2012年02月12日

北の国から2012 札幌&ニセコ 

ラブリック



「Stay hungry. Stay foolish.」

      愛すべき札幌の仲間達へ






改めて言うことでもないんだけど、
ボクは札幌という町がメチャ好きなんす。
一度も住んだことはないけど、勝手に
第二の故郷だと思っているくらい。
0212-18札幌





自然が豊かで、食材の美味しい北の大都市。
「るるぶ」片手に2,3日滞在しただけでも、
その魅力は体感できるはず。逆に言うと数日の
観光では掘りきれない深さがあるんです。
有馬





幸いなことに、ボクには 札幌で30年以上遊び倒してきた
つわものの仲間達がいる。彼らが培ってきた知識や経験、
人脈を駆使してもらうことによって、初めて訪れるAWAYの
観光客よりも 遥かに自分好みに旅が出来ていることは確かだ。
0212-7札幌




  透き通った陽射しが雪に跳ねるのを眺めながら、
  アミューズの牛蒡プリンに刺されたミュゼ

    狸小路の一角で出逢った洗練された”めんめ鍋”

  ニセコにある J の山小屋で頬張った極上のレバ刺し

  フレンチのレベルの高さには、いつも感動を覚える
  一頭買いした足寄の羊を食べ尽くすという贅

  雪景色の日本庭園を見下ろす個室で未来を語るオヤジども

  いつものカウンターで大将の鮨をつまみ、旅を締める....



どれもこれも、それ単発で旅のクライマックスに
なりそうな威力を持っている。そんなメガイベントが
押し寄せてくるんで、帰る頃にはいつもフラフラに。
0212-21札幌
 
  
 


ただ、最近 気づいてきたことがあってね。
美味しいものを食べたり、美しい景色を見に来る
以上に、札幌に訪れたい理由があるんです。

それは、仲間らと合って刺激をもらうこと。
0212-4札幌




基本、旅に出てまで会いたい友人なので、ベースに
人間としてなんかしらリスペクトしてる部分はあるんすよ。
ヤツらと向き合って酒を酌み交わすだけでも価値はある。

ただ、それだけじゃなくて東京と違ったコンパクトさ
凝縮感がある都市だけに、生きてるリアリティを感じ
やすい部分があるのよ。
0212-22札幌



東京って、単体でもデカい都市だし、自然と日本全体に
目がいくので、”自身の力じゃ、ナニも変えられない…”的な
諦めを感じやすくない?  強大な権力を持つ政治家ですら 
小さな駒に見えてしまう。


これがね、札幌くらいの規模(人口200万人程度)になると
自身の行使する力で、何かが変えられそうな実感を持てる。
そのためのヒトとの繋がり方とかスピード感も、なんだか
現実的なんだよね。







世間で言うイイコちゃんの型にハマるのが大嫌いなオトナども。
バカなこと言って大笑いしたり、互いにdisりあってじゃれ合っても
”何かやろう”と決めた時の行動力・決断力・スピード感は半端無く、
チームワークも凄まじいモノがある。

そしてなにより、仲間たちに対する”愛”が深い。
0212-14札幌



そういう”ちゃんとした姿”を見られるのは照れくさいから、
普段は見えないように隠しているけど、何日も一緒にいれば、
根っこの方が見えてくる。こんな温泉にみんなで入れば尚更ね。


今回もすっげー愉しかった。みんな 本当にありがとう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************

ボクが切り取れた とっておきの時間です。

すすきの フレンチの名店「ル・ヴァンテール」の姉妹店
ラ・ブリック」が札幌ファクトリー内に出来たんです。
料理のクオリティは、ヴァンテールにもひけを取らないし、
併設のセラーでワインを買って持ち込むこともできる。
チャンスの少ない観光客的には、日曜営業ってのも嬉しい。
0212-17札幌





狸小路の一角にある「めんめ」。ここでトロットロの
身がたっぷり入った”めんめ鍋”をいただく。わざわざ
訪れている身としては、安くてソコソコ美味しい物じゃなく
多少 高くなっても本物に会いたい。多少高いと言っても
このクオリティだと、東京の半額以下だけどね。
0212-6札幌




最期の日のランチで寄った「エルムガーデン」。
去年の初訪は夜だったんだけど、雪見ランチが
したいなと思っていたので、念願が叶いました。
このロケーションは、デートにピッタリ。
観光客カップルには、是非訪問して欲しいね。
0212-20札幌





宮の森のフレンチ「ミュゼ」、料理のクオリティは
相変わらず高い。前回も相当衝撃受けたからね。
ただ、シェフがシャイな職人気質過ぎるので
誤解を受けやすいのも事実(というか客商売だと致命的)。

毎回来る度に(しかもソワニエと一緒なのに)、
「なんかオレ 悪いことしたっけ?」と客に
感じさせちゃうのは 勿体無いなぁ…と思う。
アーティスティックなセンスも抜群なだけに、惜しい。

ま、そういうヒトだって前知識あるし、美味しいから
また次回も行くけどね。夏に行きたいんだよな、ココ。
0212-3札幌






ここは2回目の訪問、桑園にある「こはし」。
ぷりっぷりの牡蠣が浮かんだ、贅沢な蕎麦をいただきました。
料理も内装もセンス良く、札幌でお気に入りの蕎麦屋さんです。
0212-9札幌





東京の生活だと、あんましカフェに行くことが無いせいか、
札幌でいいカフェに出会うと、とっても新鮮な気分になる。
天井が高く水出しコーヒーが抜群に美味しかった「FAbULOUS
0212-2札幌





最初に泊まっていたメルキュールの1Fのとこにある「FINCH
BARカウンターもあれば、ゆったりしたソファー席もある。
南3西2を中心に動いているオレには、相当使い勝手のいいお店。
0212-5札幌







言わずと知れた「果実倶楽部818」、札幌に居るときは
だいたい深めの時間はココにいます。シャンパーニュと
フルーツという東京じゃ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしそうな
組み合わせが、3000円以下で充分愉しめます。アペリティフ
使いでもイイし、食後も使い勝手イイよ。
0212-1札幌



0212-8札幌





今回は、初めて札幌雪まつりの時期に行ったので、
折角だからと大通公園に行ってみました。
スケール感、繊細さが期待以上。タージマハルとか
かなりの量の雪で作られている。これを1週間で
壊しちゃうなんて、勿体無い〜
0212-22札幌




ちなみに、今回の旅の締めは、いつものように
『鮨A』でした。前の方でアップしてるのが、
この日いただいた大助。わかっていても衝撃波来るね。
0212-23札幌





最期の日は、疲れを癒そうとルネッサンスホテルの
クラブフロアに泊まってました、ラウンジやプールが
使えるし、景色も抜けてて心地いい。
(上から2番目の写真は泊まってた部屋から)
0212-19札幌




部屋は、クラシックなデザインで、広くゆったりした作り。
思ったよりすすきのからも近いので、また泊まろうっと。
0212-16札幌







この時期を狙ったのは、ニセコに行きたかったから。
世界のスキーヤーを魅了する最高品質の雪ってヤツに
逢いたくて。途中で通った「余市」では、サーファーが
この寒さの中でも海に入ってて驚いた!なんともストイック。
0212-10札幌





日本中を大寒波が覆っていた時期なので、当然ニセコも雪模様。
0212-11札幌






Jの山小屋がニセコにあるんで、泊まらせてもらいました。
しっかし、こんな雪深いとこ、人生で初めて来たんですけど。
0212-12札幌





遊びの天才たちなので、揃えてる素材がヤヴァい。
蟹・牡蠣・塩ジンギスカン・レバー…
一晩で食えるのか心配になるくらい。
0212-13札幌




家の中に、こんな焼き場があるなんて、アガるッ('∀`)!!
0212-15札幌





ガッツ食って、ヘトヘトになってるにも関わらず
てっぺん回る頃に、ニセコの町に引っ張り出されましたw
友人のプロスキーヤーと呑もうとしたら、そこに彼の
友人である「ANTTI AUTTI」が通り掛かって一緒に呑むことに。
0212-24札幌




今回も全開で駆け抜けた札幌 冬の陣でした。
ヨシタカやポテトヘッドも加わって、また
新しい流れが出来たんだけど…アレ、イツキマソ、
貴公とはコラボ出来てないよね。
今年の目標にしよ。



ボクは、生きる価値基準を自分の中に
持っているヤツが好き。幸いなことに
数は少なくとも、ボクの周りには、
そういう友人が集まっている。

誇るべき仲間たちに今日も感謝。
腹の中にある夢、カタチにしちまおうぜ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔