2014年01月08日

師走の京都へ


201412KYOTO12月-00

 
昨年末は、京都で友人の結婚式⇒バンコクでクリスマス⇒クラビ
⇒シンガポールでNewYear と、東京とは全く異なる環境で、
年末イベントを楽しんでました。
 
タイ、シンガポールは、また改めて書くとして、まずは師走の京都から。
なんで年末に京都に行ったかというとGO ONメンバーのWeddingが
あったのよ。それで、まりえも連れて冬の京都に。
201412KYOTO12月-29

 
 
紅葉や桜、新緑の時期のお庭と比べれば、美の絶対値でいうと
さすがに華はありません。ただ、だからと言って寺院巡りが
つまらないかというとそうではなく、むしろ好きなポイントを
みつけて、じっくり味わうというスタンスで楽しめる。
 
だってさ、紅葉が全開の時期だったら、ディティールに
そこまで目がいかないじゃん。むしろ全体の世界観を
体ごと浴びても足りない感じ。でも冬は視角を広げてもさみしい
枯れ枝が目に入るばかりなので、視点を絞り込むのよ。
201412KYOTO12月-4


 
「あ、この松の枝具合が最高」とか「門の造りがいいねぇ」とか
欄干の彫りにシビレたり、逆光越しに庭をコントラストで楽しんだりと
それはそれでオモシロい。
201412KYOTO12月-18
 

 
あと、外の誘惑が少ないので屋内の時間をゆったりと過ごす
ことが出来る。歌舞伎を見たり、旅館で怠惰を極めてみたり、
カフェで放心してたりとかね。
201412KYOTO12月-23

 
 
今回は「柊家別館」に泊まってみました。
「柊家旅館」も以前同じような時期に滞在したことがあったんだけど、
建物・部屋・庭の作り、サービス、料理と別館はだいぶカジュアル。
それでも旅館としてのクオリティは超一級だけどね。

むしろ、伸び伸び過ごせる分、ボクみたいな庶民はこっちの
方が自然体で楽しめる。料理も高級食材に頼らず、丁寧な
仕事であることが目からも舌からも伝わってくる。
201412KYOTO12月-28


 
 
「柊家旅館」は、あまりに洗練されてるので、こっちが値踏み
されてるんじゃないかと、ちょっと身構えちゃうし、色々吸収したい
ものがあり過ぎて、今思うと少しガツガツしたモードで滞在してた
気がする。あそこに自然体で訪れるには、経験値やら財力やら、
色んなモノがまだ足りなすぎるな 笑
そういう”がんばろう”エネルギーを貰う場所でもあり、
目と心を養う場所だと捉えている。

一方、心を弛緩するには「柊家別館」ほんといいですよ。
201412KYOTO12月-24



 

冬至だったので、檜風呂で柚子湯にも入れたし
めっちゃリフレッシュできる場所です。
201412KYOTO12月-27
 
 
 
南座の顔見世興行は、「GO ON」プロデューサー、RYOからの
プレゼント。市川猿之助(亀治郎改め)や、市川中車(香川照之)の
襲名披露ということもあって、実に華やか。
 201412KYOTO12月-49



「日招ぎの清盛」は清盛役の我當が圧巻の迫力、「義経千本桜」は、
新しい猿之助が柔も豪も見事に演じきってました。中車は香川照之の
良さがにじみでる狂言で、歌舞伎初心者のオレでもしっかり楽しめたね。
もちろん耳には解説イヤホン、演目の合間にはガイドブックでストーリーや
見どころを頭に叩き込むといったストイックな観劇だったので、もっと
自然体で楽しめたなら、更に楽しくなると思うんだけど。
 
外の景色に惑わされること無く、こうした伝統芸能を味わえるのも
冬の醍醐味と言えるんじゃないでしょうか。
 
 
 
京都の若旦那衆によるクリエイティブユニット「GO ON」メンバーのひとり、
竹工芸『公長齋小菅』のコスガーニのWedding。披露宴はクラシックな
スタイルでしたが、2次会はさすが「GO ON」プロデュース。
201412KYOTO12月-32


 
高台寺に「THE SODOH東山」っていうウェディングレストランがあるのね。
ここは昭和4年につくられた日本画家のアトリエで、広大な敷地に日本
家屋が点在し、背後には八坂の塔を望む絶好のロケーション。
201412KYOTO12月-46



 
昔、広尾に「羽澤ガーデン」ってあったじゃない? あんな雰囲気。
「羽澤ガーデン」と同じくPlan・Do・Seeが手がけてるんだけどさ。
 
食器やインテリアには、GO ONメンバーの作品も取り入れてます。
バイオリンとギターの生演奏に、艶ダンサーのしなやかな踊りが加わって
かなりオトナな雰囲気。
201412KYOTO12月-42



ちょうど風邪のピークで死に体だったのが
ほんと悔しい。プロデュースしたRYO,現場の裏方を
仕切ってたテッペー、お疲れ様でした&ありがとう!!
 201412KYOTO12月-45

 
 
 
去年は2月に一回は京都行ってたかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************

今回ったお寺は、抽選であたった仙洞御所と修学院離宮。
宮内庁管轄ってのもあるけど、天皇ゆかりのお庭は品があるね。
人数も絞ってるし、説明を聞きながら庭を見れるので、自身の
感性を開放しながら、ゆとりをもって参観できる。


こちらは仙洞御所、京都御苑内なんだけどポイントごとに
雰囲気がガラッと変わるので、体感では実際以上に広く感じる。
201412KYOTO12月-1




こちらの池の周りには、ひとつ運ぶのに米一升払ったと言われる
美しい玉石が敷き詰められている。真綿にくるんで運ばれたんだとか。
201412KYOTO12月-5




紅葉の時期は、そりゃ美しいそうで…
でも、この白い玉石に赤い葉が落ちてる様も
それは風情があるってもんですよ。
201412KYOTO12月-6






この枯れ感も実に良くない?
201412KYOTO12月-8





修学院離宮へも初訪問、ますますトップシーズンに来たくなりました。
これが紅葉の時は、どんな表情を魅せてくれるんすかね…想像すると
めっちゃ欲情します。
201412KYOTO12月-16




冬には、冬の色気がある。
そんな一枚が撮れたと思う。
201412KYOTO12月-15





門がやけにモダンでカッコいい。
201412KYOTO12月-13





上離宮、下離宮、中離宮が、それぞれ松の並木でつながっていて、
並木の周囲は田んぼになっている。日本ではあまり見ないスタイル
だけど、なんか見覚えあるなぁと思ったら、バリ島のラグジュアリー
リゾートだと、よく見る光景だった。勿論、松はないんだけど、
リゾート地の周囲に、普通に田んぼという光景ね。ま、結局は
この田んぼも、リゾートの敷地の一部ではあるんだけど。
201412KYOTO12月-12




そうそう、比叡山に初冠雪だったらしく、貴重な絵も撮れました。
201412KYOTO12月-31




食事は、リピートのとこ多めでした。

さっと食事したいときに便利な「はふう」
御所から近いので、仙洞御所の帰りに。
201412KYOTO12月-10





仏光寺通の「割烹 たいら」は、ぶりしゃぶが、
半端無く美味しかった。全体を通じて非常に
センスを感じる流れで、ボクは好きです、こちら。
201412KYOTO12月-21




伝統と革新が織りなす特有の空気感。
それでいて居心地いいのが、京都ならでは。
201412KYOTO12月-22






南座の顔見世興行でいただいたお弁当。
やー、実にオトナの休日ですな。
201412KYOTO12月-60





「柊家別館」の夕ごはん
お風呂入った後、誰にも気兼ねすること無く
緩い感じでお部屋ごはんってホントいいわ。
オトナになってこの良さが、ほんと沁みる。

朝ごはんも適度な量で庭を眺めながらというのが
なんとも贅沢な時間でした。体感で言うと、食事代だけで
宿泊費がかかってない気分。そんなCPの良さって中々無いよね。
201412KYOTO12月-61







コスガーニWedding、京都ブライトンホテル。
観光客よりも、地元の方がハレの席に使うことが多いらしい。
201412KYOTO12月-38




こちらは2次会、「THE SODOH 東山」ね。
金色のトレーは茶筒の”開化堂”の作品、
円形のお皿は窯元”朝日焼”。
竹のトングは”公長齋小菅”なのかな?
201412KYOTO12月-40





仏光寺木屋町にある京料理の「くりた」へ。
ランチはポーション控えめで、丁寧な料理。
やけに酒がすすむんだよね、ここ。琵琶湖の
ホンモロコもいただけました!!
201412KYOTO12月-50




食後は、前の日の2次会プロデュースで魂の抜けたRYO達と軽茶。
通し営業で鴨川眺められるカフェって、なんだかんだ貴重です。
短期間で4回目くらいの訪問となる「Kawa cafe」、ロケーションの勝利。
201412KYOTO12月-51




めずらしく、RYOが抜け殻でしたww
201412KYOTO12月-52






関空からバンコクに飛ぶので、RYO達と別れて大阪へ。
2013年、日本最後の食事は「やまもと」でねぎ焼きでした。
201412KYOTO12月-54





大阪で、寒い夜でも行列の絶えないお店。
本場の味を堪能させてもらいました。
201412KYOTO12月-55






2013年の日本の〆に相応しい、素晴らしい
休日を過ごさせてもらいました。

ほんと、この2年は京都に惚れ込みまくったなぁ。
今年も新しい魅力 掘っていきますよ!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔