2012年12月03日

Jiang Nan Chun (Singapore) Four Seasonsの広東料理

1202FS-0


レベルの高いシンガポールの中華レストランでもトップクラスの広東料理。
香港でミシュランも獲得している「レイガーデン」の支店でも、美味しい
中華は食べられるけど、もっと繊細に、もっとラグジュアリーに広東料理を
楽しみたいのなら、Four Seasons内の「Jiang-Nan Chun」がベストなセレクトかと。



店内は90席程度のテーブル席のほか、個室のダイニングルームが3室。
Hangzhou、Suzhou、Yangzhouと、それぞれ14名、10名、6名で利用できる。
大きな窓をバックに軽くドレスアップして円卓を囲むのって、なんだか楽しいよ 笑
1202FS-1







国内でも、中華は正直頼みにくい。特に、初めてのお店でアラカルトだと
量がつかみづらくてね。だからスキルの高い中華の達人を連れて行くか、
もしくはコースということになる。


 こうしたホテル内のダイニングのありがたいところは、1人でもいける
コース設定があるということ。そして日本円のパワーをもってすれば、
コースの金額は、ほんっと安い!!(幾らかは忘れたけど1番下の
コース、1万円とか全然しないよ)

ひと通り高級食材とかハイてるしね。日本で同等の箱、サービス、
料理を食べたら、いったい...と斜め上を見上げてしまう。
1202FS-5






ピカちゃんの誕生日祝いってこともあって、
GOSSETのマグナムで乾杯。バブリーな
シンガポールなので、ちょいバブリーな
エッセンスを取り入れてみた。 ちなみに
去年のね。F1シンガポールG.Pの最中。
そうなんです、このブログは遅いんです。
タイムリーな情報はfacebookにお任せ、
このブログは時間とか気にしてないんで。
1202FS-7





あわびとアヒルの肉だったっけな。
1年以上前の記憶なんで、全くもって自信
無いけど、トロトロの肉が美味だったような。
1202FS-12


とにかく「良かった」という印象が強く残っているので、
予約をとるならここからだと思います。


Jiang-Nan Chun 
Four Seasons Hotel Singapore 
190 Orchard Boulevard 
248646 Singapore 
Tel. +(65) 6734-1110



シンガポール、ほんと人気になりましたね。
CFのパワーって凄ぇなぁ。あと、みんなが
度肝抜くようなランドマークって重要だね。
改めて思い知らされた。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




******************



昼から寝込んでたまりえは、夜も欠席。
個室で会食するならスタート時間は、太陽が残ってる
時間がいいですね。この景色は日本の中華では、
絶対できない組み合わせだから。
1202FS-4





アミューズ的な? 全く記憶なし。
これ、なんだろうね。
1202FS-3





一方、しっかり食感とか味を覚えている
揚げ湯葉と北京ダックの前菜。これは
シャンパーニュにも合う味だよ。
1202FS-6





スープが深い。ちゃんとしたお店で飲むこっちの
スープは日本の”中華料理”とは別次元の味わい。
ガキの頃 町場の中華料理店で出てくるやけに
味の濃いスープがほんと苦手でね。
1202FS-8





ドギツいビジュアルだけど、味は純情。
1202FS-9






これは、北京ダックとこの日の双璧をなすお皿でした。
記憶によるとあわびとゼラチン質な肉のコンビネーション。
味のバランスがモロに好みだったというのは間違いない。
1202FS-11





お、メニューの一部だけが残ってた。
1202FS-10









中華風牛フィレのソテー。オレの写真力では、全く
美味しさが伝わらないと思うけど、記憶の底にある
イメージ召喚してみたけど、意外とイケてたようだよ。
1202FS-20




歯ごたえ、味付け共に上品。
ホテルには、こういうの求めてます!
1202FS-14





デザートも品があって。
1202FS-15






皆、思った以上に満足。
1202FS-17





やけに立派そうな会食に見えるw
1202FS-18




美味しい中華、今年中に食べ行く機会あったかな?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔