2013年11月26日

曼殊院門跡 (京都)前の道が最高

1125曼殊院門跡11月-21




左京区一乗寺、宮本武蔵が吉岡一派と決闘をしたと
言われている一乗寺松から更に奥まった場所にある
曼殊院門跡。決闘が行われたというくらいの場所なので
当時は相当寂しい場所だったんでしょう。

そんな場所にこんな遠州好みの枯山水庭園が
あるとは。当時の人がどういう心理でここに住んで
いたのか聞いてみたくなります。
1125曼殊院門跡11月-5






この角度からの紅葉をバックにした枯山水の感じがタイプ。
1125曼殊院門跡11月-6





そして、モロ見えの庭よりもレイヤーを重ねた
チラリズムの庭がいい。想像力も活性化され
美しさに深みも出る。お寺に拝観する時は、
お気に入りの場所を見つけて、できるだけ
場の空気とシンクロするようにしている。
1125曼殊院門跡11月-8







せっかく大人になったんだし、お花見だけじゃなくて
紅葉狩りも楽しみたいもんですね。GO ONの道具
一式持ちながら。
1125曼殊院門跡11月-14





下に敷いてある黒い布は漆で色つけた西陣織、
コルクに巻いてあるのは京金網、一般的な
伝統工芸とはだいぶイメージが違うでしょ?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






**************************************


こと紅葉の美しさという点に限れば、境内よりも
寺院の周囲の方が勝ってる気がします。あくまで
個人的な感想だけどね。というか、美は勝ち負けじゃ
ないんだけどさ。
1125曼殊院門跡11月-20






坂を登って曼殊院門跡まで辿り着くんだけど
坂をあがったところの色づき方が東京では
見たこと無いレベルに洗練されている。
1125曼殊院門跡11月-23




1125曼殊院門跡11月-22






白壁に赤や黄色が映えます。
1125曼殊院門跡11月-3







大モミジの迫力、湧き出るような紅葉。
1125曼殊院門跡11月-4








写真で見るよりも緑の部分が多かったかも。
1125曼殊院門跡11月-7







ガラスが年代を感じるタイプ
1125曼殊院門跡11月-9





ここでお抹茶がいただけます。
紅葉の時期はどうだったっけな?
1125曼殊院門跡11月-10





いや、スゲー色だわ。
1125曼殊院門跡11月-11





見送りの紅葉も豪華
1125曼殊院門跡11月-12






この紅葉を思いっきり満喫できる時間と環境を作りたい。
1125曼殊院門跡11月-24




そのための方法はなんだろう。
想うだけではダメ、方法を考えて
動かないとね。人生も多分
折り返し時間は過ぎたことだし。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 22:46│Comments(0)TrackBack(0)京都2012 紅葉 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔