2013年02月16日

文東記 (Singapore) チキンライスにハマったお店

9月2011SingaporeGP-50


シンガポール内に7店舗ほどの支店を持つ
チキンライスの有名店@「文東記


ボクがチキンライスにハマったのがココ。

確か2003年の頃だと思うんだけど、ストップ
オーバーでシンガポール寄ることになったんで、
必死こいでネットで情報探したのよ。現地駐在の
ヒトのHPがあって、「かなり読み込んで、ココに
行きたい」ってメッチャ思ってさ。

今みたいにスマホ無いから、プリントアウトした地図持って
必死にお店探したの覚えてます。結局わからなくて、
現地のヒトに教えてもらったんだけど。あの頃から
シンガポールの教育レベルの高さとか誠実みたいの
凄いなぁ、伸びるなぁって感じてましたね。
9月2011SingaporeGP-52



まだ、その頃の「文東記」は、今みたいに綺麗な
お店じゃなかたったし、エアコンも無くてね。
でも、逆にチキンのゼラチン質が冷えて固まった
部分が余計に周囲の空気から際立ってさ...。
今でもかなり鮮明に、あの時の記憶は残ってる。
ちなみにこの時に行ったのがBoon Keng駅近くの店舗。


今回寄ったのはRiver Valley 店。
ほとんどの支店が21:30頃にCLOSEしてしまうところ、
River Valley 店は、朝の4:00まで開いているのよ。


F1観戦後って、なんだかんだしてると、あっという間に
0:00超えてしまうのね。なので、時間に縛られず
深夜でもスッキリしたもの食べられるトコ探してたら
文東記やってんじゃねーか」と。


金銀野菜炒めもウマいっす。
9月2011SingaporeGP-48




チキンライス最高(´∀`)♪
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








****************


タクシーの運転手は、以前だと英語がイマイチ通じないヒト
いたけど、今はそんなヒトにあたったことがないかも。
それに、スマホで地図やサイト見せれば、ほぼほぼ
問題なく目的地までは行けるしね。

River Valleyは、F1サーキットからセントーサ島に
戻る途中で、ちょうどタクシーの通り道らしく、
事前にお店の場所をチェックできてたので
深夜でも安心。ゲストはF1観戦に来たみたいな
浮かれた観光客はオレらくらいで、後はローカルの
お客さんのように見えた(わかんないけどね)。

F1のFAINALを観戦し、帰りがけに深夜のチキンライスを
堪能して、日本へと帰る。ふぅ...、やっと2011年のバリ島
からシンガポールの旅レポが全てアップ出来ましたゎ。
9月2011SingaporeGP-49




シンガポールドルに対して、日本はここ1年で20%も価値を落としている。
1SGDドル=60円だったのが今は1SGD=72円。(US$やEUROもほぼ同じ)
1万円で食べられてた中華料理が、1.2万円になっちゃったワケですよ。


為替レートの推移(2008年1月〜2013年1月) - 世界経済のネタ帳




アベノミクスとか言って、円安を喜ぶ人たちいるけど、一部の輸出企業を除いて
いまいち誰得なのかわかんないんだよね。海外旅行のメシ代が高くなることは
深刻な問題じゃないかもしれないけど、もっとスケールを大きく見で100億円で
買えてた石油が120億円になったら困るよね? たとえば火力発電の視点で
みると、これって電力コストの増加に直結するんで、いずれ電気代が上がる
大きな要因となる。


食料だって、殆どが輸入なわけで(動物の飼料まで含めたら尚更)、円安は
ボクラの食卓のコスト増に直結しちまうわけです。なのにどうして円安バンザイ
みたいな雰囲気になるのか、マジメにわかんなくて....
9月2011SingaporeGP-51



日本の輸出依存度って15%だし、SONYやパナソニックをはじめとする
製造業のGDP比率ですら20%以下でしょ。国民の7割を占める中小企業の
社員が幸せになるには、本当のとこどういった数字が効くんだろう?


それに、TVやその他家電が世界で負けたのは、円高のせいじゃないよ。
中の人はわかってると思うけど、マネジメントの質、現場の真剣度(社員クオリティ)、
高コストな人件費、コッチの方が遥かにデカい理由だって。



話はズレたけど、円高で「もーダメ」みたいなこと言いながら、世界のキャッシュを
かき集めてたのは日本企業
(日経新聞より)。でも、そのお金は従業員の給料アップ
というカタチでは反映されてこなかったよね。


というわけで、ボクは円安・インフレトレンドが日本をHappyにするとは
思ってません。世界から見て、皆さんの資産が20%目減りさせておいて、
なにがありがたいのかと。


ボクの意見が正しいかどうかはわかりませんが、ひとつの見方ではあるかなと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メンメン   2013年02月17日 14:25
個人的には円安でも円高でも、結局これから景気が良くなるんじゃないかって期待感とか政権交代して爐気ヽГ粘萃イ辰討い海Α瓩辰栃薫狼い大切だったりするんじゃないかなぁって思います。

円安でも円高でもそれをどう楽しむかが重用で、買う楽しさもあれば売る楽しさもある気がします。
売る楽しさ(物作りの楽しさ)が分かれば買う楽しさも分かってくる。それが良い方向に回っていけば良いかなぁ、みたいな。

現状だけの判断で円安で得する人達、円高で得する人達が足の引っ張り合いをすると皆で沈んで行く事になりそうです。

水を差したがる人は沢山いるけど、今のところアベノミクスでの雰囲気作りは上手くいっている気がします。

良い雰囲気の中じゃないと良い商品も生まれないんじゃないかなぁ……なんて、これも1つの見方ですけども。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔