2013年01月21日

ホテル カンラ(京都)和とモダンの今な空間

0120カンラ-0


目黒の『クラスカ』とか豊洲の『キッザニア』なんかを手がけている
UDSが、京都で展開しているデザインホテル『 カンラ』。


『カンラ』の“カン”は「感」、“ラ”は「洛」の字を由来としていて、
日本が育んできた美・知恵・おもてなしが息づく『洛』で
その心を『感』じていただけるホテルであるように。
そんな想いが込められている(HPから引用)
0120カンラ-16







町家の雰囲気をモダンにしたようなデザインが
京都らしく、元々ホテルじゃない場所をコンバージョン
したっていうのが、エコでニクい 笑。
0120カンラ-19




サービスのクオリティも高くミシュランでは
2パビリオンを獲得している。

印象的だったのは、エレベーターを待ってる時に
苔のオブジェがあったんで、それを眺めてたのよ。
その時にさりげなく「この苔人気なんですよね」と
爽やかな女性スタッフが声をかけてさ。その、
ナチュラルな感じが、とても日本っぽくて和んだのよね。

慇懃に客を持ちあけるサービスもいいけど、
宿泊客の心を温かくほぐすサービスは、
また来たいって思いに直結する。
0120カンラ-10




場所は烏丸通沿いで東本願寺のちょい上あたり。
四条烏丸までも10分くらいあれば歩けるかな。
電動アシストの自転車も貸し出している。


部屋は、珍しい縦長スタイル。長屋っぽい雰囲気になってて、
慣れると意外に過ごしやすい。部屋の中の場所ごとに気分が
切り替わるのも新鮮、飽きないねぇ。

洗面台もインテリアとして捉えることで、スペースを効果的に
使っている。ボクはこういうの好きですね。
0120カンラ-14





バスルームが、充実してるのも嬉しい。香り豊かな檜葉(ヒバ)の
木の浴槽で、朝からビール呑るのって最高に気持ちいいのよ。
朝食もかなり凝ってるけど、それはまたの機会に改めて。
0120カンラ-2






日本の伝統、快適でモダンな空間、凛とした雰囲気に
ナチュラルなサービス。そういうエッセンスをうまくバランス
とってるところに、カンラの秀逸なセンスを感じますね。
またリピりたいホテルです。

0120カンラ-1


ホテル カンラ京都
京都府京都市下京区烏丸通六条下る北町185
TEL 075-344-3815
http://www.hotelkanra.jp/



居心地のいい空間は人生を豊かにしてくれますね。
写真はFacebookのアルバムに、もっとたくさん
アップしてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*********************************

このページで、ホテルの詳しいこと書いて
あるので、興味ある人はサイトもどうぞ。
0120カンラ-17



エレベーターの扉がウッドって
いうのも日本っぽくていいっすね。
0120カンラ-18





エレベーターを降りると、格子の引き戸があって、
その向こう側に部屋に入る扉があるんです。
0120カンラ-15




入口から見た店内、第一印象は「長っ!」
0120カンラ-4





ドアのすぐ横にある水回り。
男前な感じじゃない?
ちゃんと蛇口は2つある。
0120カンラ-12





ここで湯船につかるのがいいんです。
0120カンラ-13






日本らしい湯船に目がいきがちだけど、
シャワーブースの使い勝手もいい。
デザイン性も高いし。
0120カンラ-3








単に畳が敷いているだけだと、ただの旅館。
0120カンラ-6





このシンプルなテーブルとソファが、
部屋の洒落度をグンとあげてくれてます。
0120カンラ-5





無機質になりがちなテレビも、
こうして空間に馴染んでます。
0120カンラ-7





寝心地いいベッド。
かなり広いよ。
0120カンラ-9





デザインに走り過ぎること無く、機能性も
しっかり兼ね備えているので、滞在中に
ストレスを感じることはないし、むしろ
もっと部屋での時間を活かしたくなる。
0120カンラ-8





京都を遊びましょ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)京都2012 10月 | HOTEL

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔