2012年01月30日

Ristorante Milano Savini(MILANO)

0130-1savini

旅先では、朝ごはんも その土地の味を
知るための、大事なチャンス。

もちろんホテルでも朝ごはん出るんだけど、
イマイチな場合もあるじゃない。そんな時は、
カプチーノだけで切り上げて、さっさと外に
繰り出します。


こーいう時は完全に嗅覚だよりなんで、
賑わってるバルとか見つけて突入し、
見よう見まねでオーダーしてみる感じ。
失敗もあるけど、これくらいならイタくない。
ローカルの温度感を体感できることの
方がはるかに価値があることなんで。
0130-2savini



今回のミラノは弾丸トラベラーだったので、
観光を兼ねた朝ごはん。とりあえず
ドゥオモに挨拶してから、ガレリアの中を散策し
老舗リストランテ「SAVINI」のテラス席へ。




このテラス席は、CAFE BISTROTという
位置づけなんで、朝ごはんにはちょうど良い感じ。
クラシックなメニューもオンリストされているが、
場所&ブランド力でさすがに値段は高い。
しっかし、このクラスになると、ちゃんと囲いが
出来るんですね(普段はオープンテラス)。

しかも、店の脇のメニューがイチイチ液晶の
タッチパネルだったりするんです。
その辺りからも、無駄に高そうだなぁ...と
オーラが滲んでて、逆に笑えましたね。
0130-4savini




店内は、さすがに洒落てます。
朝も早かったので、お客さんは、5組程度。
都会の高級店のせいかな、挨拶のトーンも控えめ。

ナポリのピッツェリアとか、いちいち腹の底から
「ボンジョルノ!!」と言われてた記憶がある。
最初は慣れなかったけど、旅してるうちに、
こっちも負けじと腹の底から声出して挨拶を
返せるようになっていたっけね。




ボクは、冷えた体を温めようとズッパをセレクト。
ミラノ風リゾットと散々迷ったんだけど、他にズッパを
食べる機会が無さそうだったので。

連れ達は、朝のビールが欲しいからと、ピッツァ
なんかを選んでいた。ミラノだし、こんな老舗だし、
絶対ピッツァ微妙だから...と止めたんだけどね。
出てきてからは、予想通りの反応...
まりえには、ズッパ無理矢理でもすすめておいて、
オレがリゾット頼めば良かったなと後悔。
0130-3savini



旅先で美味しいものに出逢うには、情報収集力や
構成力といった事前の努力に加え、その店の空気から
”頼んじゃいけないモノ”を見分ける瞬発力も求められます。

でも一番大事なのは、間違ったモノを食いたくない!
という執念ですかね。そこは、ヒトに負け無い自信あるかも。



RISTORANTE MILANO SAVINI
Galleria Vittorio Emanuele II
Via Ugo Foscolo, 5
20121 Milano - Italy
Tel. (+39) 02 72 00 34 33
prenotazioni@savinimilano.it
http://www.savinimilano.it/


 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






********************

「SAVINI」は、ドゥオモ前のギャレリアでも、
堂々たる一等地。上の階がリストランテで、
カフェの奥には、パティスリーが併設されている。
地下にはオリーブオイルやパスタなどの、お土産
屋さんもあったりと、手広く上手くやってます。
0130-10savini




パティスリーの方も覗いたら、年末だったので、
たくさんのパネットーネが並んでました。あんなに
パネットーネもデコっちゃうモノなんですね。
真っ白にコーティングされてサンタがのっかてる
ヤツとか、白いコーティングの上にキラキラ光るもの
散りばめてるヤツとか、色んなタイプがありました。

東京では、シンプルなタイプのしか見たこと
なかったんで、そーいうの眺めてるだけでも楽しかった。
0130-11savini





なんでだろ、最近 イタリアンだと一杯目に
ビールな気分な時がやけに多い。というか、
ビールを飲みたい気分が増えた。
0130-13savini




パンは固め。クラシック。
0130-14savini





ボクのセレクトしたズッパ、パンプキン味がベース。
ズッパ単体では、あまり奥行きは感じ無く、ハッキリ言えば単調。
でもね、ここに、エビをミンチ状にしたコロッケが浮かんでるじゃない。
コイツがいい仕事するんだゎ。思った以上にかぼちゃの甘さにエビが
マッチするのよ。更にアーモンドが食感にバリエーションを加えてくれるし。
不思議だけど癖になる感覚、悪くないね。
0130-12savini





ピッツァは、見た目からしてオーラがない。SAVINIのエレガンテな
オリーブオイルで、なんとか人並みになるレベル。でも、これは、
ピッツァに罪は無い、選んだ方のミス。
0130-15savini






「ここはピッツァを頼むべき店では無い」という空気は、
店に入る前からビシビシ伝わってくる。そりゃね、食いたいモノを
オーダーすればいいんだけど、焼き鳥専門店で、お好み焼き頼んだら
どうなるかってのは、簡単な想像力の問題なわけで....
0130-16savini






ま、財布を守るというディフェンス的視点では
「ピッツア」も選択肢のひとつではありでしたけどね。
0130-17savini




決して安くは無いですが、日本に帰国してから
この写真見ると、料理価格の5倍くらいの
プレミアム感じちゃいます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2012年01月31日 00:32
失敗オーダーもヴァケの経験値上げるんじゃないんですか?
ビール飲みたい人に、いくら美味しくてもリゾットは良いマリアージュとは言い難い気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔