2013年11月29日

圓光寺 (京都)激おすすめの穴場

1124詩仙堂11月-22





詩仙堂から曼殊院門跡に行く途中の高台にある「圓光寺」

外観はこじんまりと地味なビジュアルなんで、いつもは
スルーしっ放しだったんだけど、『普段はチェックしない
お寺が実は人が少なめで紅葉を満喫しやすい』的な
経験値を「真如堂」得ていたので、ここもチラ見する
ことにしたんです。

結論、ここもスゲー良かった。去年の紅葉時期は
かなりの数の寺院を回ったけど3本指に入るインパクト。
常寂光寺、光悦寺に続いて、圓光寺か真如堂が
ボクの好みのお庭でした。
1124詩仙堂11月-14


苔の上に赤と黄色の落ち葉で絨毯って...

これはレッドカーペットなんて比にならないくらいの贅沢さ。

1124詩仙堂11月-19



紅葉に濃い色の木の壁も合うけど、釣り鐘の深い緑も

最高に似合いますな。こういう時に鳴らしてみてー

1124詩仙堂11月-30




竹と紅葉という組み合わせも相当グラマラス。

1124詩仙堂11月-28



圓光寺

京都市左京区一乗寺小谷町十三番地

075-781-8025
http://www.enkouji.jp/


週末は東京でも紅葉感じたいな。

みなさん、よい週末を。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




****************************



普段は、こんなヒトの出入り見たことありません。
紅葉時は早朝に特別拝観があるらしい。
電話で申し込みできるみたい、いいね。
1124詩仙堂11月-12




そこそこ高台にあります。
詩仙堂から曼珠院へ行く途中もクネクネしたり
上り下りが多かったっけ。山も色づいてるけど
あと1週間早かったかも。
1124詩仙堂11月-13





紅葉は外で見るのもいいけど、室内から鑑賞するのでは
また違った趣になる。レイヤー越しに見る庭というのは、
視界が限られ意識が集中する分、被写体の持つ
美のパワーが集約される。1124詩仙堂11月-23







この枠に景色を嵌めこむような感覚。
自分だけの景色になったように錯覚するんだよね。
同じ景色なんだけど、自分の文脈に入った瞬間、
愛情の深まり方が全く変わるのよ。
1124詩仙堂11月-16





池の存在感も、他の季節とくらべて7割増しくらいかな
1124詩仙堂11月-17



天然の落ち葉のじゅうたん、アスファルトじゃなく緑の
苔というところがポイント。こんなに丁寧に育てられてる
苔は、都内じゃ中々見ることできないね。京都ではそこら中で
当たり前にある光景だけど。
1124詩仙堂11月-18





これも仕込みじゃありません。
ま、誰かが頭の上にそっと飾り付けしたのかもしれませんが。
1124詩仙堂11月-20





実際は、わんさかヒトが周囲にいます。
1124詩仙堂11月-21






写真を撮った直後は「こんなんじゃなくて、もっと綺麗だったのに
どうして表現出来ないんだ...」って悔しがってたオレですが、
1年も経つと「オレ、こんな美しい空間に行ってたの?」と
見る感覚も変わってくる。天気曇っててもこの威力だから
晴れてたらオレ 泣いてたかもしれんわ 笑
1124詩仙堂11月-24





家族や仲間で貸しきりたいなぁ...ヤンチャに飲んだ翌日に
静かに心を鎮めてお抹茶をいただく、みたいな朝。
1124詩仙堂11月-25





しばらく、座ってたけど飽きません。
ヒトが視界に入るけど、最前列より奥から
庭を眺めるほうが、エロさは確実に際立ちます。
1124詩仙堂11月-26





「連邦のモビルスールは化け物か?」
多分、シャア少佐もこんな気分だったんじゃないかな。
圧倒的な力の前にした時、ヒトは畏怖します。
1124詩仙堂11月-27






庭もこじんまりしていているくせに表情が豊か。
そりゃ、この時期目指して観光客は押し寄せますわ。
1124詩仙堂11月-29






興奮気味にお寺を出ました。
1124詩仙堂11月-31





近くにある鷺森神社も散歩してみた。
112811月-2





日常の通り道の中に、こんな光景が普通に潜んでいる。
こりゃ、東京では培えない特有の美意識が育てられるって
モンですわ。正直、「ズルい..」とまで思ってしまう反則的な美しさ。
そんなものがゴロゴロ転がってるって、住んでるヒトには
逆にあんまわからないんだろうなぁ...
112811月-1



外から見てみないとわからないこともある。
果たして、東京は外からどう見えるのか?
多くの友人が拠点を海外に移している。
彼らの目から日本はどう見えているのか?
東京の魅力は改めてどうなんだろう? 

いくら客観的になってるつもりでも、
当事者には見えないものがある。
自分だけでムリなら、友人の力を
借りながら、この国の真価を理解しておきたい。
頭じゃなく、体でね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 22:30│Comments(0)TrackBack(0)京都2012 紅葉 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔