストラン。
0121-14NAVIRIO




ミラネーゼの若者って、ワリと普通かも。
LEONな人々はどこに居るんだろ?
0121-15NAVIRIO





ナヴィリオの景色。広い方の運河。
0121-16NAVIRIO





この細い方の運河沿いに、いっぱいお店があるようで。
でも寄ったのは、写真手前のフローティングカフェ。
0121-17NAVIRIO





ちなみにワタクシ、オーダー前に落ちてたそうで。
0121-18NAVIRIO





こんな感じで、日本代表しちゃいました。
0121-19NAVIRIO




まっこと面目ない
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)MILANO 2011 | BAR

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔