2013年02月03日

北の国から 2013冬 (札幌)

1月札幌2013SNOW-0





歩道の脇に積み上げられた雪は、優に人の背を超えていて
メインストリートですら車道がしっかりと雪に覆われている。

「今年は雪多いなぁ...」

札幌駅からルネッサンスホテルまでのタクシーの車内、
運転手との会話に相槌を打ちながら窓の外を見ていたら、
ひとりごとみたくつぶやいていた。
1月札幌2013SNOW-9





久しく札幌に来てなかったので、今回は1年ぶり。
多い時はシーズン毎に訪れている故郷のような場所。

この時期って何故かよくリピっているので、自分なりの
札幌の記憶が積まれている。ある年はアスファルトが
露出しまくりだったり、ある年は息をすると肺の中まで
凍るような寒さに驚いたり。


こういう変化を自然に肌で感じられるようになったことは、
少しだけ札幌の仲間に近づいた気になれるので嬉しくなる。
単なる旅人として過ぎ去るのではなく、大好きな町には
”おかえり”って言われたい。
1月札幌2013SNOW-43




最近の旅の一貫した傾向というか目指しているスタイルは、
「暮らすように旅をする」ということ。ガイドブックに載るような
観光地や有名レストランを回ることもあるけど、できれば
そこに住んでる友人が普段行くお店や、彼らがハレ使い
するレストランを同じような感覚で使いたい。



勿論、ここでは”ヒトの目利き”が重要な要素なんで、
札幌に信頼出来る友人が居ることは、とてもラッキー。
(逆に言うと、信頼出来るヒトがいるから、そこが旅の行先になる)
1月札幌2013SNOW-41





なので、ボクは今回の札幌もガイドブックに乗ってるような
ラーメンやジンギスカン、無駄に鮮度を謳うような居酒屋には
行ってません。何度も書いてるけど、もっと美味しく楽しめる
ものがたくさんあるから、この町は。


決して、ラーメンがダメとか、ジンギスカンがダメとか
言ってるわけじゃないですよ。ジンギスカン大好きだし。

ただ、気分とか季節とか、相手とかそもそも自分の
好みによって行きたいお店なんて変わるじゃない? 
なのに、ガイドブックに載ってるって理由で無理ヤリ
そうしたジャンルのものを食べたくないだけ。オレに
とって大事なものまで、ガイドブックはガイドできんし。
1月札幌2013SNOW-86



札幌って、B級グルメだけじゃなく、手のかかった(でも少し値も張る)
料理も好きなヒトに、大人の時間も過ごせるいい町なんすよ。
それを、少しでも多くの人に知って欲しいんです。続きでも、訪問した
お店のことを書くつもりだけど、まずは今回の滞在中、記憶に残った
レストランをいくつか。


何度もリピってるすすきのにあるフレンチ「ル・ヴァンテール」。
トロワグロ(フランス)で修業したシェフに変わってからは初の訪問。
料理がより洗練されたスタイルになり、それぞれの皿ごとのパンチより
全体としてのストーリー感が強く印象に残るように。カトラリーやサービス
とも、その方が相性いいと思うので近頃更に評価をあげたのも納得。
1月札幌2013SNOW-91






鮨は4日間の滞在で訪問したのは3店と普段より多め。
全部、タイプの違うお店を選んで。

仕事もいいしで勢いあるなぁ...と刺さったのは、札幌中心部
から車で20分程度離れた真駒内にある「鮨の一幸」。
外観と内容のギャップも凄い。内容は満足だけど
食べログとかの情報とは、全く価格帯が違って
いるので、そこだけは注意した方がいいね。
1月札幌2013SNOW-74





田久鮓」は隠れ家っぽいロケーションで、内装にはモダンな
エッセンスも注入されている。「一幸」のように鮨とタイマン
張りに行くっていうんじゃなくて、鮨を通じて楽しい時間を
ゆっくり味わいたい時に向いている。お店の内装同様、
遊びながらも、ギリギリ外さないラインをわきまえつつ、
落としたいポイントへ持ってく感じ。やー、愉しい時間だった。
1月札幌2013SNOW-56






ちなみに、「ヴァンテール」の後は、そのまま階段を
昇ってシャンパンとフルーツBAR「果実倶楽部」へ。
この流れはハズしようがありませんって。
1月札幌2013SNOW-7



「一幸」の後は藻岩山の斜面に沿ってカメラマンが
昔建てたという3層の家に住んでるアツシ家で
ティータイム。めちゃ、景色に癒された!
1月札幌2013SNOW-79




「田久鮨」の後は、Jの後輩がalifeでイベント
やってるっていうんで、クラブにチラっと顔出して。
1月札幌2013SNOW-69




レストラン自体も、友人たちのセレクトは最高なんだけど、
その後の流れの創り方は、ヤツらが本気で遊んでるから
こそ出来るものであって、一朝一夕に観光客が真似られる
ものでは無い。コントラスト強めの展開や、その日のリズムを
最大限活かしてくる感じなど、彼ららしいセンスが光ってる。

それに何より、ボクの好み・性格を熟知したストーリーづくりは、
涙が出るほど嬉しいもてなし。J、タカちゃん いつも本当にありがとな。
キミらがいなかったら、こんな魅力ある町だと知らないままだったよ。
1月札幌2013SNOW-17



生きてくための刺激も毎回貰ってるし。来るたびにパワーをチャージ
して帰ってます。


つーのも、札幌ってむき出しの部分多いんすよ、
東京と比べるとってことなんだけど。

東京って大都市ゆえに、いい表現すると洗練されてるじゃない。
本音とか感情とかの前に、ポーズとかブランドでやり過ごせる
部分が多い。というか、一度会うだけってヒトも含めて人との
接触機会多過ぎるから、そうでもしてないと疲弊するし。


札幌って200万人都市だけど、あそこって1コミュニティなんすよね。
新宿も渋谷も六本木もなくて、ひたすら札幌に集中してる。
人や過去とは縁が切れないし、ポーズや薄っぺらいブランドは、
すぐにメッキがはがれる。そうすると、結局ヒトそのまんまの
価値が問われるわけで、自然とむき出し傾向が強くなる。
おかげで、ヤツラの生きるエネルギーとか、ダイレクトに
浴びちゃうんすよ。



「暮らすような旅」は、こうした土地ならではの微妙な
ニュアンスまで拾ってくれる。だからボクはこのスタイルが好き。

ソーシャルメディアがここまで浸透している社会だけに、
リアルの友人がいなくても、勘所をつかめば、初めての
土地でもそれっぽい時間を過ごせると思う。
重要なのは好奇心と想像力、そして行動力。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








***********************


さて、それじゃ今回の札幌、鮮度が高いうちに
振り返ってみましょうか。


ホテルにチェックインを済ませ、必要な分だけ荷物をほどいたら
また、タクシーに乗ってすすきのへと向かう。
1月札幌2013SNOW-1



初日は、「パロンブ」というジビエに強いビストロ。
雰囲気はカジュアルで空気に慣れたい初日向き。



前菜は最低限のサラダに絞込み、鶉の皿を待つ。
弾力のあって力強い肉質、ソースは主張しすぎず
あくまで肉を立てている。ガルニも力強くて美味。
なにより雪道を見下ろしながらのディナーというのが非日常。
1月札幌2013SNOW-5

PALOMBE
011-231-3940
北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
http://bistro-campagne.jimdo.com/





「パロンブ」を後にして向かったのは、ホームの「果実倶楽部」。
シャンパンとフルーツを扱うダイニングBAR。オオバコで
カジュアルな雰囲気だけど、店の奥にはGOSSET ROOM
という落ち着いたスペースがあり、大人飲みはそっちのエリアで。
1月札幌2013SNOW-8

果実倶楽部818
011-281-8185
北海道札幌市中央区南三条西2-7-2 KT3条ビル 2F




GOSSETとフルーツを堪能した後は、近くのBAR「MADURO」へ。
すすきのの大通りを見下ろす洒落たBARで、しそのモヒート
美味しかったなぁ。チョコレートをつまみながらシガー吸って
初日の夜を楽しみます。
1月札幌2013SNOW-10

結局なんだかんだ3:00過ぎまで呑んでたっけな。


BAR MADURO
011-211-4467
北海道札幌市中央区南4条西2-14-2 セントラルS4ビル 7F






翌朝は、二日酔いというか、まだ酔ったまま市場の
寿司屋「魚政」へ。ここは、昔R字に連れられて札幌
来た時に、朝のエアーで新千歳着いてから流れで
連れてってもらった場所。あの時の感動が忘れられ
なくて、今でも札幌来るたびに時間作れれば寄っている。
1月札幌2013SNOW-12


鮨の魚政
011-644-9914
北海道札幌市中央区北十二条西20丁目1-20 丸果ビル 1F
http://www.welcome.city.sapporo.jp/gourmet/uomasa.html




「魚政」で朝寿司した後、ランチは蕎麦の「黒むぎ」へ。
単品での蕎麦も美味しいけど、雰囲気ある店内で
コースが充実している。駅近で通し営業ってのは
最終日にも時間合わせやすくて旅人には嬉しい。
コースは2000円程度からなんだけど、金額のわりに
内容がうやけに充実してる。テーブル席主体だけど、
カウンターや個室もあるのでダラダラ呑るには最適。
1月札幌2013SNOW-16

1月札幌2013SNOW-29


黒むぎ
011-737-5377
北海道札幌市北区北8条西4丁目20-1 バロンドール B1F





この後、一旦ダウンして夜に備える。
目覚めのコーヒーをいただきに藻岩山の麓にある
「HIGH GROWN CAFE」へ。ここからの夜景眺めながら
飲む美味しいカフェはかなり贅沢。ドリカムの歌にも
登場するBAR「N43」の隣。市内にコーヒーチェーンを
展開する宮越屋珈琲のフラッグシップだけに、味も保証付。
コーヒー一杯1200円は、相当強気だけど。
1月札幌2013SNOW-44

high grown cafe
011-512-5522
北海道札幌市中央区伏見3-15-20
http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/jp/




「HIGH GROWN CAFE」に行くと、なんか最終日のような
哀しさを感じるんだけど、まだまだ2日目。狸小路にある
「田久鮓」へと向かう。パリにもお店を出したという自由な
感性のオーナーのお店らしく、インテリアはモダン。
1月札幌2013SNOW-45

1月札幌2013SNOW-63

田久鮓
011-211-1206
札幌市中央区南2条西1丁目第21広和ビル2F(狸小路1丁目)
http://nfd-taku.com/takusushi_concept/
水曜休

※2013年3月中旬に移転予定
【移転先】札幌市中央区南3条西3丁目3番地Gダイニング6F
      18:00〜23:30(ランチなし予定)
      日曜休




鮨の後は、Jの後輩らのイベントに顔を出しに「A-Life」へ。
軽くフロアも出たけど、オッサンなのでVIPで泡飲んでる
時間が殆どです。つーか、1日が長い 笑
1月札幌2013SNOW-68




翌日は、遊び疲れたJがリタイアきめたので、タカちゃんと
真駒内の住宅地にある「鮨 一幸」へ。札幌の中心部から
車で20分程度。観光客がフラっといけるロケーションでは
無いですね。外観は町場のお寿司屋さんなんですが、
店内に入ると凛とした空気感。
1月札幌2013SNOW-70



ランチだけどつまみも握りもクオリティ高く、
最近の札幌では一番の衝撃度。多分、次も行きますね。
食べログの価格と全然違ったけどクオリティ考えたら、
妥当な価格。
1月札幌2013SNOW-73


鮨の一幸
011-584-1144
北海道札幌市南区真駒内曙町3-3-1




食後は、近くのタカちゃんの友人”アツシ”の家へ。
藻岩山の斜面に建ってる家で、元々カメラマンが
設計した家らしく、遊び心がいっぱいの家。
そもそも、彼の家の周辺は、雪が半端無くて
別世界だったけど、ここからの景色の良さは
尋常じゃなかったなぁ....。こういう時間は、
地元に友人がいなければ、まず創れないもの。
とても印象的な時間だったので、めちゃ感謝。
夏にBBQしに再訪しやす。
1月札幌2013SNOW-78





あまりに腹いっぱいになって沈んだので、時間を
遅らせての「ル・ヴァンテール」入り。札幌のフレンチでは
ひらまつ系のグランメゾン「バエレンタル」と並ぶ双璧ですね。
オーナーレストランで、ここまで突き抜けてるの凄いです。
シェフが変わってから、より洗練されたコース展開に。
オマールブルーのストレートパンチは当然ノックアウト
食らうけど、さりげに前菜の桜肉カルパチョからヤラれてました。
1月札幌2013SNOW-98


1月札幌2013SNOW-102

ル・ヴァンテール (LE VENTER)
011-232-2022
北海道札幌市中央区南3条西2丁目 KT3条ビル1F(都通り側)
http://www.bistroventer.com/





食後は、最後の夜の余韻を楽しもうと、
果実倶楽部でGOSSETとともに。
1月札幌2013SNOW-107




最終日は夕方の便だったので、チェックすとして
とりあえず駅に行って荷物を預ける。天気が
良くなってきたので、高いとこ好きの血が
ウズウズしてきたので、タワーの展望室に
昇ってみた。すすきの方面の景色はイメージ
できたんだけど、小樽方面は初めての印象。
海が見えて、ちょっぴり感動。
1月札幌2013SNOW-109



・JRタワー 展望室 T38
札幌市中央区北5条西2丁目5
受付:JRタワーイースト6F
http://www.jr-tower.com/t38




最後の食事は、スープカレーの「サヴォイ」。
だいたい毎回同じ事繰り返してるんだけど、
酒飲み過ぎて胃がメタメタだから、殆ど
食欲ないんですよね。そういう時に、スープ
カレーの程よいスパイス感が妙に癒しに
なるんです。
1月札幌2013SNOW-110


カリー・ディ・サヴォイ (Curry Di. SAVOY)
011-219-7810
北海道札幌市中央区南一条西5-7 敷島南1条ビル B1F



札幌から東京に戻って、まだ1週間なんだけど、
あまりに別世界だったせいか、かなり前の訪問に感じる。
今年の雪はほんと半端無かったから、外に殆ど出てなくて。
ホテルとレストランを往復の札幌。ハッキリ言って、かなり
楽しいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔