2012年02月27日

ブレラ通り (MILANO) 感性に合う町

0227-1BRERA


ドゥオーモからギャレリアを抜けて、右に行くとモンテナポレオーネ通り。
一方、スカラ座方面に左に曲がると”ブレラ通り”。あんまし聞きなれない
通りの名前ですよね? すっかり使いこなしてる風ですけど、今回の
ミラノリサーチ中に初めて知った名前です 笑


有名な観光名所はブレラ美術館くらいなんだけど、石畳の道が
風情あるし、こじんまりした良店が多く個人的にはかなりタイプ。
カルティエやARMANIなどのハイブランドのブティックが並ぶ
ファッションストリートは、正直そんなに欲しいモノがない(買えんゎい)。
特にメンズ的には、TOMFORDやBerluti、ラッタンジあたりで
目の保養したら、もっと実用的なセレクトSHOPとかに行きたいんです。

今となれば、もうちょいセレクトSHOPの情報調べていけば良かった...と
後悔してますが、自身の感性でモノを探すには、ブレラ通りが結構刺ささった。
0227-4BRERA





インテリアショップや小物屋さん、靴屋などもセンスが良く、
(モンテナポレオーネに比べれば)リーズナブルな品揃え。
また、石畳の狭い道の両脇に、レストランやカフェが並んでいる絵は、
イメージしていたミラノに近く、ヒトの混み加減も丁度いい。
0227-2BRERA






ドゥオーモの脇のデパートエリアやモンテナポレオーネ通りは、
いわば銀座・新宿といった様子。でも、ちょっと中心を離れただ
ブレラ通りは、神楽坂とか白金とでも言えばいいのかな。
メガタウンとは異なる、町特有のカラーを持っているんです。
みんなが好きというわけではないだろうけど、好きなヒトには
刺さるエリア。こうやって、自分に合う場所を探しだすのも
旅の醍醐味のひとつだよね。


パリを散策した時も、シャンゼリゼ通りは勿論行きました。
でも、自分的に刺さったのは、モンマルトルの丘の裏道や、
サンジェルマン・デ・プレの脇道。あまりメジャーじゃない場所で、
自身の感性に合うお店を見つけると、無性に嬉しくなってしまうんです。
0227-3BRERA





何かお気に入りをひとつ買ったら、カフェに入って
じっくり余韻に浸ってみる。そのカフェは、ヒトで溢れた
騒々しい場所じゃなく、こういう路地が理想。
今回の慌ただしい旅では実現できなかったけど、
そんなミラノの過ごし方なら、もっと滞在してみたい。
0227-5BRERA


今日行ったワインスクールは、
ボクラが今まで求めていたものを
カタチにしてくれた感じでした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*************************


真冬でも、外で食事したいじゃん。
だって、その方が気持ちいいんだもん。
日本も、もっとストーブ増やそ!!
0227-10BRERA





東京より寒いのに、意外と薄着なミラネーゼ。
お洒落の基本は我慢から。痩せ我慢ってヤツは
文字通りそのまま慣れるしね。それより、気持ち
いいことを知ってるのに、ヤレないことがストレスです。
0227-11BRERA






都会の真ん中で、こういう空間があるのが贅沢。
日本だったら、この教会の後ろにビル見えそうだよね
0227-12BRERA


MILANOも、まんざら悪くないっス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by La Turbie   2012年03月02日 10:26
是非、須賀敦子「ミラノ霧の風景」をはじめ、彼女の著作をご一読ください。はじめて行ったときには何の魅力も感じなかったミラノの街がいかに奥深い物語を秘めた街であるかに気付かされました。ブレラ通りの裏側にミラノのもう1つの顔が潜んでいるのです。
2. Posted by kyah   2012年03月02日 10:31
La Turbieさん、そういえば以前 勧めていただいて読みましたよ!!

あのミラノの話、今回の弾丸トラベラーだったボクには、全く頭の中でつながらなかったです。もう一回読んでみます。思い出させていただいて、ありがとうございました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔