2014年01月17日

Singapore 2014 New Year

0113Singapore12月-0


10年前くらいから、ほぼ年に一度は定点観測で訪れているシンガポール。
トランジットの際にちょっと寄って、町の変化感じたり、うまいローカル
フード食べるのにちょうどいい規模感なんでね。

去年からは、家族や友人が移住して、益々身近な国に。
こうして、大晦日に集まってテーブル囲んだりしてると、
東京都シンガポール区くらいの心の距離感です。
0113Singapore12月-10




年越しそばの代わりに、年越し北京ダック(後、麺)
0113Singapore12月-11




シンガポールは12/30の夜から、1/2の朝までと、
実質2日間ちょいの短期滞在。年末のベイエリアはイベントで
大混雑だし、行きたかったフレンチは年末のスペシャルコース
のため、ちょいと予算オーバー。
0113Singapore12月-21





なので、これまでの観光客スタイルに無かったプランとして
在住組の家庭訪問してのファミリー会したり、住んでるから
わかるネガティブ面をヒアリングしたり、あとはアジアビジネスの
現場について情報交換したりと、徹底してシンガポールの
リアルライフを覗かせてもらってました。
0113Singapore1月-42





唯一、観光客らしいことをしたのは、
New Year Eveにマリナベイサンズ(MBS)至近に
出来た植物園に行ってみたこと。カウントダウンまで
時間あったんで、この宇宙みたいなスペースで
シンガポールの奇想天外さを体感してました。
0113Singapore12月-17






相変わらずだけど、ここはビグザム。
この国家がジオン軍だとしたら”MBSが量産された
暁には、中国などひねり潰してくれるわ!!!”と
威嚇してるようにしか見えません。
0113Singapore12月-20




MBS近辺は、日本の花火大会のような人出。
カウントダウン待ちの人で溢れていて、座れるような
スペースは皆無。ただ、ちょっと離れてリッツに行ったら
ラウンジはガラガラで、テラス席でのんびり年越し。
0113Singapore1月-29





カウントダウンの花火を見た後、道路は封鎖されてるし、
恐ろしい人混みをかきわけながら電車で家の近くまで帰ろうと
覚悟を決めてたんですが、交通封鎖が解けた瞬間に一台の
タクシーがロビーに到着。だれかが呼んだタクシーだったんだけど
交渉したら「乗っていいよ」とのこと。新年早々ついてる!

しかも、交通封鎖が解けた直後なので、他のタクシーは殆どいません。
横に黒塗りの車が居るなと思ったら、シンガポールの副首相でした。
なんか2014年はイケる気がしてきた! モーゼの十戒みたいに
人混みの中をスイスイすすんでいきます。
0113Singapore1月-31





改めての発見は、アラブ人街が意外にオモシロイなと。
以前訪問した時は、期待値大きすぎてちょっとガッカリした
記憶があるんだけど、よく見るとおみやげ屋さんとかかわいいし、
交通量が少ないテラス席で、のんびりビール飲めるのとか良いっすね。
0113Singapore1月-33





久々にバクテーもいただきました。
バレスティアロードにある超人気店。
スープでごはんが、すすむ、すすむ。
0113Singapore1月-36




オーチャードとベイエリアは、ほんとバブってます。
小規模な国家ながら、いや小規模な国家ゆえか、
集中と選択を見事にやってのけていて、華やかさや
威厳を保つための演出が上手。ある一部分だけ
見たら、東京など霞んでみえます。東京の課題は
魅せ方だなと、つくづく思う。
0113Singapore1月-39





在住組に聞いても、やはりイタリアンのレベルはあがってないらしい。
スタバはバカ高かったけど、おしゃれなカフェに寄ってみたら、
たいして金額が変わらなかった。絶対コッチでしょ!
0113Singapore1月-41





円安&物価上昇で、昔のような気楽さやオトク感が
だいぶ薄れたシンガポール。やっぱ、アジアでハジけるなら
バンコクだわ! 安くて、うまくて、安全で、オモシロい。
日本の報道だとバンコクがデモですごく危ないみたいに
受けるヒトもいそうだけど、実態はそんなんじゃないしね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





****************


バンコクもそうだけど、クリスマスから新年にかけては、
町の雰囲気があまり変わらない。日本みたいに速攻で
正月モードに切り替わるとか無い。オーチャードの
イルミネーションは派手でした。
0113Singapore12月-1





オーチャードで、今アツいと言われてるラウンジ。
ハコはいいけど、サービスや客層はまだまだ。
圧倒的に東京の方ががクオリティ高い。しかし、
ここでモヒート一杯1800円って日本より割高だわ。
0113Singapore12月-2




弟の家の近所のショッピングモール。
デコレーションが大胆。
0113Singapore12月-3




シンガポールは、今が雨季で涼しいらしい。
プールには入れなくもないけど、積極的に入りたく
なるような陽気ではない。
0113Singapore12月-4




姪っ子ちゃんも、だいぶ日本語らしきものを
話せるようになってきました。しかし、
連呼してた「ナマズー」ってなんだったんだろう?
0113Singapore12月-5





近所に「文東記」があるので、ランチで寄れた!
この国に来たら、一度はチキンライス食べないと。
0113Singapore12月-6




チンダテのサービスアパートメントへ。
オーチャードの至近という極上のロケーション。
プールも4つあり下手なホテルより、圧倒的に快適。
そのくせアジア各国飛び回ってて留守にしがちらしいから、
代わりに住んでやろうかと思ってますw
0113Singapore12月-8





なんだかんだ、20年近くなる付き合いだ。
まさか、シンガポールで一緒に大晦日過ごすように
なるとは、夢にも思わなかったねぇ...しみじみ。
0113Singapore12月-9




弟家族と伊達家とともに、大晦日は「レイガーデン」へ。
チャイムス店じゃなく、近くのオーチャード店へ。
0113Singapore12月-12







テラス席は時間制限なし。室内は寒すぎるし、外の方が快適。
子供もハシャギ放題だし、なんでみんな室内なんだ?
テラス席はずーっと貸し切りでした。
0113Singapore12月-15





食後はマリナベイの方に移動。高級車も益々増えている。
0113Singapore12月-16





不気味な植物園の風景。
この独特感はインパクト強い。
0113Singapore12月-19





MBSまでは歩いて行けます。
サンズ内も混んでるし、ショッピングモールも人だらけ。
0113Singapore12月-22





外も立ち止まるのさえ困難だったしね。
0113Singapore12月-23





湾の上には、光のボールみたいのが浮いてた。
なんともバブリーな演出です。
0113Singapore12月-24





フードコート近くは特に鬼混み。
0113Singapore12月-25





カウントダウンを諦めて帰ろうとしたところで
リッツカールトンのBARに救われました。
0113Singapore12月-27




テラス席は、花火も座りながら見えたしね。
0113Singapore1月-28




弟の休みは1/1だけなんで、彼らの休日スタイルに付き合ってました。
正月って気分はゼロです。すっかり忘れてましたw
0113Singapore1月-32




モスクの前の通りにある「Glam Place」というお店は、一見ただの
土産物屋かと思ったら、中にはいったら意外とセンスいいもの
置いてあって気に入りました。しかも”新年初のお客さん”だった
らしく、姪にプレゼントなんかももらっちゃったり。
0113Singapore1月-34




やー、外から見たお店の印象と全然違ったわ 笑
0113Singapore1月-35






パラゴンも今ではしっかりブランドショップが並んでますが、
前とか、全然こんな感じじゃなかったんですけどね。
0113Singapore1月-37




気づいたらブランドショップが並ぶ、表参道みたいな通りに
なってました。ただ、こんだけブランドショップがあるのに
ファッショナブルな人が殆どいないという哀しさ。
0113Singapore1月-38




オーチャードの周辺でも、フレンチのレザミがある路地は
雰囲気のいいビストロやワインBARが並んでいて好き。
0113Singapore1月-40





あちこちに、家賃が100万円くらいするようなマンションや
サービスアパートメントがおっ立ってます。でも、その周囲の道は
バリアフリーには程遠く段差だらけ。清潔さ、過ごしやすさの地力で
やはり日本はスゴいなと思う。一部抜かれてる部分はあっても、
総合力では、まだまだ圧倒的に日本はスゴい。安心していいわけ
じゃないけど、自信を失うこともなく、かといって慢心もせずに
他国のいいところは取り入れればいいと思う。
0113Singapore1月-43





シンガポールにしては、めずらしくかわいい子がいたので
さりげなくカメラを向けてみた。お金とハコは整ってきたけど、
ソフト(遊び)や文化が課題のシンガポール。
0113Singapore1月-44



移住した友人がシンガポールには多いので、
これまで以上に身近な国になりました。
またトランジットのついでに寄って、リアルな
シンガポールの顔を追い続けていくつもりです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔