2013年11月28日

割烹たいら (京都)伝統と感性の融合

1118たいら7月-0


京都の中心部、四条烏丸から徒歩圏内。仏光寺通沿いの
住宅地を歩いていると、不意に長屋をリノベーションした
センスのいい空間が現れる。

オステリアやビストロなどと一緒に、このあたりの洒落た
空気感を創りあげている「割烹 たいら」。一歩店内に足を
踏み入れると、古き良き日本の美を軸に、いい意味で今っぽい
エッセンスが取入れられている。感性に心地いいバランス感。
謙虚ながらも自身のこれまでの仕事で培ってきた芯を感じます。
1118たいら7月-8




奥の窓越しに見えるお庭や、入口脇のスペースは、
元々問屋さんで使っていたという造りを活かしていて、
綺麗にリノベされていながらも歴史や伝統を尊重する
意志が伝わってくる。料理に通じるようなプレゼンテーション。
1118たいら7月-9





非常に気さくな対応で、初めての訪問でも心から
リラックスして愉しむことが出来た。かといって
崩しすぎているわけではない、実にいい塩梅。

この夜がとても好印象だったので、まりえが
京都に一人で行く時にも、このお店を紹介したくらい。
ランチで一人で訪れた時も、相当居心地良かったようで。
1118たいら7月-25




ご主人の平さんはミシュランでも三ツ星を獲得している
有名店で長年腕を磨かれていて、去年独立して
「割烹たいら」を立ちあげた。確かボクとタメだったか、
もしくは1つ年上くらいといった同年代。
1118たいら7月-32

 
 
非常に気さくな対応で、初めての訪問でも心から
リラックスして愉しむことが出来た。かといって
崩しすぎているわけではない、
 
 
凛とした空気感でありながら、ゆったりリラックス
できる世界観は、料理にも通じている。しっかりと
筋がありながら、どこか心の奥を弛緩させてくれる
アプローチ。
 
椀物の出汁の具合とかモロに好みだし、
初夏のハモ刺しも絶妙過ぎました。
1118たいら7月-10 
 



京都に通うようになってわかったけど、伝統って
実は革新の連続なんですよね。老舗で培った
経験やノウハウに、自分の感性を加えることで
静かにゆっくりと変化してく。
1118たいら7月-19






同じ国でありながら、東京のように世界の最先端が集まる場所と、
1000年以上の歴史をベースに時間が進む町が混在している。
しかも、こんな小さな国土でだよ? 中々無いよね、こんな国。
1118たいら7月-30





他のお客さんが帰った後だったので、のんびりと
他に気を使うこと無く愉しむことができました。
1118たいら7月-31



 


京都のお気に入りで通いたいお店のひとつです。
 1118たいら7月-47

割烹たいら
075-341-1608
京都府京都市下京区仏光寺通柳馬場西入ル東前町401
 
 
面白いなぁ、京都は。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




****************************



お店の入口は、この正面じゃなくて右側に
通路見えるしょ、そっちね。この一見無駄な
スペースが、実にいい遊び。
1118たいら7月-46






料理の流れはこんな感じ。


まずはやさしいスタート。
1118たいら7月-2





続いて4種類の小皿の盛り合わせ。
1118たいら7月-3




じんわりくる繊細なタッチ。
やっぱ、京都の味付けって好きだわ。
1118たいら7月-4




いきなり白米が欲しくなる展開。
1118たいら7月-5




これもゴハンの上に置くだけで御馳走っすよ。
1118たいら7月-6





自然な甘さ。ケミカルな甘さは疲れるけど
こういうナチュラルな甘さには癒される。
1118たいら7月-7






鱧のお造り。
歯ごたえも心地よく幸せを噛みしめる。
器が料理を引き立てるね。
1118たいら7月-11





そして、ふと視線を店の奥に投げると、
丁寧に手入れされた中庭が。や、日本だね。
1118たいら7月-13




清酒はこんなモダンな徳利(?)で。
1118たいら7月-15





朱色に金字の椀。
この色と模様のバランスも美しい。
1118たいら7月-16





蓋を取ると、お出汁のなんともいえない”かをり”が
静かに周囲の空間に広がっていく
1118たいら7月-17







キンメのカブトだったかな(ぐじだっけ?)
しっかり肉がついてて、後半はむしゃぶりついてました。
1118たいら7月-18






無駄を排除した潔い空間
1118たいら7月-21





えーっと、なんだっけ?
1118たいら7月-23






これまた出汁がいい仕事した煮物ですね。
フォアグラのような攻撃的な美味しさはアッパー系ですが
一歩引いた日本料理の味付けは、心と体を癒してくれる。
どっちが好きという話ではなく、バランス。
自分がその時どちらを求めているのか、
どちらを選べばいいのか、そういうのを
判断できる基準を持つことが大事っすよね。
1118たいら7月-24










この酢の物、下に何が隠されてたっけ。
多分、蟹さんが潜んでいたような…
じゅんさいの大きさにも驚いたわ。
1118たいら7月-27





とうもろこしと枝豆の炊き込みごはん。
初夏らしい〆でした。めっちゃ満足。
1118たいら7月-28






1118たいら7月-29










こんなガラスの徳利も
1118たいら7月-33





食後の甘味。
1118たいら7月-34





これで8400円、そこまで気合い入れずに寄れるのが嬉しい。
1118たいら7月-37







ちょいと、オトナ遊びしてる風に撮ってもらいました。
1118たいら7月-44







ランチもやってるので、まずはそちらからでも。
1118たいら7月-48






食後はかをりんのBirthdayを祝いに鴨川倶楽部へ。
1118たいら7月-50





見たことある名前のうちわをバックに、
京都観光に来た海外からの観光客を
気取ってみました。まぁ、酔ってるからねww
1118たいら7月-49




来月、京都行った時にも再訪予定です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔