2013年12月03日

常照寺 (京都)寂び感がしみる吉野大夫ゆかりのお寺

1203常照寺11月-0


しっちゅう行ってる鷹峯にありながら、この日初訪問となった「常照寺」

前知識なくノーマークで行ったんだけど、ロマンスだわ、この寺。
女の涙に弱い男としては、祇王寺に近い惹かれ方しますな。
38歳という若さで病死した島原の名妓吉野太夫ゆかりの寺で、
「吉野の赤門」や「吉野窓」など見どころが渋い。
1203常照寺11月-19



そもそも太夫というのは、遊女の最上位の呼び名。美貌は当然として、
教養が高く、和歌、連歌、俳句、書、茶道、華道、音曲、囲碁、双六など
諸芸に優れていたという女性の完成形。

その才色兼備の名妓吉野に思いを寄せ続けた男が二人。その二人とは、
京の町を代表する文化人、関白の近衛信尋と本阿弥の親戚にあたる灰屋紹益。
1203常照寺11月-12




公卿と張り合い千三百両で吉野太夫を身請している灰屋紹益。この時吉野26歳。
ただ、紹益は 親の許しが得られず駆け落ちした話は有名。紹益の父が、雨で傘を
借りに入った家で、世話をしてくれた女の茶立てやその他の振る舞いが礼に
かなっている のに感服、その女が吉野であることが分って、勘当をゆるしたという。

二人は東山の音羽川のほとりに住まいを構え幸福な家庭を営んだ。ところが、吉野は
38歳の若さで没し、甘い生活はわずか12年間と短く、紹益は恋慕のあまり吉野の
荼毘の骨灰を呑みほし、「都をば花なき里となしにけり吉野の死出の山にうつして」
と詠んだ。(出展
1203常照寺11月-26
(吉野門)



やー、なんか沁みない?
このサイドストーリを知ると、また違った目で「常照寺」が楽しめる。


山門までのアプローチや、境内の雰囲気もどちらかといえば地味
なんだけど、最近出来たっぽいお堂があって、そこではいい感じに
つくりこまれた映像を流してくれている。おかげで、吉野太夫に
ついての智識や、このお寺の見どころもわかったりして面白い。

紅葉の時期の夕方はかなり冷え込むので、ほんとはストーブ前の
ポジション確保が目的だったんだけど、そのおかげで嬉しい知識を
増やすことができました。
1203常照寺11月-25





光悦寺、源光庵、常照寺と好みのお寺ばかりが並ぶ鷹峯。
今月の半ばの京都はガラ空きだと思うので、またじっくり
寄ってみようかな、と。
1203常照寺11月-2






今日はご無沙汰してた京橋の「バンカレッラ・ジョイア」へ。
トリッパを使ったリゾットが異次元にウマかった!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








*****************************************


道路から吉野門までのアプローチがずるい。
1203常照寺11月-1





夕方になると、人もまばら。
源光庵、光悦寺と比べると、だいぶ静か。
1203常照寺11月-2




夕方のやわらかな陽射しにも、雰囲気に合ってます。
1203常照寺11月-3






この秘密の花園的な美しき天然の絨毯
1203常照寺11月-5






お堂の縁側でぼーっとしてみる。
1203常照寺11月-6






ちょいと「GO ON」並べてみました。
1203常照寺11月-10





こういう場所で映えますな。
1203常照寺11月-11






縁側から上を見上げて。
1203常照寺11月-14




やっぱ、足元のほうが刺さるな。
1203常照寺11月-15





作りなおしたんでしょう。
1203常照寺11月-16





境内をぐるっと回ってみます。
1203常照寺11月-17




これは反則、吉野窓。
1203常照寺11月-18






吉野太夫のお墓。
1203常照寺11月-20





なんとも、いい佇まい。
1203常照寺11月-21





だいぶ、陽も落ちてきて寒くなったので、
お抹茶を一服いただいて帰ることにしました。
1203常照寺11月-22





秋だねぇ…
1203常照寺11月-23





ここまで洗練された紅葉が、あちこちで楽しめ京都。
1203常照寺11月-24




ヨーロッパでは、旧市街とエリアを区切って、
しっかり昔ながらの景観を守っている。
フレンツェとか、小さな街だけど観光客の
満足度は高い。世界観がしっかり残されてるから。

ディズニーランドの人気も、徹底して世界観が
統制されているといった部分が大きい。京都も
部分部分では凄いんだけど、トータルで見ると
チグハグ感が否めない。もうちょい町としての
世界観うまく打ち出せるといいんだけどな。
1203常照寺11月-26





帰り際、これから拝観するお客さんとすれ違い。
閉門ギリギリでも滑り込めます。
1203常照寺11月-27




帰り道、夕陽に染まる叡山を眺めながらチャリを飛ばす。
1203常照寺11月-28





高台にある公園からの叡山ショット。
1203常照寺11月-29




鷹ヶ峯はいいですね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








kyah2004 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)京都2012 紅葉 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔