2013年02月27日

CasCades (バリ島) 初めてのコースディナー

0227CasCades7月-0



バリ島の芸術の村、UBUDにある5★ホテル「Viceroy Bali」、
そのメインダイニングが「CasCades」。ここの渓谷Viewはバリ島屈指。

料理はシェフによってバラつきはあるんで、正直今回はピンと
こなかったのよ。でも、今は一番キレ味を感じた時(2010年)
シェフが「CasCades」に戻ってるとのことなんで、次回訪問時
には期待したいところ。
cascades





あと、いつもはランチでコース出してもらって、シャンパーニュと
ワイン持ち込んで宴してたから、なにげにディナーでコース使い
したの初めてだったんですよ。夜の雰囲気も悪くはないけど、絶景が
見えないと、気持ちよさは半減ですね。ボクは圧倒的にランチ推し。


今回、なんでこんなテンション低めのこと書いてるかっていうと、
料理のキレ味が欠けてることもさることながら、かかってた音楽が
カントリー系で。誰ぞのリクエストかしらんけど、エロいリゾートで
雰囲気愉しむフレンチのディナーに、まさか ソレはないだろ....と。

 カントリーミュージック自体をディスってるわけじゃないんだけど、
 雰囲気に合う・合わないっていうマリアージュはあるでしょ?
 ムーディな空気がウリの場所には、やっぱりマッチしないと思うんです。
 だって、エロいフレンチで演歌やAKBかかってたら、デートの方向性
 変わるじゃん 笑。 
 

いちお、誰かVIPのリクエストだったらと思って、他のお客さんが
全員帰るまでは我慢してたけど、他にお客さんがいなくなっても
全く音が変わる気配なかったので、スタッフを呼んで速攻変えて
もらったけどさ....んー、なんか全体的に残念。
0227CasCades7月-3



今、勢いに乗ってるAYANA RESORTやBANYAN TREEでは、
まず、こんな洗練されていないサービスはしないでしょうね。
同じUBUDでも、ファインダイニングの「Mozaic」ではありえないはず。
こじんまりしたオーナーHOTELの方が、お客さんのリクエストに
左右されやすいから、こういう事件もおこるんでしょう。古き良き
バリ島の伝統を守ることは大事なだけど、ハイクラスのリゾートで
周回遅れっぽいイメージがつくのは致命的。


悪いコトばっか書いててもアレなので、いい発見も。
さすが、元々オーストラリアでワイナリー経営してたオーナーだけに
グラスワインのセレクトいいですね。バリ島ってワインの関税が
半端無いから、この日もあんましグラスワインは期待してなかった
んだけど、充分満足できるクオリティでしたね。
0227CasCades7月-6




ウブドは、そこまででもなさそうだけど、スミニャックやクロボガン、
ジンバランやウルワツなど、大きな資本が海外から流入している。
特に今年9月にAPEC首脳会議があるから、そこをターゲットに
ジャブジャブと。

今まではワリと箱先行だったホテルのファインダイニングも、
シンガポールや中東で活躍している若手シェフを引きぬいて、
ソフトの質を凄い勢いで向上させている。こうしたレストランの
底上げは、食いしん坊な観光客的には凄く嬉しいけど、一度
差が開いて、イメージが落ちちゃうと、そこを埋めるのは至難の業。

大好きな場所は錆びてほしくないので、
次は素敵な時間を過ごさせてくださいね。


Viceroy Bali
Jl. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali 80571 Indonesia.
http://www.viceroybali.com/jp/



今年もバリに行くという噂は
現実になるかな…というより、
やるかどうかの意志次第だな。

よし、まずは検討を開始しよう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**********************


CasCadesのセッティング、
この石のプレートはカワイイね。
ただ、スゲー重たいけど。
0227CasCades7月-1





夏の夜に泡っていうのは今の時期の憧れですね。
ロマンチックキャンドルディナーの初体験。
0227CasCades7月-2






アミューズは、香辛料の使い方が
南国リゾートらしい。
0227CasCades7月-4






手長エビとアボカドの前菜。
全体的にもうちょいキレ欲しいなぁ。
0227CasCades7月-5




花ズッキーニのフリット
過大な期待はしてなかったけど
もうちょいヤレる店だたちょなぁ…と。
0227CasCades7月-7





贅沢な絵面でしょ、しっかりと身の部分が盛られてて
食べ応えはある。けど身の火入れ、ソースの重たさが
惜しい…。バリ島にしては、勿論充分ハイレベルだし
相変わらず指折りのレストランではあると思うけど、
一番感動した時と比べると「うーん‥」となってしまう。

逆に言うと、ピーク時はAYANAのファインダイニング
『Dava』にも引けをとらない洗練度があるのよ。
今は、そのレベルに戻ってることを祈る。
0227CasCades7月-8





シーバスと帆立のソテーだったかな。
もうちょい盛り付け手の加えようあるよね。
0227CasCades7月-10





デセールのフォンダンショコラ、
このあたりは、あんまし日本と
時差を感じない味ですね。
0227CasCades7月-12




ピラミッド的物体はブランマンジェ。
タッチも優しく、味もしなやか。
0227CasCades7月-11





ちなみに、これは去年の7月のバリ渡航時のレポ.。
油断してると、あっという間に1年が過ぎていく。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔