2013年10月30日

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN |埼玉県ver.|

yumyam01



前に「ヤムヤム」のことを書いた時にも触れたけど
もっと深く踏み込みたいなと思いながら、知識の薄さや
人脈の無さで、これまで距離感があったタイ、バンコク。



バンコクは、ハイクラスのホテルが立ち並んでる割にリーズナブルだし、
インテリアのセンスもよく面白いんすよ。ルーフトップバーが有名なLebua
なんかも確か1泊2人で1万円ちょいだったと記憶してるし。
yumyam10



そして、一歩ホテルの敷地から町へ出ると、混沌とした
空気が体の芯をしびれさせるのよね。そのコントラストは
強烈だし、あのなんともいい加減さが似合う空気って、
バンコク特有。同じアジアの大都市でも香港やシンガポール
とは全くの別モノ。
8a4e3741



ハングオーバー兇良饌罎砲發覆辰討燭掘∈っこでは
相性いいはずのタイ。ただ、唯一の問題は、オレが
辛いもの苦手なこと。

これはSEXの相性が合わないくらいシリアス
yumyam11





そんな感じでモヤモヤしてる時に出会ったのが、
「Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN」(略してヤムヤム)
http://yumyam47.com/


タイと日本をつなぐ色んな食イベントをやってるんだけど、
ヤムヤムの代表やってる西田さんと話した時に、
「タイは面白いっすよ」っていう馴れ初め話を聞きつつ、
(今回は長いから割愛ね)上の悩みを相談したのよ。
yumyam04





そたら、「辛くなくて美味しいタイ料理なんていくらでも
ありますよ」って気持ちいいくらい断言されてね。
この時に、改めてタイと向き合いたいって思ったのよ。
バンコク、近々再訪したいなって考えてたし。
yumyam08



ボクの旅のスタイルは、現地に住んでる、もしくは
その土地に詳しい遊び人と仲良くなること。
ここがスタート。


京都でも、札幌でも、倉敷でもBeauneでも、その土地を
楽しんでる友人と過ごすことで、単なる観光客では見えない
深い魅力に触れることが出来た。


ヤムヤムの話を西田さんとした時に自然と同じ感覚がして
「あ、オレ こっからタイのこと知っていこう」って決めたわけ。



そのヤムヤムの中核となるイベントが、こちら。
『Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN |埼玉県ver.|』
http://yumyam12.peatix.com/


次で12回目を迎えるイベントらしいんだけど、
日本各県の食材やローカルフードで、タイ料理を
作るというのがコンセプト。


ボクがヤムヤムを知る前から、フェスタ友達のエース夫妻が
このイベントにハマってたし、実弟のヨシタカも このイベントの
アツさに魅せられていて、前からなんとなく話は聞いて気に
なってたのね。
yumyam06



そんなイベントに、やっと次回からボクも参加することになりました。

会場は、銀座コリドー街の「お取り寄せダイニング十勝屋」で
(東京都中央区銀座 6丁目2番先 コリドー街)
11月4日(祝)12:00-15:00 の3時間。
http://yumyam12.peatix.com/


ここにタイ料理屋さんのシェフが来て、埼玉の食材をテーマにした
タイ料理を作ってくれて、そのうちみんな酔っ払って、なんだかんだ
タイ話で盛り上がっちゃうイベントっぽいです。


ボクも初参加なので、うまく書けないんだけど、元タイ駐在だった人や
タイ料理好きなど、「オレのバンコク伝説」を持ったタイ好きが集まる
イベントって、特有の熱がありそうな気がするんすよね。
なんせ、エース夫妻や弟が魅せられてるくらいだし。


なんか、オレもその熱を一緒に作りたくて「イベントブログで紹介するわ」
って言ったら、「オトコノイキのブログ見たって申し込んでくれたら、
折角なんで、なんかします」ということなんで、このイベント行ってみよ!
って思ったヒトいたらメールかFBの方にでもメッセください。
https://www.facebook.com/kyah.jp

一緒にタイを楽しんじゃいましょう!!



ちょいとマジメな話ですが、なんでヤムヤムに惹かれたか
っていうと、バンコクやタイ料理のこともっと知りたいって他にも
ちょいと照れくさい理由があるんです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**************************


京都の伝統工芸 若旦那衆のクリエイティブユニット「GO ON」も、
根本は似たような理由で関わってるんだけど、自分の母国である
日本を「マジですげー!!」って思ってるんです。海外が好きで旅を
重ねてるうちに、自然と心の底からそう思うようになってね。


食の美味しさ、美的センス、歴史と器用さが生み出してきた
伝統的な日本のモノづくりクオリティ。目立つ電機産業が
イマイチなだけで、「日本は斜陽だ」とか他国に思われんの、
正直癪なのよ。


ヤムヤムって、日本のローカル食材を使ってタイ料理を作るってのが
表面的なイベントの顔だけど、この地方食材をタイに持って行って、
タイで使ってもらいたいってのも、その先に見てるビジョンなんです。


タイで「この食材 美味しいじゃん」「え、なに日本のなの?」
そんな風に地方とタイがつながってくれるのが理想の姿。


日本の地方都市では、シャッター通りが増えていき
若者の人口流出で、過去栄えていた産業が消えつつある。
あの京都の伝統工芸ですら、淘汰の波は厳しいし、
地方の食産物なんていったら、もっとシリアスな状況って聞いてます。


そういう状況の中、地方のいいもの残したいし、
地方と世界を直接結んじゃえばいいじゃんって
発案からスタートしたのが「ヤムヤム」


西田さんの混じりけ無いパッションは、一度会えば
ストレートに伝わってくるし、実はこの「ヤムヤム」、
タイ政府やタイ観光庁も支援してるNPOなんすよね。


「オレのタイ物語」持ってるヒトや「タイ料理好き」、
それとかボクみたく「タイのこともっと知りたい」
みたいなヒト。是非一緒にイベント参加してみませんか?



■ Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN |埼玉県ver.|
日時 11月4日(祝)12:00-15:00
会場 銀座コリドー街「お取り寄せダイニング十勝屋
    東京都中央区銀座 6丁目2番先 コリドー街
URL http://yumyam12.peatix.com/

 ※拙ブログ見たヒトは申込時に特典アリ
   詳しいこととか質問はメッセください
   https://www.facebook.com/kyah.jp


ま、ボクも未訪なんで良くわかってないんですが 笑
隠れタイファンって多そうなんで。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔