2012年10月15日

倉敷美観地区 (倉敷) 理想の散歩道

20121010倉敷-43




白壁の町並と倉敷川沿いの柳並木が、江戸時代のような風情を
かもしだしている倉敷の美観地区。倉敷の象徴的な風景として
有名なので、「見たことある!」という人は多いはず。
20121010倉敷-14



倉敷川を中心とする一帯は早くから干拓による田地の開発が進められていて、
関ヶ原の戦い頃に備中国奉行領になり、1642年には天領となった。
そんな倉敷は物資輸送で栄えていき、川沿いに、塗屋造りの町家や
白壁土蔵造りを中心とする町並みが形成されていったという。
20121010倉敷-38




江戸時代後期には綿加工業が展開して商業都市として繁栄したものの、
明治維新以降は米と綿の単なる集積地と化し、発展から取り残されていった。
20121010倉敷-44



この状況から脱却したのは大原氏を中心に1888年に創設された倉敷紡績(クラボウ)。
以来、倉敷紡績の隆盛は倉敷の発展に寄与することになり、今もあちこちに大原氏
の名前が残されている。大原美術館に代表されるようにね。



週明けの月曜というのが、一番疲れを感じる
曜日なんですよね。今日を乗り切れば意外と元気。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*******************


こっから先は写真中心で。
20121010倉敷-9








ある意味ディズニーシーっぽいエンタメ性の高さ
20121010倉敷-32





残念なことにスッキリした天気には
中々出逢うことが出来ず
20121010倉敷-33





誰にでも好かれる好感度高めの街並みですね。
20121010倉敷-41






倉敷市の人口は50万人、実際に住んだとしたら
自分はどんな風に遊ぶんだろう? そんな
ことを考えながら散歩してました。
20121010倉敷-45





G.W近辺だったので、特別公開もしてました。
20121010倉敷-13






20121010倉敷-11





20121010倉敷-42





町の規模からすると木がデカい。
20121010倉敷-8





傘も似合う街並み。
20121010倉敷-6





こういうセンスがある町って、やっぱヒトを
惹きつけますよね。
20121010倉敷-37





20121010倉敷-36





一等地にあった旅館。
20121010倉敷-34










20121010倉敷-35






20121010倉敷-2





20121010倉敷-1




ここも倉敷を代表する場所。
20121010倉敷-5



20121010倉敷-40





20121010倉敷-30




ついつい、きびだんご買っちゃいました。
20121010倉敷-25




夜も艶っぽい
20121010倉敷-29





目立たないけど、いいBARや美味しい食事処が
隠れているので、発見した時は嬉しいです。
(ボクの場合、事前に教えてもらってたけどw)
20121010倉敷-28





20121010倉敷-27





20121010倉敷-26





秋もよさげな感じですね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔