2013年10月16日

熊本城 (熊本)清正の名作

1015隈本城8月-36


城作りの名人、加藤清正が築いた天下の名城「熊本城
石垣づくりの名人としても名高く、武者返しという上部が
急角度になっている作りは実戦的で美しい。


多くの建物は復元された建物であるが、この宇土櫓は
当時の姿のまま残っている貴重な建物。内部は五層に
なっていて、板のゆがみとか、天井の低さとか、
暗い空間とか、やっぱリアル。鉄筋コンクリートの
本丸とは、本質的に持っている艶が異なるね。
1015隈本城8月-6





復元された鉄筋コンクリートとはいえ、やはり本丸の姿は美しく、
あるのと無いのでは全然来た時の達成感がちがうだろうね。
江戸城も本丸 復元して欲しいなぁ…
1015隈本城8月-15





本丸御殿は、最近になって復元されたもので、襖絵の色がやけに鮮やか。
枯れた感じの襖絵に見慣れていると、このパキパキした色使いが
落ち着かないけど、書院とかも「本来はあんな感じなのね」と勉強になる。
1015隈本城8月-32




本丸の登り口がある広場からの一枚。
個人的にはTOPの位置からの写真が一番好き。
1015隈本城8月-18




本丸の上からは熊本市外を見下ろせる。
超目立つ位置にくまもんが…今や清正公
以上に、日本で存在感強いよね。
1015隈本城8月-25



食事が美味しいので、今度は城下にも一泊したいね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*******************************


西南戦争では、政府軍が西郷軍の攻撃をしのいでおり
築上から数百年後の実戦においても、その機能が錆びない
というのは、なんとも男のロマンです。
1015隈本城8月-1





二の丸駐車場からは歩いて5分くらいかな、本丸まで。
1015隈本城8月-2





1015隈本城8月-3




あの、塀の隙間から鉄砲やら矢が射られるわけですよ。
ほんと、どうやって攻め落とすんだ?という話。
1015隈本城8月-4





確かに、「武者返し」は登りたくなる…
実際、年に数人登って降りられなくなって救助を
求めたり、落ちて怪我する人が出てくるそうな。
1015隈本城8月-5







ヴィンテージものならではの、妖しい艶感。
写真で見るより、目の前で見たほうが興奮するね。
正直、これ生で見ちゃうと本丸が味気なく感じる。
1015隈本城8月-7



1015隈本城8月-8





宇土櫓から、本丸と熊本の町を。
1015隈本城8月-11





熊本城は後方が山になっていて、前面は平地。
なので、前面の石垣の作りは本気過ぎてビビる。
1015隈本城8月-12










近代建築と比べると、同じ大きさでも
スケール感が数倍って感じるかも。
1015隈本城8月-16





紅葉の時とか、綺麗だろうね。
1015隈本城8月-17





こう見えて、中は冷房効いてますw
1015隈本城8月-19




こんな感じで案内人がふらついている。
1015隈本城8月-21





本丸の最上部より、宇土櫓を望む。
1015隈本城8月-23






あっちの方が繁華街かな。
あれが噂の鶴屋百貨店?
1015隈本城8月-26





基本、雨な一日だったんだけど、城見学時は
雨も遠慮してくれました、ありがとう!
1015隈本城8月-27






本丸御殿の台所です。
1015隈本城8月-29






同じく、本丸御殿の広間
1015隈本城8月-30




ここでハロウィンパーティしたいなぁ。
1015隈本城8月-31






天井にも。
1015隈本城8月-33






駐車場からグルっと城を周るコースで見つけたベスポジ。
カーナビに任せてたら通らない方なので、いっそひねくれてみよう。
1015隈本城8月-35




城は男のロマンです( ー`дー´)キリッ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔