2013年10月25日

鮨の一幸 (札幌)ミシュランの鮨

1008鮨一幸1月-0


真駒内という、札幌中心部から車で
20分というエリアにある「鮨の一幸」

観光客には中々行きにくいエリアだけど、
だからこそ"ミシュラン”の持つ本来の趣旨に
合っていて、いいんじゃないかなって思う。

食べログではランチで2000〜3000円って書いて
あったので、軽い気持ちでランチで寄ったんだけど、
出てくる内容はとてもそんな内容のモノじゃないし、
支払いも当然そんな枠にはおさまらない。
1008鮨一幸1月-2





なんせ、今年の頭のことなんで記憶はあやしげだけど、
確かお酒を1合頼んで1万円程度だったと記憶している。
全部のつまみや握りを撮ってるわけではないので、
もっと出てはいるんだけど、この場所で札幌の相場
からすると、体感価格はちと高め。
1008鮨一幸1月-4








勿論、東京の価格からしたらリーズナブルだし、
仕事に切れ味を感じる。それに外観はほんと
フツーの町場のお寿司屋さんなので、一歩
店内に踏み入れた時の凛とした空間との
ギャップも面白い。
1008鮨一幸1月-9





カウンターの中では、お父さんの跡を継いだ若きご主人が
握っている。ワインも勉強してるし、自身のスタンスに
対する自信の持ち方も、嫌味じゃなくて応援したくなる感じ。
1008鮨一幸1月-12






良くあることだけど、食べログの価格を見て
お店に行っちゃうとランチではだいぶ印象が
異なる。あらかじめ1万円クラスのランチを
頼む鮨屋と認識していった方がいいと思う
1008鮨一幸1月-1


鮨の一幸
011-584-1144
北海道札幌市南区真駒内曙町3-3-1


そういえば、このお店でもブログを読んで
いただいてる方に声をかけていただきました。
照れくさいけど素敵なご年配のご夫婦だったので、
素直に嬉しかったです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





***********************


札幌には、洗練された鮨屋が増えているけど
ここももれなくそのスタイル。
1008鮨一幸1月-3





シャリとネタのバランスも好みで、正統派の印象。
ま、ランチなのでどのくらいポテンシャル発揮
してるのかは、未知数な部分もあるんだけど。
1008鮨一幸1月-6






ただ、支払価格は、お気に入りの「有馬」の夜と
そんなに変わらないので、ボクは馴染みのお店の方を
贔屓しちゃうかな。
1008鮨一幸1月-7





ただ、札幌でワインとしっかり合わせてくる鮨屋は
そんなに知らないので、そのマリアージュは一度
体験してみたい。
1008鮨一幸1月-8






そういや、今年はこの時以来、札幌行けてねーなぁ…
1008鮨一幸1月-11






仲間ら連れて、札幌な日々をやりにいかねば。
3ヶ月以内に実行フェーズへ。
1008鮨一幸1月-13




鮨の後は、高台にある友人の家から雪国を
見下ろしながらのコーヒータイム。理想的な
時間の過ごし方。こういう瞬間を過ごすと、
東京以外にも住んでみたいと切に思う。
1008鮨一幸1月-15





陽の具合もよく、写真の数十倍いい雰囲気でした。
1008鮨一幸1月-14




この流れは、観光客だけでは出来ない文脈。
”旅は友人の住む町に限る”がボクの鉄則。
その友人が遊人であることも大事な条件。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔